スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒックとドラゴン

ヒックとドラゴン / HOW TO TRAIN YOUR DRAGON

あまり期待しないで見たところ思いのほか良かったという感想も多いですが
自分は結構期待して見にいきました。

2010年 アメリカ ドリームワークス製作作品 

監督:クリス・サンダース ディーン・デュボア
製作:ボニー・アーノルド
原作:クレシッダ・コーウェル
脚本:クリス・サンダース ディーン・デュボア ウィル・デイヴィス
編集:マリアン・ブランドン ダレン・T・ホームズ
音楽:ジョン・パウエル

声の出演:ジェイ・バルシェル ジェラルド・バトラー アメリカ・フェレーラ クレイグ・ファーガソン
       ジョナ・ヒル T・J・ミラー クリステン・ウィグ クリストファー・ミンツ=プラッセ

公式サイト


原作の第一巻です。


サウンドトラック盤

参りました。今のところ今年の№1確定です。
凄いぞ、これは!


かつてヨーロッパ中の海岸を襲い、暴れまくった戦士達がいた。ヴァイキングである。
物語の舞台バーク島では長年ヴァイキングと襲撃してくるドラゴンの戦いが続いていた。
ドラゴンに立ち向かい殺すものこそが真の勇者、それが彼らの掟であり、常識だった。
(実際、ドラゴンを殺す場面こそ直接ありませんが、台詞では結構言われてました)
部族のリーダー、ストイックの息子である主人公ヒックは頭脳や洞察力は抜きん出ていたが
肝心の戦闘能力や腕力はからっきし。
(ただ訓練での逃げ足の速さやトゥースに跨って乗りこなすあたり案外、身体能力は悪くないのではないか)
そんな彼はヴァイキングの世界ではお荷物でしかなかった。
自分の後継者である変わり者の息子との接し方に悩む父と、何とか期待にこたえようとする息子。
ヒックは自作の武器で一匹のドラゴンを撃ち落すのだが・・・・・
それは姿を見た者はいないという伝説のドラゴン、ナイト・フューリーであった。
こいつを父さんに見せれば認められるぞ!
そう、冒頭のナレーションで、戦いに明け暮れる仲間に辟易している心情を吐露したヒックも
ドラゴンを倒すこと自体を疑問とは思ってなかったんです、最初は。
しかし網にかかって手も足も出せないドラゴンを見て何かを感じ取るヒックはドラゴンを逃がすのでした。
ドラゴンもまたヒックを見逃す。自分達はドラゴンを憎み、ドラゴンも自分達を憎む・・・・・
そのはずだったのに、何故殺されなかった?
それについては尾翼を失い飛べなくなった自力で飛べなくなったトゥース(この名前、魚を持ってきた辺りで名づけたはず)
の世話をするヒックとともに我々観客も学んでいくんです。
ま~、観客には最後、ドラゴンと和解するんだって展開はわかりきっちゃいるんですよ。
でも、その過程が巧い!ドラゴンの習性を観察するうちに愛着を持っていくヒック
戦闘訓練で戦わずしてドラゴンを手懐けて、一転人気者になっていくヒック
これらの描写がことごとく快感で、胸を熱くさせる。もはや匠の域
で、ヒロインとの恋。ヒックは彼女に憧れてますが、当の彼女は次世代エリートの少女戦士でヒックは
歯牙にもかけられなかったのですが・・・・・そうか、これがツンデレというものかね…
キャラデザインについては色々思う方もいるでしょうが僕は可愛いと思いました。

しかしいつまでも隠し通せるものではない。みんなの前で真実を告げようとするヒックにある危機が!
ここで感づいたトゥースが隠れ家から一目散で駆けつけるんですが、一匹じゃ満足に飛べないのに
ガシガシ走ってさ。ここら辺ヤバいですよ。哀れ、生け捕りになってしまうトゥース!

ドラゴンは危険なだけの存在ではない、というヒックの訴えも空しく
ストイックはドラゴンの巣に総攻撃をかけようとする。枷と鎖で雁字搦めになったトゥースを道案内として。
確かにストイックの気持ちや主張も十分わかるんです。単に敵だって教えられただけじゃなく
実際に仲間を目の前で襲われて奪われた過去が当然あるんでしょうし。
わかるよ、わかるんだけどねえ、息子に耳をかさない、その頑なな姿を見て
ああ、人間ってバカだねえ、頑固だねえ
と僕は思ってしまいましたね。
反面、ヒックの仲間たちを背に乗せてピンチに駆けつけるドラゴンたちの器の大きさよ。
単純な俺

争いや憎しみの虚しさ、先入観や思い込みの恐ろしさ、復讐は復讐しか生まない、
理解しあうこと、許しあうこと。そういったテーマは今まで
何度も語られてきました。あんまり続くと、「わかったよ、もういいよ」って気分に見てるほうもなると
思いますが、こういったアニメーションやファミリー作品で言われるとハッ(゚Д゚)!とさせられますよね。
そんなこと宮崎駿作品が何年も前に先駆けてるって言われちゃまあそうなんですけど。
「ナウシカ」と本作を比較してるレビューも結構見受けられます。監督自身が影響されたって言ってますし。
囚われて船に括り付けられたトゥースは囮にされた王蟲の子と重なると言えばそういえるかも。
でも僕が宮崎アニメに以前持ってた印象ってこんなだしなあ

