スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パブリック・エネミーズ

パブリック・エネミーズ / PUBLIC ENEMIES

現在ハリウッドにおいて人気、評価ともに最高峰のスター、ジョニー・デップ主演
男の世界をコダワリある演出で描き続け、熱狂的なファンの多いマイケル・マン監督

という組み合わせながら、ネットのレビューをザッと斜め読みしてみると何だか評判はイマヒトツ?!
どんなもんかなーと思いつつ見ました。



2009年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作

監督・製作・脚本:マイケル・マン
製作:ケヴィン・ミッシャー
原作:ブライアン・バーロウ
撮影:ダンテ・スピノッティ
美術:ネイサン・クロウリー
衣装:コリーン・アトウッド
編集:ポール・ルベル
    ジェフリー・フォード
音楽:エリオット・ゴールデンサル

出演:ジョニー・デップ クリスチャン・ベール マリオン・コティヤール ビリー・クラダップ
    デヴィッド・ウェンハム スティーブン・ドーフ スティーブン・ラング

普通におもしろかったです。ちょっとサッパリ風味でしたが
マン監督は世紀の超大作というよりは(ただマン監督によるSF大作というのも見てみたくはあります。)
ちょっとこじんまりした日常の中で展開するアクション・サスペンスを得意とする印象があるので
アッサリした感じもこの監督ならではかなと思いました。

ただ冒頭の脱走場面は、デリンジャーが強盗として頭角を現してどのくらいの時期なのかが
疑問でした。最初は時制を入れ替えてるのかなと思いましたが、そうでもないみたいだし。
デリンジャーの若い頃とか、どういう経緯で強盗になったのかというビギニングが描かれてたら
もっとわかりやすくなったと思うけど、それはマン監督のスタイルではないんでしょうね。
わからないことや疑問点はググレカスってなもんでしょうな。

僕はこの監督の大ファンではありませんが、「ヒート」「インサイダー」「アリ」「コラテラル」
「マイアミ・バイス」は見ました。それらを見て感じたのはいかにシンプルな描写でキャラクターを伝えるか
ということでした。人物描写が雑とか極端に説明不足だということではなく、必要以上のことは描かず
雰囲気や役者の演技力で、自然に観客に理解させるというのがマイケル・マン監督だと思うんです。
ただ「ヒート」「インサイダー」の演技合戦から比べると、今回のデップとベールはちょっと落ち着いてるな
という印象はありました。もちろん前出の作品の出演陣と比べて、この二人が劣ってるわけではありません。

実は僕、「レオン」より「コラテラル」の方が好きです。
「レオン」も好きな作品ではありますが殺し屋だけど根は純粋とか美少女との純愛とか・・・ファンタジー過ぎませんか?
過ぎませんよね、そうですよね、すいません。
「コラテラル」のトム・クルーズ演じるヴィンセントはとことん冷酷な殺し屋で、ちょっといい人かなー
っと思わせつつやっぱり冷酷な人だったように思いますが、最後に地下鉄で撃たれてさ
(わざと撃たれたように思えるんですが)。今まで一杯殺してきたんだし当然の報いなんだろうけど
変に悪あがきもせず、孤独に潔く死んでいく。そのあたりにアウトローの美学を感じたなあ。
「ヒート」のロバート・デ・ニーロも今回のジョニー・デップも潔さと言う点で共通している。
最後の映画館でのクライマックスは間違いなく、二挺拳銃を撃ちつくして全身に銃弾を浴びて~っていう
壮絶な修羅場になるだろうと思っていたから正直物足りなさを感じた。
が、史実を変に脚色するわけにはいかない。
ジョン・デリンジャー wiki 正直ジョニー・デップとは全然似てないと思いますが、男前ですね。
ラスト近くで自ら敵の陣地に赴き、捕まったり殺された仲間の写真を眺めるデリンジャー。
皆逝っちまったんだなあ...加えて「男の世界」の中の台詞が決め手になったんだと思う。
「無駄に引き伸ばした人生に意味は無い」
多分、裏切りにも気づいてたんじゃないかな、少なくとも映画の中の彼には。
"すまない、ビリー。だがそろそろ潮時なんだよ" そんな心境だったんだと思う。

