空気人形

空気人形 / AIR DOLL



2009年 日本映画

監督・脚本・編集:是枝裕和
製作:川城和実 重延浩 久松猛朗 豊島雅郎
原作:業田良家
撮影:リー・ピンビン
美術:金子宙生
衣裳デザイン:伊藤佐智子
音楽:world's end girlfriend

出演:ペ・ドゥナ ARATA 板尾創路 オダギリジョー

日本映画、というかアジア映画についてブログで感想書くのはこれが初めてだったりします。
邦画にあまり興味ない僕が何故この作品を見たかというと、大体察しは付くかと思いますが
何を隠そう、僕はペ・ドゥナに一時期、結構入れ込んでいた。
”いた”って、もう過去の話みたいな書き方ですけど今でも普通に好きですよ。
長丁場になりそうな韓国ドラマは見てないんですけど
出演作は見れる限りは大体見ましたし「リンダリンダリンダ」の時は劇場にも行きました。

あぁ、自分はゾーイー・デシャネルといい目のクリッとした女優が好きなんだなーと
我ながら実感する。

あまり自分語りしてもなんなので、そろそろ「空気人形」について

率直に書くと・・・難しかった・・・

火薬量と銃弾の多い映画を見すぎて、感受性も爆風と一緒に吹き飛んでしまったわけではない
と自分では思ってるのですが......

何となく「アメリ」みたいな雰囲気で(音楽もアメリっぽい)
心を持った人形と人々の交流を描いてるのだろうと。
実際、見てる間はそう思ってました。でも次第にそれぞれの悩みや孤独、汚さが浮き彫りになってくる。
レンタル店長の展開はなかなか衝撃的。
あの店長を演じてる人って、とても高名な方なんですね。知りませんでした。
脱線しますが、僕は日本の芸能人は全く知らないわけではないですけど、でもかなり疎い方だと自覚してます。
何せ板尾創路の読み方も先ほどググって初めて知ったくらい。いつじって読むんですね。
ちなみに内野聖陽も最初は読めなかった。

最終的には登場人物それぞれが何とか現実に折り合いをつける、ように見えたんですが
それって人形が何かした結果とかじゃないみたいですね。過食症の女性は何がきっかけだったんだろう。
大事件は起きなくても現実は進んでいくよっていうことを言いたいんだと考えれば、リアルな描写かもね。

ただ彼氏の亡骸を袋に入れて放置するのはリアルすぎて怖いです。
彼氏が刺されるのもちょっとわからなかったんですが。

そもそも周りの人々、あの彼氏や持ち主のオッサン、作った本人のオダギリジョーはともかく
レンタル店長とかレストランの子供(最後、捨てられてる人形に話しかけたのもこの子だよね?)とか
は人形をちゃんと人形だと認識してたの?それとも普通に人間だと思ってたんでしょうか?
こんなこと書いてる時点で多分、この作品の本質をわかってないんだろうけど
ファンタジーと現実の境目の曖昧さが妙に気になったんです。

ペ・ドゥナの演技はさすがでした。日本語の発音も、自然。
独特なアクセントで話す日本人の女優なんだと言われても違和感ないです。
もし僕がこの女優について全く知らないで見たら、多分そう思っただろうね。
でも、何故か惹かれなかったです、この映画の彼女。うーん、次回作に期待しよう。

元気一杯な姉ちゃんとかマイペースな不思議少女みたいな役が多いドゥナさん。
「グロリア」というドラマでは大人の女性を演じてるらしい?!元々カメレオン女優っぽい人ではあるけど。
でもこのメイク似合ってるんだろうか......なんかサトエリみたいになってるw

こっちの方があってるような気がするな。「ドラゴン桜」韓国版でハセキョーのパートに相当する教師役だそうです。
日本版のドラマも見てないけどね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

空気人形

これもすごく良かったな~~☆ 空っぽの人形が心を持ってしまうというファンタジーが、 対照的に人間の空虚さをあぶり出します。 深い余韻が残る切ない作品だわ~ これ好きだな~★ 監督:是枝裕和 製...

空気人形

『誰も知らない』、『歩いても歩いても』の是枝裕和監督が業原良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化。主演は『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナ。共演に『ウルトラミラクルラブストーリー』のARATA、『ラッシュライフ』の板尾創路、オダギリジ?...