そんなこんなで最後の戦いが始まる!
「屈しない、恐れない、討ち死に上等のヴァイキング魂(北欧神話では勇敢に戦い死んだ戦士だけが
ワルキューレに導かれ、ヴァルハラに迎えられると伝えられていると聞いた)が拍車をかけ
このオヤッサンの頭の中に和解の二文字は無いかに見えた。
しかしただの脳みそ筋肉頑固親父では終わらないのでご安心を!
クライマックスでは実写の超大作も真っ青の大迫力の見せ場が展開するぞ!!
このラスボスの扱いについては意見が別れるところでしょう。巨悪を倒せば万事解決なのかって。
(とはいえピクサーでもキッチリ悪は倒されるけど。「Mr.インクレディブル」の悪役の最期覚えてる?)
ただこの物語は冒険活劇であり少年の成長譚ですから、あの展開はヒックとトゥースにとっての試練だと感じました。
まあ、ここら辺と「ペット」という台詞、本当に人間とドラゴンは対等になったのかという点は堂々巡りの議論になりそうだねえ。
僕の見解はドラゴンとは対等になったのかどうかはわかりませんが(その辺り続編で掘り下げるのだろう)
島の人々との絆は結ばれたと思った。
(そもそも決戦前にさっさと飛び立った下っ端のドラゴンを見るに、もともと人間に対しての敵意はないのだろう)
ペット発言について、これは単なる語呂合わせだそうです。冒頭で「ここの害虫(原語では"Pest"と言っているらしい)
はドラゴンだ」と言う台詞があるので"Pest"にひっかけて"Pet"と言ってるわけですね。
本心ではヒックはドラゴンたちを見下してるなんてことは無いと思いますw

最後の展開は自分の筆力では巧く表現できない。
たとえヒックが五体満足でも同じくらい感動して満足して終われたとは思いますが。
ただ見てる間は「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」を思い出した。
フロドも指の一部を失ったから。

しかし、この映画、評価は概ね良好なんですが二週目にしてすでに興行ランキングTOP10圏外となってしまった。
真に遺憾である
初登場8位って聞いたときは低いなー、これからの粘りに期待だなと思っていたんですが。
時期が悪かったんだろうか。(本国での公開は三月末である)
例えば
春及びGWにする→「アリス・イン・ワンダーランド」がある
初夏→ターゲットである子供は夏休み前であり、大人は「告白」などを見る
秋→夏休み終わる。渋めのドラマやサスペンスの時期
冬→旬が過ぎすぎ。寒々しい北欧(多分)が舞台なので夏よりマッチしそうですが
ぬう.....結局どの時期にやっても、当て馬、噛ませ犬のような立ち位置になるしかなかったかもしれない。

それとオードリーの宣伝。春日がトゥース!トゥース!言いまくって、あー、うぜえなあって思った方も
多いんじゃないですか。で、吹き替えも春日だったら、最悪だなコリャと思ったんですが。
安心してください。実際はプロの声優による正統派の吹き替え版です。
僕は春日は嫌いだとか印象が悪いっていうわけではないんですが、彼の芸風がイマイチわからない。
あの自信満々だけどずれてる行動のギャップって笑わせるタイプなんでしょうか?
ここ最近バラエティもお笑い番組もほとんど見てないから大雑把な印象だけどさ。

声の出演をした役者について。自分が見たのは吹き替え版ですが(笑)
主人公ヒックを演じるのはジェイ・バルチェル。「魔法使いの弟子」にも出演してますが評判良くないですね。
日本じゃ受けないタイプかもしれないとここで書きましたがあたらなくていいことが的中してしまった。
「トロピック・サンダー」のジェイはいいよ。「ファンボーイズ」はまだ見てませんがね。
父親ストイックはジェラルド・バトラー。俺ね、この人苦手なの。「300」がイマイチに感じたのはそれもあったんだろう。
男臭さ全開系役者大好きなのに、ダメなんだなー。だけど何の前触れも無く好きになるかもしれないけど。
どころでジェイミー・フォックスと共演したLAW ABIDING CITIZENって何時、日本で公開するんだ?
全米公開からもうすぐ一年経つぞ。

ドリームワークスのアニメーションをこれまで見てきて思ったのは声優の得意とする役柄を意識した
キャラクター造型であるということ。冒頭のナレーションや劇中の台詞で自嘲気味のジョークを
口にするヒックはジェイやその他の若手俳優が得意とするナード気味のキャラだし
勇猛果敢なストイックは「300」でバトラーが演じたスパルタ王のイメージを引き継いでいる。
「シュレック」シリーズの喋りまくるロバ、ドンキーは当然エディ・マーフィを模しているし
(ってか、生身の役者としてのエディは今何をやってるんだ?全然見かけないけど)
「カンフー・パンダ」の主人公ポーに至っては、声を担当するジャック・ブラックのヒット作「スクール・オブ・ロック」
「ナチョ・リブレ」のキャラそのままで、もうCGのパンダの顔が透けてジャックにしか見えないくらい
完全にジャック・ブラックそのもののであった。ただ今回の「ヒックとドラゴン」のキャラクターは役者に似せてあるとか
そういう以前にもっと深い印象を受けた。CGで作られたキャラとはいえ、実写の俳優の演技を上回るくらいの
存在感を感じたね。言い過ぎかもしれませんがそれくらい感情移入されられたということです。