そういえばナタリー・ポートマンは「レオン」と「ヒート」両方に出てるんだな。結構凄い。
「コラテラル」ではチョイ役、端役でジェイソン・ステイサムやハヴィエル・バルデムを使ったり
豪華キャストを使うのもこの監督の特徴。やっぱり監督の世界観に惹かれて小さな役でも
引き受けたりするんでしょうか。あとは人柄とか人望もあるのかも。
今回も冒頭で射殺される「G.I.ジョー」のチャニング・テイタムとか、女性検事役(捜査官役だったっけ?)で
登場する個性派女優リリ・テイラー、最後辺りでいきなり登場するリリー・ソビエスキーなど
「17歳の肖像」のキャリー・マリガンも出てたのはここ見て初めて知りました。見てる間は全く気付きませんでしたけど。

あとマイケル・マンを語る上で外せないのがガンアクション!
銃撃戦の描写と言えば東のジョン・ウー、西のマイケル・マンと言われるほど(ソース不明)ですが
ターンや宙返りしながら撃つといった劇画のようなジョン・ウー監督の演出とは違い
マン監督はあくまでリアル。銃の台尻をがっちり肩に当てて、しっかり足を地面に付け
車や木陰に身を隠しつつ、撃つ。一見地味かもしれませんが、これが画面ではビシッと決まるんですねえ。
また役者の方々もきちんと訓練受けて演技しているというのがド素人の僕にもわかるくらいなんです。
ここでも書かれていますが、とにかくディティールは追求するんですよね
box office mojoを見ると製作費一億ドルもかかってて、本当に超大作って感じはしないんだけど
当時の風俗や街並みを惜しみなく再現しようとするとこれ以上かかるのかもしれんなあ。
興行成績は9000万ドル超。大ヒットと言うわけではないけど、ここまでいくのは現在のジョニーならでは。
他の俳優じゃもっと低いだろうなあ...

僕はジョン・ウー監督への興味や期待は今や全く無いですが
マイケル・マン監督はこれからも頑張っていただきたいです。興行的にヒット連発ではないので
次回作とかなかなか決まりづらいかもしれませんが.....そういえばスタイリッシュな映像、
ディティールへの拘り、男の戦いという題材を好む・・・・・リドリー・スコットと似てませんか?

吹き替えについて
ジョニー・デップをほとんど吹き替えてる平田広明さんが今回も担当してますが
個人的には東地宏樹・森川智之両名が出てるのが嬉しかった。
東地さんはクリスチャン・ベール役です。TV版「バットマンビギンズ」、「プレステージ」、今回の「パブリック・エネミーズ」
と三度ベールを演じてます
このお方は、ウィル・スミスを吹き替えることが多いです。あとは「プリズン・ブレイク」のマイケルとか
「アバター」の主人公とか「レッドクリフ」諸葛亮孔明とかが有名ですかねー。アニメ方面は詳しくないですが
洋画の吹き替えでは今一番、出演の多い人では。またいい声してんすよ、この人が。

森川智之さんはビリー・クラダップ役。この人もトム・クルーズ(トムの吹き替えをしていた鈴置洋孝さんが06年に
逝去されたのでそれを引き継いだ)、キアヌ・リーヴス、ブラッド・ピット、ブレンダン・フレイザー、
ポール・ウォーカー、ヒース・レジャーetc...と二枚目俳優をたくさん吹き替えてます。
ところで森川さんがユアン・マクレガーを吹き替えなくなったのは
大人の事情かなんかですか?平田広明さんのユアンが駄目だというわけではないんです。
森川さんのユアンが好きなんです。でも平田さんと森川さんって同じ役者をあてること多いなあ。
ユアンの他にもジュード・ロウとかホアキン・フェニックスとかジョシュ・ハートネットとか。

それにしても何故か声優は”さん”付けで書いてしまう、我ながら不思議。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「パブリック・エネミーズ」

映画『パブリック・エネミーズ』オリジナル・サウンドトラック「パブリック・エネミーズ」を鑑賞してきました大恐慌時代に義賊的な振る舞いとカリスマ性で民衆に支持された伝説のギ...

『パブリック・エネミーズ』

  パブリック・エネミーズ Public Enemies   出演:ジョニー・デップ クリスチャン・ベイル マリオン・コティヤール 監督:マイケル...

『パブリック・エネミーズ』

バイバイ、ブラックバード。このセリフが『男の世界』の奥深さを静かに物語る映画でした。やはりマイケル・マン監督が描く「男たちの世界」は相変わらず渋くて格好いいです。そして「漢の世界」に到達できる「男」はごく一部だと諭しているようなあのラストも、静かで格好...

