狼の死刑宣告

狼の死刑宣告 / DEATH SENTENCE

青年ギャングに息子を殺された父親が、たった一人で復讐する。

本当にそれだけのストーリーで、今まで何回も作られてきたような作品ではありますが
結構見入って、面白く見ました。
どこか一作目の「マッドマックス」を思い起こさせるバイオレンス・ドラマ。



2007年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作

監督:ジェームズ・ワン
製作:アショク・アムリトラジ ハワード・ボールドウィン カレン・ボールドウィン
原作:ブライアン・ガーフィールド
脚本:イアン・マッケンジー・ジェファーズ
撮影:ジョン・R・レオネッティ
編集:マイケル・N・クヌー
音楽:チャーリー・クロウザー

出演:ケヴィン・ベーコン ケリー・プレストン ギャレット・ヘドランド ジョン・グッドマン

内容は上に書いたとおり、一人の男の復讐劇というシンプルなもので
実際に殺傷事件や暴力犯罪が後を絶たない現代の映画らしく「憎しみは憎しみしか生まない」というメッセージ
もサラッとは描かれますけど結局主人公は復讐します(悪役にも「あんたは俺達と同類だ」なんて言われる)。
ありきたりで古臭いかもしれませんが、たまにはシンプルな映画もいいよねという安定感もあります。
とどのつまり、この作品は現代を舞台にした西部劇だと僕は思った。

クライマックスで、ストリートギャングのリーダーと刺し違え(というか撃ち違え、か?この場合は)
ボロボロになりながらも目的を果たす主人公。
何とか帰宅してホームビデオを眺めつつ(冒頭との対比にもなってます)
朦朧とする意識の中、思い出に浸りながら死を迎えようとするのだが
(決定付ける場面は無かったんですが首まで撃たれてるから助からないだろう)
この辺もどこか懐かしい印象を強めていた。実際70年代の作品群との比較をされてる
レビューも結構見受けられます。

ケヴィン・ベーコンはケヴィン・ベーコン数なる法則まである多作の俳優である。作品を選ばないということも
あるのかもしれないが、それ以上にどんなジャンルにもフィットする演技を見せてくれる実力派アクターだと言うことが
重宝される最大の要因だろう。今回もあくまで普通の男が復讐者に変わっていく姿を自然に演じています。
勢いに任せて犯人を殺してしまい、自分に疑いが向くのではないかという恐れや焦り
息子を失うのを防げなかった無念さとか、巧いですねえ。
今回は体を張ったアクションも熱演する(実際はスタントマンかもしれないけど)。
まあ、アラフィフのオジサンが20代(と思われる)の血の気の多いアンチャンたちを走って振り切るスタミナすげー!
とか最初こそ慣れない手つきで銃を扱っていたのに最終決戦では百発百中の腕前になっているとか
色々ありますが。あと、警察の無能さはこの手の作品ではデフォでしょ?
終盤、頭を剃りあげて最後の戦いに挑むのですが、剃り忘れたのか、後頭部に少しだけ残った髪が
鶏の鶏冠みたいで妙にカワイイ(笑)

悪役のギャレット・ヘドランドは同じような復讐モノのアクション映画「フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い」
では復讐する側を演じていましたっけ。この作品は基本的にシリアスストーリーなのに
全体の雰囲気は何故かコミカル
かと思ったらバイオレンスはしっかり炸裂するし(悪役の倒し方も後味悪い)
あまりいい印象は残らなかったな。見てる間は楽しめたけど。
実は僕と同世代のギャレット君、「トロイ」でアキレスの従兄弟パトロクロスを演じてデビューした美形俳優
なのですが「狼の死刑宣告」ではスキンヘッドに刺青、立派なガチムチ兄貴になっていて驚きました。
12月公開のSF超大作「トロン:レガシー」では主演に抜擢されており、今後が期待されます。

この作品の監督であるジェームズ・ワンは「SAW/ソウ」シリーズの生みの親である。
あの映画のヒットによりソリッドシチュエーションスリラーなるジャンルは確立され
(どうやら日本だけの呼称らしい。メロディックスピードメタルみたいなもんか)
サスペンス映画における悪役としてジグソウことジョン・クレイマーはあっという間に
ハンニバル・レクターと肩を並べる存在になった。こう書くとレクターファンに怒られそうだけど。
僕は「ソウ」シリーズはどんどん酷くなってると感じているが
(特に「3」は酷い。メチャメチャ残酷なことしてるのに”許せ”って・・・ねーわ)
それでも一作目は紛れも無い傑作だと思っている。
そんな「ソウ」シリーズがなんだかんだで7作も続いてる一方
ワンの監督としてのキャリアは低迷気味と言われている。
「ソウ」一回きりで才能を使い果した一発屋だったってことかなぁ。
個人的には傑作を撮れる力量はまだまだあると思うし、ヒットも飛ばせると思う。
同じアジア人として、頑張って欲しいです。

それにしても「ソウ ザ・ファイナル」で本当に終わるんでしょうか?
早々とシリーズ復活しそうな気がしないでもないね、「ソウ ネクスト・ジェネレーション」とかいうタイトルでw
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

狼の死刑宣告

「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督が人気小説家ブライアン・ガーフィールドの同名の小説を映画化。息子をギャングに殺された父親が復讐にのめり込む様を描いたサスペンスムービーだ。主演は『フロスト×ニクソン』、『レールズ&タイズ』のケヴィン・ベーコン。共演...

映画「狼の死刑宣告」@渋谷シアターTSU...