もうひとつ思い出したのは「トランスフォーマー」です(これもドリームワークスの映画)。
冴えない少年サムが機械生命体トランスフォーマーの戦いに巻き込まれるうちに、勇気を振り起こして立ち上がる様は
ヒックと重なるし、サムを守るトランスフォーマーの一人(というか一体)バンブルビーが中盤、人間に捕まるのもそうだ。
サムもヒックも特殊能力など何も持たないながらも、元から持っていた強さ(優しさだったり頭の良さ)を駆使して
立ち向かう姿は昨今、巷で言われる草食系に安易にカテゴライズ出来ない古典的なものだと感じた。
決してヘタレでも弱虫でもないのだ。正直「アバター」の主人公にはヒックを見習って欲しい。
(のび太が劇場版だと途端にヒロイックになるのも近いモノを感じるなあ)
ちなみに僕は「トランスフォーマー」は一作目のほうが好きでした。
深い描き方ではないにしろサムの成長ってドラマもあったし、サムをどんな危険からも守るバンブルビー
トランスフォーマーたちの人間臭さ(ロボットだけど)と正義感とか、結構良かったなあ。
2作目の「リベンジ」も面白かったけど物量映画になってしまった感があった。
来年公開の「トランスフォーマー3」、どうなるかな......劇場で見るとは思いますが

まあ、長々書いてしまいました。こんな脈絡の無い駄文ですが、読んで少しでも興味を持っていただけたなら

頼むから見てくれ!お願いだ!!

人によっては全く面白くなかったり、金返せって思うかもしれないけれど
楽しくて、皆が見れて、テーマがある。
これこそ映画の理想の形のひとつと思うんだ。


テーマは深いですが、まずは楽しんで見て欲しい作品だと思います。偉そうですが
特にトゥースの魅力には動物好きの方はグワシッと胸をわしづかみにされ
悶絶させられることは間違いないでしょう。

最後に3Dについて。
「アリス・イン・ワンダーランド」「タイタンの戦い」「エアベンダー」などCGを多用した大作は3D上映されたものが
多くなってきている。以前から「ポーラー・エクスプレス」「センター・オブ・ジ・アース」などもあったが
やはり「アバター」の大ヒットが大きいのだろう。
3DVS反3Dという論争まで、起きているとかいないとか。ちょろっとググって見た限りでは
日本では反3D派の方々が多いように感じた。あくまで、個人的にですが。
で、今回、自分は「ヒックとドラゴン」は3Dで見ました。
凄い体験だった。飛翔場面もさることながら、海を進むヴァイキング船もグーンと飛び出してくるようだった。
この技術はどんな作品にもあうわけではないと思う。3Dのヒューマンドラマとか、何の意味があるんだ(笑)。
ただ、今回味わったような興奮や感動を味わえるのなら
3Dの未来と可能性について、俺は文句無く「賛成」の一票を投じたい。
そして続編で一回りも二周りも大きくなったヒックとトゥースの冒険が見れることを楽しみにしているよ。



↑も↓も作曲者はジョン・パウエルです。「カンフー・パンダ」の方はハンス・ジマーとの共作ですが。
一方はケルト、もう一方は中華と全く別の雰囲気を出してますが、どちらも彼のスタイルを感じさせてくれる力作。



石を投げれば剣、魔法、ドラゴン、ヴァイキングetcといった歌詞に当たるヘヴィ・メタルの世界から
ダメ押しでもう一曲。

MANOWAR "RIDE THE DRAGON"
この映画の雰囲気とは似ても似つかない曲ですが、題名を訳したら
竜に乗れ!ですからねw
こんな暑苦しい曲ききたくねーって思うかもしれませんが、そろそろ夏も終盤に突入しますから
これくらい熱い曲で乗り切りましょう。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒックとドラゴン

ケガの光明。奇跡の友情。  

ヒックとドラゴン

(原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) クレシッダ・コーウェル原作の児童文学をア二メ化。 ドラゴンとバイキングが戦いを繰り広げていた時代を舞台に、少年と傷付いたドラゴンの間に芽生えた友情を描くファンタジー・アドベ...

ヒックとドラゴン 3D吹替版/ジェイ・バルシェル

原作は本屋で見かけたことはありますが手にとったことは一度もありません。有名な作品なのでしょうか?バイキングの少年とドラゴンの出会いと友情を描いた児童文学をドリームワークスが3Dアニメーション化した作品です。 吹替版での鑑賞ですが日本語キャストの資料がみ...

『ヒックとドラゴン』・・・復活の翼が奇跡につながる

『トイ・ストーリー3』に『借りぐらしのアリエッティ』と、この夏はアニメ作品にハズレがない。バイキングとドラゴンの戦いが続く遠い昔を舞台に、弱虫少年の成長を描く本作もまた珠玉のファンタジー・アドベンチャーである。

ヒックとドラゴン (How to Train Your Dragon)

映画『ヒックとドラゴン』は、イギリスの作家、クレシッダ・コーウェルによる児童文学を基にして、ドリームワークスが製作した3Dアニメーションです。監督は『リロ&スティッチ』のディーン・デュボアとクリス・サンダースが務めています。 先日、劇場に観に行きま…

ヒックとドラゴン3D

全米で公開7週目でついに興収2億ドルを突破したロングランヒット作品。英国人作家クレシッダ・コーウェルの児童書を原作にした、勇ましいバイキングと野生のドラゴンたちが争って暮らす世界を舞台にした3Dファンタジー・アドベンチャー。監督は「リロ・アンド・スティ...

ヒックとドラゴン

ヒックとドラゴン’10:米◆原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON◆監督:クリス・サンダースディーン・デュボア「リロ&スティッチ」◆声の出演: ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ、ジェイ・バルチェル◆STORY◆ 遠い遠い昔、はるか彼方の海の向こうのバーク?...

映画:ヒックとドラゴン ドリームワークスのアニメが一皮むけた!