パブリック・エネミーズ

 『大胆不敵な銀行強盗 奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。』  コチラの「パブリック・エネミーズ」は、1930年代の大恐慌時代、己の美学を貫き通した伝説の銀行強盗ジョン・デリンジャーをジョニー・デップが演じる12/12公開のバイオグラフィー・サスペ...

パブリック・エネミーズ/ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル

1930年代の大恐慌時代のアメリカに実在した伝説のアウトロー、ジョン・デリンジャーを描いた作品です。ジョン・デリンジャーの話はこれまでにも映画化されたことがあるそうなんですが、いずれもだいぶ昔の作品のようですね。私は初めて知る名前だったのでちょっと調べてみ...

パブリック・エネミーズ (2009) PUBLIC ENEMIES 141分

 時代に取り残された男達・・・

パブリック・エネミーズ

2009年12月20日(日) 16:15~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『パブリック・エネミーズ』公式サイト 近頃公開されたヴァンサン・カッセルの演じたフランスの大衆の敵ジャック・メスリ...

★「パブリック・エネミーズ」

週末ナイトショウを観に「TOHOシネマズららぽーと横浜」に行ってきました。 夜中だっていうのに激混みだったよーー。 ツイッター見てて、朝の回から満員御礼の劇場が続出だって聞いてた、 「One Peace」のお客だったのね。

パブリック・エネミーズ

ちょっと風邪引いちゃったんだけど、、、ジョニーに会いたくって朝一で鑑賞【story】鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)。利益を独り占めする銀行を襲撃する大胆不敵な犯罪行為?...

パブリック・エネミーズ [映画]

原題:PUBLIC ENEMIES公開:2009/12/12製作国:アメリカ上映時間:141分監督:マイケル・マン出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール、ビリー・クラダップ、スティーヴン・ドーフ、スティーヴン・ラング奪うのは、汚れた金愛したのは、た?...

パブリック・エネミーズ

硬派骨太なマイケル・マン監督が1930年代、全米にその名を轟かせた伝説の実在した銀行強盗デリンジャーの実話を描いている。 単なるギャング・アクションとはまったく違う。ジョニー・デップがそこで演じてみせるのは、己のポリシーを貫き通した一人の男の生き様であ...

パブリック・エネミーズ

たまにしか見られない正統派2枚目のジョニーが たまら~ん 淡々と出来事を綴り、1人の男の生き様を描き出しています。 だけど割とオーソ...

パブリック・エネミーズ

公式サイト。マイケル・マン監督、ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール。実在の銀行強盗ジョン・デリンジャー(左)はこれまでも何度も映画で取り上げられた大恐慌時代の、「俺たちに明日はない」のボニーとクライドと並ぶ伝説的ギャング。

パブリック・エネミーズ

奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。 【感想】 久々にジョニー・デップ出演作を劇場で鑑賞しました。 大恐慌時代に義賊的...

パブリック・エネミーズ

アメリカの伝説のギャング、社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と言われたジョン・デリンジャーをテーマにしたクライムドラマ。主演は米ピープル誌で2009年最もセクシーな男性に選ばれたジョニー・デップ。共演に『ターミネーター4』のクリスチャン・ベイル、『エ...

パブリック・エネミーズ 【雑な時代 銀行強盗 FBI】

『パブリック・エネミーズ』 PUBLIC ENEMIES 2009年・アメリカ 1930年代前半の銀行強盗ジョン・デリンジャーの実話を基に映画化。  アメリカは...

No762 パブリック・エネミーズ 2010年116

パブリック・エネミーズ PUBLIC ENEMIES (2009) ブルーレイ Review ブルーレイそして暗闇で観た。銃声がリアルで伴う発光が鮮明で力を感じま...

■1.パブリック・エネミーズ

’09年、アメリカ原題:Public Enemies監督:マイケル・マン製作:ケビン・ミッシャー、マイケル・マン製作総指揮:G・マック・ブラウン、ジェーン・ローゼンタール原作:ブライアン・バーロウ脚本:ロナン・ベネット、マイケル・マン、アン・ビダーマン、撮影:ダン...