『空気人形』

人はみんな空気人形。元々中身は空っぽ。でも「新鮮さ」という空気をもらうことで心も体も満たされていく、そんな生き物。 これまで実質的な「死」というフィルターを通して「生 ...

空気人形/ペ・ドゥナ、ARATA

ドゥナちゃんの出演作はデビュー作の韓国版『リング』から全て鑑賞してるドゥナペンです。彼女のこの最新作は山下敦弘監督の『リンダ リンダ リンダ』に続いての日本映画。山下監 ...

mini review 10469「空気人形」★★★★★★★★☆☆

『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。『グエムル -漢江...

『空気人形』 ('09初鑑賞146・劇場)

☆☆☆-- (5段階評価で 3) 10月9日(金) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 16:40の回を鑑賞。

空気人形

私は「心」を持ってしまいました。 持ってはいけない「心」を持ってしまいました。 あなたの息で、私の カラダを 満たして… 製作年度 2009年 上映時間 116分 

「空気人形」 心にぽっかり穴の開く映画

てっきり、空っぽの身体の中を、温かい空気でいっぱいに満たしてくれる映画だと思っていた。 パンパンに膨らんでいるときは、ふわふわとして楽しいけれど、穴が開いてしまうと、そこから空気はどんどんと抜けていき・・・・・・ こんなに美しい映像なのに。 こんなに可...

「空気人形」

・ 『誰も知らない』『歩いても 歩いても』の是枝裕和監督が、業田良家のマンガを映画化し、主演に『リンダリンダリンダ』の韓国女優ペ・ドゥナを迎えたファンタジー作。 予告編を観ていた時点では、どこか『ラースと、その彼女』と共通な世界があるのかな...

空気人形・・・・・評価額1700円

「空気人形」って何かの比喩かと思っていたら、まさかそのまんまだったとは。 私が現代日本の映画作家でもっともハズレがないと思っているのが、是枝裕和監督である。 デビュー作となった「幻の光」から前作...

空気人形

09年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門でワールドプレミアを果たした本作は、心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守るファンタジー。『ワンダフルライフ』や『歩 ...

空気人形

空気人形’09:日本◆監督・脚本・編集・製作: 是枝裕和「歩いても 歩いても」「誰も知らない」◆出演:ぺ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、高橋昌也◆STORY◆ ...

『空気人形』

'09.10.09 『空気人形』@新宿バルト9 これは見たかった。ペ・ドゥナは好き。板尾さんも出てるし! オダジョーも出てるので、オダジョーファンのbaruを誘って行ってきた。 *ネタバレありです。 そして熱弁です 「"男性の性の処理をする代用品"の空気人形ノゾミは、ある?...

★「空気人形」

今週の週末もナイトショウへ行ってきました。 監督や出演者が最近よくテレビでプロモーションやってるので、 ついつい観る気になった作品。

映画評「空気人形」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり

『空気人形』・・・空っぽな代用品の心を満たすのは

新宿バルト9での初日舞台挨拶に、昨年の『歩いても歩いても』の時と同じく是枝ファンつながりの友人と出掛けた。ちなみに原作短編コミックを読み終えての鑑賞。

空気人形

【是枝裕和最新作】空気人形【主演はペ・ドゥナ!】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1233766796/ 1 :名無シネマ@上映中 :2009/02/05(木) 01:59:56 ID:YLhadGw5 アスミック・エース エン...

「空気人形」後をひく映画

ペ・ドゥナに去年度の主演女優賞を差し上げます!(遅いっ・・・)

空気人形

ポイントが溜まっていたので、土曜日の9時半の回で、「空気人形」を鑑賞。他に観たい映画の公開もなかったので、予告編でちょっと興味を惹かれただけで、あまり期待は大きくなかったんだけど。「UCとしまえん」は、普通の人出かな。「空気人形」は、中くらいのスクリー...

透明な影~『空気人形』

 クリスマス間近の東京。ファミレスで働く独り暮らしの秀雄(板尾創路)は、性欲 処理用のラブドール(ペ・ドゥナ)に「のぞみ」と名付けていた。ある朝、のぞみに 心が宿り、彼女は街に出てゆく・・・。...