アメリカでの評価が高かったので、さっそくチェック。 観たのは、2D版かつ日本語版と、残念ながら当ブログ的には、あまりお好きな環境ではない(ベストは英語版) その感想は。。。 まずバイキングの一族のストーリーというのが新鮮、でつかみはok! で自然に物語に?...

ヒックとドラゴン

作品情報 タイトル:ヒックとドラゴン 制作:2010年・アメリカ 監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア 出演:ジェイ・バルチェル(田谷隼)、ジェラルド・バトラー( 田中正彦)、アメリカ・フェレーラ(寿美菜子)、クレイグ・ファーガソン(岩崎ひろし) あらすじ:...

『ヒックとドラゴン』を池袋シネマロサ2Fで観る男ふじき

五つ星評価で【☆☆☆☆傑作です】 これは面白い。 そんなに観るつもりはなかったんだけど、 おたぴょんさんの掲示板で誉めてたんで、 「じゃあ」って観に行った。 良かった。 人の勧めは聞いてみるもんである。 映画の成功要因で、もっとも大きな物は一つ。...

[映画『ヒックとドラゴン(3D吹き替え版)』を観た]

☆いい作品でしたね^^  話は、オーソドックスな二つの種族の戦いと融和の物語であるが、  何よりも、バイキングの族長の息子・ヒックが、ドラゴン族のトゥースと友情を育み、その背に乗り、空を自由に飛び交うシーンが素晴らしい。  中盤...

『ヒックとドラゴン』 トゥースが守る7番目の戒律とは?

 ドラゴン・ライダー、すなわちドラゴンに乗ることを描いた作品は多い。  子供向けの作品なら『エルマーのぼうけん』シリーズが有名どころだ。  大人向けなら『パーンの竜騎士』シリーズが代表例か。 ...

ヒックとドラゴン

バイキングの血を引いていながらも非常になれない弱気な少年と怪我をして 飛べなくなったドラゴンの間に芽生えた友情と少年の成長を描いたドリーム ワークス制作のファンタジーアドベンチャー映画。 監督は『リロ&スティッチ』のクリス・サンダース&ディーン・デュボア…

ヒックとドラゴン

わたしは北欧ものが好きなんです 神話ではケルトと北欧が好きだし、イレギュラーでクトゥルー DQモンスターズの設定も好き オーディーン!(フェードイン4714) 北風がバイキングを作った!! だからイヤなわけないじゃないですかこの設定 バイキング...

拍手喝采!『ヒックとドラゴン』

既に2D吹替、2D字幕、3D吹替、合計3回(全てのバージョンで)見ているが、まだまだ見たい気分になる素晴らしい作品。『ヒックとドラゴン』。もし未見の方は是非スクリーンで、さらには3Dで見ることをオスス

ヒックとドラゴン

 アニメ『トイ・ストーリー3』が大人の鑑賞に十分耐えられる作品であることがわかったことから、もう一つの評判の高いアニメ『ヒックとドラゴン』も見てみようと思って、吉祥寺バウスシアターに行ってきました。  ここはやや小ぶりの映画館ながらも、「3D」(吹替え版)...

『ヒックとドラゴン』(2010)/アメリカ

原題:HOWTOTRAINYOURDRAGON監督・脚本:ディーン・デュボア、クリス・サンダース原作:クレシッダ・コーウェル声の出演:ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ、ジェイ・バルチェ...

【ヒックとドラゴン】

監督:ディーン・デュボア、クリス・サンダース  ひとりぼっちから、ふたりぼっちへ ― 「昔からバイキングとドラゴンの戦いが続いているバーク島。 まだドラゴンとの戦いに参加を許されない少年ヒックは自分の作った武器でドラゴンに命中させた。でも誰にも信じ

映画「ヒックとドラゴン」@チネチッタ

 「ヒックとドラゴン」を上映するチネ7にはお盆休みと言うことで、ちびっ子を含むファミリー層を中心に6~7割位の客入りだ。今回は3D吹替え版を鑑賞した。   ヒックとドラ...

「ヒックとドラゴン」感想

 クレシッダ・コーウェル原作の児童文学を、「リロ&スティッチ」のクリス・サンダース&ディーン・デュボア監督・脚本で映画化。 ひ弱だが賢く、人一倍優しいバイキングの少年・...

ヒックとドラゴン

HOW TO TRAIN YOUR DRAGON/10年/米/98分/ファンタジー・アドベンチャー/劇場公開 監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア 声の出演:ジェイ・バルシェル、ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ <ストーリー> ドラゴンと戦うバイキングの村の少...

ヒックとドラゴン 3D<日本語吹替版>

ドリームワークスCGアニメ『ヒックとドラゴン』3Dの日本語吹替版を観てきました。 もう映画館でアニメの字幕版を観る事は出来ないんだろうか。 ★★★★★ 残念ながら日本ではIMAX版の公開も無いので、3Dが好条件で観れるなんばTOHOの中央席を押させての鑑賞。 ドリーム?...

ヒックとドラゴン

義足と義翼(尾) 【Story】 バイキングとドラゴンとの戦いが続いているバーク島。ある日、平凡な少年、ヒックはケガをしたドラゴンのトゥースと偶然に出会う…。 評価 ★★★★☆(4.3P) 【簡易感想】 ...

映画:ヒックとドラゴン ドリームワークスのアニメが一皮むけた!

アメリカでの評価が高かったので、さっそくチェック。 観たのは、2D版かつ日本語版と、残念ながら当ブログ的には、あまりお好きな環境ではない(ベストは英語版) その感想は。。。 まずバイキングの一族のストーリーというのが新鮮、でつかみはok! で自然に物語に...