パブリック・エネミーズ

奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。 原題 Public Enemies 上映時間 2時間21分 原作 ブライアン・バーロウ 監督 マイケル・マン 出演 ジョニー・デップ/クリスチャン・ベール/マリオン・コティヤール/ビリー・クラダップ/スティーブン・ドーフ/スティーブン...

パブリック・エネミーズ

監督はマイケル・マン。 主人公で実在の人物である、 ジョン・デリンジャーにはジョニー・デップ。 彼を追うFBI支局長は クリスチャン・ベイルが演じています。 デリンジャーとの愛を誓う女 ビリーにはマリオン・コティヤールが出演 。 スピーディな手口で銀...

『パブリック・エネミーズ』・・・ ※ネタバレ有

2009年:アメリカ映画、マイケル・マン監督、ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール共演。 ≪ジャパンプレミア中継&独占先行上映会にて観賞≫

パブリック・エネミーズ

 『パブリック・エネミーズ』を日比谷のTOHOスカラ座で見ました。  『チャーリーとチョコレート工場』や『スウィーニー・トッド』など映画ごとに全く違った顔を見せるジョニー・デップが、今度はどんな顔を見せてくれるのだろうという期待で映画館に出かけてみまし...

パブリック・エネミーズ

大恐慌下。“社会の敵”と呼ばれた男。

パブリックエネミーズ

ここでは何度も書いているのですが、ワタクシはジョニーデップが好きではないので、この作品は見に行くつもりはなかったのですが、前売鑑賞券が当たったので見に行ってきました。マイケルマン監督って「インサイダー」は面白かったと思うんですが、「ヒート」とか「コラテ...

パブリック・エネミーズ

上がった期待値に応えてくれる終盤が良い!!  

伝説の男となる所以。『パブリック・エネミーズ』

大恐慌時代のアメリカに実在した銀行強盗犯ジョン・デリンジャーを描いた作品です。

パブリック・エネミーズ

『パブリック・エネミーズ』---Public Enemy---2009年(アメリカ)監督:マイケル・マン出演: ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール 、ビリー・クラダップ大恐慌時代に義賊的な振る舞いとカリスマ性で民衆に支持された伝説のギャン...

映画:パブリックエネミーズ PUBLIC ENEMIES デップ+マイケル・マン=無性にカッコよすぎ

我ながらドバイばっかりでゲップが出てきた(だいたい仕事で行ってるし) ので、機内映画だったコレを紹介。 この映画、まずはデップ。 (クリスチャン・ベールもがんばっているのだが、役的にかなわない) そして、監督・脚本・製作のマイケル・マンの2人に尽きるだろ...

男の世界~『パブリック・エネミーズ』

 PUBLIC ENEMIES  1933年、大恐慌時代のアメリカ。中西部インディアナ州の刑務所に、仮釈放 中のジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)が連行される。仲間と共に脱獄した デリンジャーは、...

パブリック・エネミーズ

 原題:PUBLIC ENEMIES パブリック エネミ―ズとは社会の敵、NO1という意味。 奪うのは、汚れた金愛したのは、たった一人の女。 12月12日の夕方、東宝シネマズ二条へ・・・・。実は「ジュリ―&ジュリア」を鑑賞する予定だった。ところが予告篇が途中切...

パブリック・エネミーズ

これはこれで大いに楽しめました。ジョニーデップはこういう役の方が好きなので、その点も評価したいです。。。まぁ妥当な配役を選ぶならニコラスケイジだとは思いますが。製作総 ...

[遅ればせながら、映画『パブリック・エネミーズ』を観た]

☆もうすぐ公開が終了してしまいそうだったので、いまいち、気分が乗らなかったのだが、『パブリック・エネミーズ』を観に行く。  何で気分が乗らなかったかと言うと、何となく雰囲気的に『ジェシー・ジェームズの暗殺』っぽい雰囲気があって、  『ジェシー・・・』は...

パブリック・エネミーズ

評価:★★★★[4/5]甘め 俺の好きなもの、野球、映画、高級服、速い車、そして君。

「パブリック・エネミーズ」感想

 ところで、↑のパンフを買った時からこのジョニデが誰かに似てる気がしていたが、ようやく思い出した。 そうだ、唐橋くんだ!!「シンケンジャー」で十臓役やってる唐橋充くん。...