空気人形

あなたも あるとき私のための風だったかもしれない

「空気人形」是枝裕和

「空気人形」公式サイト 空気人形 2009日本 監督・脚本・編集:是枝裕和 原作:業田良家 出演:ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路 ほか ものたりないな~と思ったのは、なんでだろう?と 考えていたんだけれど、 ああ、そうか、 ワタシが期待したものは、 ペ・ド...

抜群の空気感と生々しさ

空気人形 製作2009年 日本 監督:是枝裕和 原作:業田良家 脚本:業田良家 出演:ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路 前々からちょっぴり気になっていた作品です。 どんな話なのか想像できなかったのですが、 結構生々しくってビックリしました。

コメントの投稿

非公開コメント

空気人形

 私もすごく気になっていた『空気人形』見ましたねe-348
 ペドゥナちゃんのコスプレ?と独特の日本語がとっても気になりますe-454
 そして、オダジョがどんな役なのかもとっても気になっています。
 私も、レンタル屋で、久々に日本の映画コーナに行って探そうかな(?ー?)

 バーンズさんのお好きなゾーイー・デシャネルさん、映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』にも出ているのですねe-454
 『銀河ヒッチハイク・ガイド』は、小説は読みましたが、映画はまだ見ておりませんe-441映画は、しょぼそうe-450
 小説も私には(?ー?)でした。

No title

チョンミさん、こんばんは♪

オダギリジョーは出番は多くなかったですが、いい役でしたよ。
彼は何となく危険な男(不良っぽいとかじゃなくて、何考えてるかわかんない系。うまく言い表せませんが。浅野忠信もそんなイメージ)って役が多い印象だったんだけど、優しい雰囲気も似合うんだなあと思いましたね。奥さんの香椎由宇って「リンダリンダリンダ」でペ・ドゥナと共演してたんだよねー、最近見かけないけど。似た個性の黒木メイサは凄い売れてるのに。

ゾーイーは男性陣には結構、というか、かなり受けがいいみたいです(笑)
まあ、彼女も変わった役が多いけど.....「銀河ヒッチハイクガイド」は、SF大作のエンタテイメント、では無かったですね(笑)監督やスタッフは確かイギリス映画界の方々だったと思うけど
僕はイギリス流の笑いはちょっと合わないな~と感じた作品です。
ゾーイーの作品でオススメなのは「イエスマン」と「テラビシアに架ける橋」かな、個人的には。

こんばんは

確かにこの作品は難しくて、
自分でもどこまで理解できたか分かりませんが、
好きな作品なんですよね~(^^;

人間のほうが虚無的で、人形のほうが心を持つという
その設定が面白かったです。
あと人間の描き方はリアルだけど、
人形のシーンはファンタジーになっているのも、
特異な雰囲気で、他にはなかなか無い感じだと思いました。

「銀河ヒッチハイクガイド」も独特な味わいのある映画ですよね、
私はけっこう気に入ってます。

No title

YANさん、こんばんは。

「空気人形」って原作があるらしいんですが、作者が意識したのって「ピノキオ」なのかなぁ
って今になって思いました。
ピノキオといえばイタリア映画「ピノッキオ」も最近見たんですが、結構キツかった.....

S・スピルバーグ監督の「A.I.」、あと「シザーハンズ」もそうだったと思いますが
純粋な心を持った無機物に対して
人間がとても醜いのが物語の常ですよね。
自省の念を持つのはいいことですが。
AIと言えばハーレイ君は今、何をやってるんだろう.....

「銀河ヒッチハイクガイド」はせっかくゾーイー・デシャネルのカテゴリーがあるんだし、
いつになるかは分かりませんが、ちゃんと見直してレビューしたいです。

今ごろですが

バーンズさん、こんにちは。

ケーブルテレビで放送されていたので見てみました。
ペ・ドゥナさんは本当に空気人形そのものでした。
肌の質感といい、喋り方といい、まなざしといい
この映画はペ・ドゥナなしでは成立しないと思います!

・・・・・・とはいえ、私もこの映画、
何を言いたかったのかさっぱりわかりませんでした。
難しいですよね。

Re: 今ごろですが

マミイさん、こんにちは。

マミイさんもそう感じられましたか?
難解ですよね、これ

実はペ・ドゥナはEVERY LITTLE THING(だったと思う)のPVで
今が旬の高良健吾と共演してたりします。そこでも日本語喋ってますが
かなりお上手です。
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。