ヒックとドラゴン (試写会)

ドラゴンに乗りたーい公式サイト http://www.hic-dragon.jp8月7日公開 ファンタジー児童小説(クレシッダ・コーウェル著)の映画化はるか北の海の島に、バイキング達が暮らす村がありま

「ヒックとドラゴン」

北風と太陽と父と息子と。 今夏のドリームワークスアニメは正統派の冒険もの。 「シュレック」シリーズにしても「カンフーパンダ」にしても、どこか毒のある笑いやキャラクターが印象深かったが、今回はかなりの万人向け。 個性が消されてしまうのではと若干危惧した...

ヒックとドラゴン

3Dにて鑑賞。ドラゴンの飛翔はなかなかの迫力!

ヒックとドラゴン

この映画、おすぎさんが褒めていたのですが、 ちょっと観る気にならなくて。。。( ^ _ ^; でも「時をかける少女 」の細田守監督 まで twitterで褒めていたので、 観ることにしました。 本物かはわからないんですけれどね。(爆) 遠い遠いバイキングが活躍?...

ヒックとドラゴン

ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray](2010/12/17)(声の出演)、ジェイ・バルチェル 他商品詳細を見る<<ストーリー>>族長の息子でありながらいつも失敗ばかりしているひ弱なバイキングの 少...

『ヒックとドラゴン』

(原題:How to Train Your Dragon) ----- 「今夜はワールドカップを見てるからフォーンが喋るように」だって。 う~ん。どこから話しちゃおうかな。 まずは、この映画にフォーンがついていくことになった理由から。 それは監督が 『リロ&スティッチ』のクリス・サンダー...

ヒックとドラゴン

かわいいかわいいっ トゥースかわいい でもペットなのね・・・友達じゃないのね 軽くショックな大人であった 実際ペットなんだけどさっ ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray](2010/12/17)...

ヒックとドラゴン

バーク島は、ストイック(声:ジェラルド・バトラー)を頭とするバイキングが暮らす島。 そして、ドラゴンが現れる島でもあった。

『ヒックとドラゴン』

9/1は映画1,000円の日。『トイ・ストーリー3』の影に隠れて目立たないけど、いい映画だよと聞いてせっかくだから3Dでと、わざわざ2,000円出して『ヒックとドラゴン』(吹替版)行ってきました。(チケット取りやすかったです)遠い遠い昔、はるか彼方の海の向こうのバーク...

「ヒックとドラゴン」試写会、感想。

ドリームワークスのCGアニメだと、「シュレック」とかが思い浮かびますが、個人的に「シュレック」は、先入観だけですが、「キャラがキモイ」と言うイメージしか湧かなく、スルーし...

ヒックとドラゴン

トゥース!!! 可愛過ぎぃ~~~! すっかり魅了されてしまいました! ストーリー的には トイ・ストーリーには かなわないかもしませんが・・・ 個人的には、こっちの方が 好きかも・・・? だって、私はドラゴン好きなんだもん! バイキングとドラゴンとの戦?...

映画 ■■ヒックとドラゴン■■

「ドラゴンがネコみたいでカワイイ」 という感想が Twitterにチラチラあったので 見るつもりなかったけど 気になって、見てみました!

ヒックとドラゴン

原題は「How To Train Your Dragon」で実際の登場人物はHiccup(しゃっくり)とToothless(歯ナシ)なんだけど、日本語ではヒックとトゥースという名前に変えられていました。“ヒカップ”と“トゥースレス”だと日本語的にはちょっ...

【試写会】ヒックとドラゴン 感想&ゲーセン戦利品ありv

試写会が当選したので、「ヒックとドラゴン」を観てきました とりあえず、映画館に併設されてるゲーセンにふら~・・・w 30分に1本のバスなので、時間余ったんですよ?と言い訳(。・w・。 ) ププッ なんだか、この日は調子が悪く成績はいまいち 小さいたこ焼きが?...

ヒックとドラゴン 【印象度:75】

結構評判がいいのですが、公開されている劇場数がそれほど多くなく、 新宿ピカデリーまで出かけてみてきました。 19:10からの回で、子供も少なめで、比較的空いていてよかったと思います。 3D吹替え版で見ました。 巷に溢れる「なんちゃって3D映画」または「偽3D映?...

『ヒックとドラゴン』

'10.09.10 『ヒックとドラゴン』@TOHOシネマズ錦糸町 どうしても見たくて、急に思い立って行ってきた。字幕版がよかったけど、ほとんどないし(涙)いろいろ考えて行けずにいたけど、意外に錦糸町なら帰りに行きやすいことが判明。ぐずぐずしてると終わっちゃうので、吹?...

オードリー(春日俊彰・若林正恭)の似顔絵。

オードリーが宣伝キャプテンを務める、映画「ヒックとドラゴン」、 公開になりましたね! この前「トイ・ストーリー3」を観た時、3Dの予告編を観ましたが、 「トイ・ストーリー3」とはまた、違った感じの立体感でした。 アメリカでは大ヒットで、もう続編の製作が決って...

香川照之さんの似顔絵。

山下智久クン主演「明日のジョー」、ついに公開になりましたねー 昨夜の「ぴったんこカン・カン」、そして今日の「王様のブランチ」での 香川照之さんの入れ込み具合を見てると、ちょっと観たくなったきました。 いや実を言いますと、アニメ版での力石徹の減量シーン、 ...