 客入りはほぼ満席だ。作品柄か男性客も多く来場している。  【21%OFF!】狼の死刑宣告(DVD)【発売日お届け!2010年3月19日発売】 映画の話 家族と幸せな生活を送るニック(ケヴィン...

狼の死刑宣告

 『愛する家族を守るために 街のダニども 全員死刑に 処す』  コチラの「狼の死刑宣告」は、「ソウ」、「デッド・サイレンス」のジェームズ・ワン監督が、「狼よさらば」の原作者ブライアン・ガーフィールドの犯罪小説を映画化したR15+のヴィジランテ映画です。  ヴィ...

狼の死刑宣告(2007)◆DEATH SENTENCE

愛する家族を守るために街のダニども 全員死刑に 処す

狼の死刑宣告 (デス・センテンス) / Death Sentence

                      『

狼の死刑宣告

モヒカン頭と散弾銃 【Story】 家族と幸せな生活を送るニック(ケヴィン・ベーコン)はある日ギャングの襲撃に遭い、目の前で長男(スチュアート・ラファティ)を殺されてしまう…。 評価 ★★★☆☆(3.8P)...

狼の死刑宣告

【DEATH SENTENCE】 2009/10/10公開 アメリカR15+ 106分監督:ジェームズ・ワン出演:ケヴィン・ベーコン、ケリー・プレストン、ジョン・グッドマン、ジョーダン・ギャレット、スチュアート・ラファティ愛する家族を守るために街のダニども 全員死刑に 処すStory:投資...

狼の死刑宣告

2010年4月4日(日) 12:45~ 三軒茶屋中央劇場 料金:1300円 パンフレット:非売 狼の死刑宣告 [DVD]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)メディア: DVD 『狼の死刑宣告』公式サイト Death Wish「狼よさらば」な話。原題はDeath Sentenceで、原作者同じ。 家族をチ...

狼の死刑宣告

私刑宣告、 暴力と破壊のスパイラルの先にあるものは…… 投資会社で働く男ニックは、愛する妻と2人の息子を持ち、幸せな家庭生活を過ごしていた。しかし、ガソリンスタンドに押し入ったギャングの襲撃...

狼の死刑宣告

DEATH SENTENCE/07年/米/106分/劇場公開 監督:ジェームズ・ワン 出演:ケヴィン・ベーコン、ケリー・プレストン、ジョン・グッドマン <ストーリー> 息子をギャングに殺された男が法の裁きに満足せず、自ら犯人に復讐。だが、それがギャングのボスの怒りを買?...

狼の死刑宣告

大ヒットしてシリーズ化された『ソウ』の生みの親であるジェームズ・ワン 監督がブライアン・ガーフィールドの『狼よさらば』をもとに映画化。 大切な家族を理不尽な暴力で殺害されたことで、復讐の鬼と化した男の姿を 描く。妻と二人の息子と幸せな家庭を営んできた投資…

狼の死刑宣告 ▲146

'07年、アメリカ原題:Death Sentence監督:ジェームズ・ワン製作総指揮:アンドリュー・シュガーマン、ニック・モートン、ニック・ハムソン、ラース・シルヴェスト製作:アショク・アムリトラジ、ハワード・ボールドウィン、カレン・ボールドウィン原作:ブライアン・ガ?...

09-289「狼の死刑宣告」(アメリカ)

俺からお前たちへのデス・センテンス  投資会社に勤めるごく普通の男、ニック・ヒュームはある日、愛する息子を目の前でギャングたちによって殺されてしまう。  やがて犯人は捕まるもののギャングたちには微塵も反省の色が見られず、しかも裁判ではとうてい納得できる...

No947 狼の死刑宣告 2011年001

STORY 投資会社で働く男ニックは、愛する妻と2人の息子を持ち、幸せな家庭生活を過ごしていた。しかし、ガソリンスタンドに押し入ったギャングの襲撃にあい、ニックの目の前で長男のブレンダンが殺されてしま...

狼の死刑宣告

評価:★★★★[4/5] 『さまよう刃』のフラストレーションは、これで解消!

「狼の死刑宣告」

チャールズ・ブロンソン主演の『狼よさらば』(1974年)がヒットした後、家族を殺された男の復讐劇は、低予算で単純な内容ながらヒットが見込めるため、それからしばらくB級映画の定番となり、いくつもの後追い作品を生み出した。しかし二番煎じがいつまでも通用するでも?...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

マッドマックスに確かに似てますねー
父親としては、許せる限界を超えて怒り炸裂
は凄まじい痛みあいといった具合で
復讐の成れの果てが厳しいです。

ソウは、1が最高なんですが
2からは徐々にスリラーの部分が薄まって
別物みたくなってしまったかなー。
それでも見続けてるんで7も観ますよ~
まぁ、ファイナルとか付きながら復活するタイトルは
数多なのでどうでしょうかね???

No title

現実と地続きのバイオレンス、そして父親の復讐という辺りが似てますね。

僕はSAWシリーズは4が最後かな、見たのは。
1は残酷な場面も直接見せず、想像させるのが良かったんですが
ドンドン見せるようになってしまい......

シリーズ当初のインタビューで「最近のホラーは笑いの要素が多すぎる、とことんシリアスなホラーを作りたかった」と語っていたワン監督ですが、近作のあまりの凄惨さ(これはSAWシリーズに限らないですが)そろそろ観客も笑えるホラー(矛盾してますけど)が見たくなり始めてるのでは......
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。