拍手喝采!『ヒックとドラゴン』

既に2D吹替、2D字幕、3D吹替、合計3回(全てのバージョンで)見ているが、まだまだ見たい気分になる素晴らしい作品。『ヒックとドラゴン』。もし未見の方は是非スクリーンで、さらには3Dで見ることをオスス

ヒックとドラゴン/きな子~見習い警察犬の物語~

6月27日(日)「ヒックとドラゴン」@東商ホール⇒「きな子~見習い警察犬の物語~」@ニッショーホール。 こども向け?作品二本立て上映会に三女と行ってきました。 9時15分、水滴を少し感じながら自転車で家を出発。 飯田橋⇒九段下⇒竹橋⇒二重橋前コースで9...

ヒックとドラゴン

監督 クリス・サンダース、ディーン・デュボア 出演(声) ジェイ・バルシェル、ジェラルド・バトラー、クレイグ・ファーガソン  今年は卯年、来年は辰年。来年は竜の年である。東洋の竜と西洋のドラゴンではまったくコンセプトが違うモンスターらしい。この映画、よ...

【映画】ヒックとドラゴン…2010年の残務整理(13)2010年観賞映画はここまで

本日の行動は毎月通っている内科に通院モスバーガーで昼食を調達コンビニでデザートも調達帰宅⇒昼食(デザートは保留) で、家で少しまったりした後、 娘の上履きを買いに近所の文具店久しぶりにトイザらス(何も買わず)書店(何も買わず)帰宅。 で、嫁さんの仕事が終?...

「ヒックとドラゴン」

去年見損なったアニメシリーズ第二弾。 こちらはドリームワークスの作品。 予告編はよく見かけたけど、 いまいちドラゴンが可愛くないなーー・・・で、 見逃した作品だったな。

●映画 『ヒックとドラゴン』

元々はコメディとか人間ドラマが好きなのに、最近はアニメを観ることも多くなってます。 『ヒックとドラゴン』もそんな映画の一つ。 あからさまに子供向けなアニメは、あまり好きではないのですが、 ドリームワークスのアニメは実は大人が観た方が楽しめるもの

ヒックとドラゴン

★★★★★ トゥースレスのはなし 非の打ちどころの無い傑作だ。 観る者のツボを的確に突いてくるストーリー展開。 相対するエピソードや伏線の絶妙な配置。 ドラゴンに悩まされながら暮らすバ...

ヒックとドラゴン

2010年のアメリカ映画、「ヒックとドラゴン」(監督:ディーン・デュボア & クリス・サンダース)です。新宿ピカデリーで鑑賞してきました。 実はこの映画、観る予定はありませんでした。タイトルから「うーん、子ども向けかな?」と思ってしまい、ちょっと敬遠していた?...

ヒックとドラゴン

2010年のアメリカ映画、「ヒックとドラゴン」(監督:ディーン・デュボア & クリス・サンダース)です。新宿ピカデリーで鑑賞してきました。 実はこの映画、観る予定はありませんでした。タイトルから「うーん、子ども向けかな?」と思ってしまい、ちょっと敬遠していた?...

10-208「ヒックとドラゴン」(アメリカ)

ドラゴンの馴らし方  遠い昔。バーク島と呼ばれる島には海賊のバイキングが暮らしていた。彼らは自分たちを襲うドラゴンを憎み、村を守るためにドラゴンたちと戦い続けていた。幼い頃からドラゴンを倒すための訓練に励み、ドラゴンを倒して初めて一人前のバイキングと認...

『ヒックとドラゴン』 ドリームワークスらしからぬ、秀逸な出来の正統派アドベンチャー!

『ヒックとドラゴン』 にほんブログ村 CGアニメーションの2大プロダクションと言えば、トイストーリーの“ピクサー”と、シュレックの“ドリームワークス”。 どちらが好きかと言われれば…断然、僕はピクサー派♪ だって、ドリームワークスのアニメの、?...

ヴァイキングとドラゴンの盛り合わせ。

なんかこのノートパソコン、しばらく触らないうちに随分キー部分が汚くなったなぁ……と、突然まったく関係ない書き 出しから始めてみる。なんだこりゃ。 ダンナと私の今年の夏休み中、唯一のイベントが「 『ヒックとドラゴン』 を観に行く」ことでした(笑)。そんなわ?...

『ヒックとドラゴン』

セリフのないシーンの演出が素晴らしすぎる! 劇場公開時は字幕版の上映が一切なかったので見ることをやめていたこの映画ですが、確かにこれは高い評価を受けるだけの魅力が詰ま ...

きっと、わかりあえる!

ヒックとドラゴン 原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 製作2010年 アメリカ  監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア 原作:クレシッダ・コーウェル 脚本:クリス・サンダース、ディーン・デュボア、 ウィル・デイビス 声の出演:ジェイ・バルシェル、ジェラルド・…

コメントの投稿

非公開コメント

勿体無いですよね

これだけのハイクオリティな作品なのに。
とにかく食わず嫌いとは言わないけれど、食指が動かないってとこなんだと思います。もっとも配給もそれ解ってるから春日でトゥーストゥースやってるんだろうけど、むしろ連れてく立場の大人には逆効果じゃないかと思うな…。

いずれにしても、このラインナップの中じゃちょっと無理ですよ。ディズニー&ジブリだけじゃなくて仮面ライダーやらポケモンやら、とにかく日頃から大人気の作品目白押し、子供がプライオリティつけたらこの作品なんてずーっと後のほうになっちゃうのは仕方ないだろうなって思います。だからこそ宣伝マンの腕の見せ所だと思うんだけどなぁ。

返す返すも勿体無いです。正直劇場3Dで観たほうが全然良い作品だから…

全くです

KLYさん、こんにちは。返事が遅くなってしまい、すいません。

「夏だし一本くらい子供に見せようか」ってなった場合、常日頃から親しまれてる、信用のあるブランドが強いのは
仕方ないんですけどねえ。

春日さん自身は頑張ってプロモーションしてくれたんでしょうけど
作品とタレントさん、両方にとってマイナスにしかならなかった気がします。

聞くところによると、「特攻野郎Aチーム」のプロモーションも日本版Aチームと銘打って、芸能人の方々を集めてイベントしたとか・・・・・。
威勢の良い男性好みのアクションムービーであるとか作品そのものにスポットを当てた方が
ずっとアピールになる気がするんですが.....オリジナルのドラマのファンの方々もたくさんいるでしょうし。

洋画の人気が薄いと言われる昨今ですが、面白い映画もたくさんあるのに、わざと的外れな宣伝して
ポテンシャル潰してませんか、なんて穿った見方もしてしまいます。

No title

こんちは。TB辿ってきました。
でもまだ、今の時点で上映が終わっていない事自体が善戦している証拠じゃないでしょうか。「クレヨンしんちゃん大人帝国」が有名人に誉められてメジャー性を獲得したみたいな宣伝とは無関係の応援団がほしいですね。

こんばんは

ふじき78さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
見方を変えれば、興行的な苦戦が「いい映画なのに勿体無いなー」っていう心理を働かせて熱心なファンを生んでるのかもしれません。劣勢側に好んで助太刀する前田慶次の気持ちが分かります。そう思えばヒックとトゥースは慶次と松風の関係にも似てる。
まあ大ヒットであっても、いい映画に変わりないとは思いますが(笑)

自分はこの作品は大好きなんですが、いろんな方のブログを見てると、結構違和感を感じられてる方も
多いみたいですね。
最後のボスドラゴンの意図とか、「ペット」っていう台詞とか。
僕は「アバター」の方がよっぽど極端だと思ったけどな。

こんばんは

TBありがとうございました。

この作品はまさしくバーンズさんの言われる通り、夏の激戦区にのまれてあまり注目されづらかったので余計肩入れしているところが自分にはあるのですが、それを抜きにしても素晴らしい作品だと思います。

petという言葉とラスボスの扱い。
いろいろな意見をみましたが、そこに引っかかる人たちはわたしはちょっと問題にする部分がズレているように感じていました。
まず、北欧ヴァイキングの世界観。
それを日本の尺度で測っているのではないか。
闘いにおいては宗教観ともからみますけど、日本のような甘ちょろい環境で「暴力はいけないからやめましょう」「そうですね」なんていう世界ではないのですよね。
その中であえて、ヒックは違う方法で自分にできることをする。
そこも見どころなわけです。
ヒックはあの世界では異色な存在でしたが、日本にいたらそれほど異色でもないと思います。
でも見るべきは、その、自分が異色とされる世界の中で彼が自分にできることをやりぬく勇気や気概と思ってます。

ラスボスへの慈愛がない件。
もうDVDも購入して何度もみかえしましたが、ラストのラスボスとの対決は既に緊急事態です。
やられたらやりかえす、が正しいとはいいませんよ。
しかし、安全なところからそれを言っても響かないように、今まさにやられようとしている仲間を目の前に暴力はいけない、と説得しろと言うのか?と。
この辺はなんて日本らしい…危機感のない国に住んでる住人(わたしも含みます)っぽい感想だと感じました。
ラストに整合性はしっかりあると思います。

ペットの件も、批判する方は言葉だけに囚われていると感じますね。
本編見たら、そのペットと呼ぶトゥースを命をかけて助けている。相棒として扱っている。
この映画は冒頭とラストはまったく同じ構成でしめていて、
ペットとペスト(害虫・有害生物)をかけたただのシャレ。言葉遊び。
シニカルヴァイキングジョークでしょうね~。

じゃあ「ペット」じゃなくて「家族」と言葉だけで呼ぶ人々が、本当に飼っている犬や猫に命までかけるかといえば、そうじゃない人もいるでしょう。
言葉よりその行動をみろと。
ここにひっかかるのはいったい何をみてるのかなあ?本編ちゃんと見たのかな?と感じる次第です。

とても何回もうなずく感想で感嘆いたしました。
長文失礼しました。

No title

なんかこのアニメって好きすぎて感情の入れ込み方が半端無い人いますよね。
あのボス戦はああしないと子供向けの映画として「おちなかった」からというだけだと思いますけど。

しかし実際にはヒックが助けたトゥースレスもけっこう殺しまくっていますし、見た目がボスみたかったら、おそらく処分されていたようにも・・・(汗

No title

おくやぷさん、こんにちは。

この作品は北欧のヴァイキングが主人公ということで
キリスト教国ともまた違う価値観を、製作陣は色々勉強して作品づくりに投影したと思いますよ。

色々な方のブログを読んでるとペットという台詞やラスボスの扱い、そしてドラゴンの今後(人間との共存)に
一言ある人は「日本人の感覚では」「日本とは違う」「宮崎作品などの日本アニメに親しんでいる者からすると」とかなりの確率で書いてます。
まあ人がどういう感想を抱こうと自由で、つべこべ言う資格などないですが
でも、そんなに異質でもないと思うんですよね。

こちらこそコメントありがとうございました。

No title

ゴーダイさん、こんにちは。

いざ読み返してみたら、熱く書いてますね、自分(笑)
でもいいです、好きな作品だから。

昨今、アニメーションのほうが熱心なファンがつきやすいんですかね。

どんなに優れた作品にもイマイチと思う人がいるでしょうし逆もまたあります。
僕は日本の宝のような扱いの宮崎駿の作品なんかも見ていて「どうなんだろう?」と感じる部分はあるんです。

こんにちは

度々すいません。

>昨今、アニメーションのほうが熱心なファンがつきやすいんですかね。

興味深いです。アニメと漫画ってテーマやメッセージがシンプルで抽象化されているからなのでしょうか?とにかく日本では好きな人多いですよね。

>僕は日本の宝のような扱いの宮崎駿の作品なんかも見ていて「どうなんだろう?」と感じる部分はあるんです。

私も同感ですが・・・

ラスボスペット議論は記事公開当時、私も意図しないほどに盛り上がってしまいましたが・・・
これは見ている視点そのものが人によって違うからイマイチかみ合わないのかと。
私が思うに、熱心なファンは作中(世界観、キャラクター)に感情移入してしまい、ドライな評論家は作品の外から作り手のメンタリティやストーリー構造を考えるんですよね。

とりあえず動物愛護や生態系保護を訴えている映画ではないですね。そうやって見るとどう考えてもプロットが矛盾しますから。
私も記事でかいたのですが、おそらくそれほど深いテーマ性はないんじゃないかと。皆なんだかんだ言って好きすぎて深読みしているんですね。

Re: こんにちは

>とにかく日本では好きな人多いですよね。
アニメ大国と呼ばれるくらいですしね。ファミリーで見れる作品もあれば
コアなファンに支持される作品もありますし。

>とりあえず動物愛護や生態系保護を訴えている映画ではないですね
テーマは言ってみれば相互理解....でしょうか?
ドラゴンと人間の和解は親愛の情ではなく利害一致によるものだという見方も出来そうです。
現実的でドライかもしれませんが、うそ臭くなるよりはいいのではないかと。

> 私も記事でかいたのですが、おそらくそれほど深いテーマ性はないんじゃないかと。
皆なんだかんだ言って好きすぎて深読みしているんですね。

深読みといえば「インセプション」は色々議論や解釈がされたようで、すごい支持がありましたね。
それだけ多くの人を魅了したのは素晴らしいと思いますが
でもアホの僕はあの作品の内容て、とどのつまりは「過去を乗り越えて前に進め」
それ以外に何があるんだろうと思ってしまいました。
僕は「インセプション」はまあまあ楽しみましたが、ノーラン監督嫌いは相変わらずです。

劇場でみたかった

バーンズさんこんにちは
バーンズさんのところは震災の被害はないですか?
こちらは九州なのでほとんどないですけど
ガソリン規制がはじまりました

最後の最後にペットという言葉を聞いて少し残念だったんですけど
いい意味のシャレ要素もあったのかなとバーンズさんの記事をよんでわかりました
実際ペットは友達で家族だからそれでもいいんだけどね

実写じゃないかと思うような、風景のCGは素晴らしかったし
アニメーション技術と
特に変わり映えのしないストーリーを丁寧に流れをつけて動かしていったあたり
評価される作品だと思うな
日本人にはキャラクターがかわいくなく見える気がするけど
トゥースはかわいかったけどね、ヒックが「かわいくないーーー」
と言ってうちの娘は観ませんでした
もしかしたら、子供はこれ観ても感動とかしなかったかもしれないなぁ
と思ったりもする

No title

雨里さん、こんばんは。
北海道某市も結構揺れたんですが、それ以降は無かったですね。
余震もほとんど感じませんでした。ただ規制は始まってます、こっちでも。
何か一言書かなければとも思いましたが、どうにもうまく書けそうにないので
それならばそのままブログを続けようと思った次第です。
被災者の方々への祈りは心の中でしつつ

映像は3Dメガネでも裸眼でも違和感ないように計算されてましたし、
ストーリーのほうも何回も見たようなものでも作り手の心意気次第でまだまだおもしろく見せれるんだということを知らしめたと思う 「ヒックとドラゴン」
やっぱり「ペット」って台詞が癪に障る人はたくさんいるようで
仕方ないかなとも思いますが、
ぼくとしては、障害を負っても全く苦にせず未来に向かうヒックの姿も見て欲しいですね。

キャラは他のDW作品に比べればアクは強くないと思います(笑)
ピクサーの「トイストーリー」でさえ一作目の人間キャラ、ひどかったなあ

No title

バーンズさん、こんばんは。

↑のRIDE THE DRAGONを聴きながらコメントを書いてます。
ホントにドラゴンに乗っているかのような疾走感あふれるサウンドですね♪

あ、そうそう、肝心の映画の方ですがおもしろかったです!
ペットがごろ合わせっていうのは初めて知りました。
私は何とも思わなかったんです。
っていうか、観てる間あんなペットが欲しい!
ドラゴンに乗ってみた~い!!と密かに思っていたので・・・(^^;
そんな論争が繰り広げられていたんですね。


それと、ギャラが安くててっとり早く話題が取れるのかもしれませんが、
いいかげんに芸人を映画の宣伝に使うのはやめてほしいですよね。

Re: No title

マミイさん、こんにちは

RIDE THE DRAGON に言及してくださったのはマミイさんが初めてです。
ありがとうございます!
続編企画中(三部作の予定らしい)だけど
成長したらヒックもこういうノリのドラゴンライダーになるんでしょうか......
それはそれでちょっと見たいかも(笑)

賞を取ったわけでもなく、題材が日本人に馴染み深くもない
そういう娯楽映画をアピールするのって難しいですが、
でも、こういう宣伝方法ってプラスになった例はほとんど無い気がします。

次は「アベンジャーズ」が犠牲になりそうな悪寒...
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。