パブリック・エネミーズ/Public Enemies

予告編が面白そうで、楽しみにしていた作品。 公開日に観てるんだけど、感想が遅くなってしまった^^; (C) 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. 【ストーリー】 1930年代前半のアメリカ。

パブリック・エネミーズ

大恐慌時代にアメリカに実在した伝説のギャング、ジョン・デリンジャーの 人生を描いたドラマ。 ジョン・デリンジャーがエドガー・フーバー率いるFBI捜査チームとの 攻防を軸に、恋人ビリーとのロマンスもからめて描く。 主演のジョン・デリンジャーにはジョニー・デ…

パブリック・エネミーズ

パブリック・エネミーズ’09:米◆原題:PUBLIC ENEMIES ◆監督: マイケル・マン「マイアミ・バイス」「コラテラル」「ヒート」◆出演: ジョニー・デップ 、 クリスチャン・ベイル 、 マ ...

パブリック・エネミーズ

PUBLIC ENEMIES 2009年:アメリカ 原作:ブライアン・バーロウ 監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベール、マリオン・コティヤール、ビリー・クラダップ、 ...

「パブリック エネミーズ」 世界一セクシーな強盗

もう、とにかくため息つきまくり♪ だって、普段は見ることのなかったジョニーのうなじが見れちゃうんだよ!! しかも、いつだって乱れ髪のジョニーが、きちんとセットしていて、そしてその髪がハラリと乱れて・・・・きゃ~~ぁああああ!! え?内容?・・・・・・・...

パブリック・エネミーズ

Public Enemies(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ/クリスチャン・ベール/マリオン・コティヤール/ビリー・クラダップ/スティーブン・ドーフ/スティーブン・ラング/ジョバンニ・リビシ/ロリー・コクレイン 奪うのは、...

パブリック・エネミーズ

1933年、大恐慌時代のアメリカ。 汚い金が眠る銀行を標的にする強盗、ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)は、社会から注目を集めていた。 ある日、ビリー・フレシェット(マリオン・コティヤール)...

パブリック・エネミーズ

1933年、大恐慌真っ只中のアメリカ。パブリックエネミー(社会の敵)潤・Pと言われた男ジョン・デリンジャーは、大胆な手口で次々と銀行を襲撃していた。業を煮やしたFBI ...

『パブリック・エネミーズ』

感想記事を書いていない映画が結構たまってきちゃいました。 もうちょっとコンスタントに更新しないとダメだなーと実感中。 今日は先日観たジョニー・デップ主演の『パブリック・エネミーズ』の感想を~♪ ******************** 大恐慌時代に義賊的な振る舞いとカ...

【パブリック・エネミーズ】

監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール 奪うのは、汚れた金    愛したのは、たった一人の女。 「1930年代アメリカ、銀行強盗と脱獄を繰返すギャングのジョン・デリンジャー。 不当な利益を得る銀行

09-352「パブリック・エネミーズ」(アメリカ)

バイバイ、ブラックバード  大恐慌時代。貧困に苦しむ民衆は、汚い金が眠る銀行だけを標的に大胆不敵な手口で金を奪う世紀の銀行強盗、ジョン・デリンジャーに喝采を送っていた。  そんな中、神秘的な美女ビリー・フレシェットと出会い、一瞬で恋に落ちるデリンジャー...

コメントの投稿

非公開コメント

評判

こんばんは。

非常にすばらしいレビューですね~。
素直に負けたと思いました。

>わからないことや疑問点はググレカス

>必要以上のことは描かず雰囲気や役者の演技力で、
>自然に観客に理解させる

この辺がいいです。
銃撃戦のリアリティもたまりませんね。
ジョン・ウーのスタイルは、今ではちょっと恥ずかしいですが、
現実の命のやり取りに、古いも新しいもないですからね(笑)。

『コラテラル』のラストがわざと撃たれた、というのも面白いな。
自分でも、この解釈を検証してみようかな~。

『インセプション』は劇場で見る気はありませんか?
バーンズさんのレビューが読んでみたいかも。

こんばんは~

コラテラルは劇場で観たからなのか、凄く良かった記憶があります。
納得できる殺しのプロ、ジェイミーに甘いのが・・・
レオンは、リュック・ベッソン風味が強いですよね。
ニキータなんかも愛に溺れてたし。
ヒートはアルパチとデ・ニーロに痺れました!
で、この映画は凄みが不足かなと。。。(;´▽`A゛

ケンさんへ

こんにちは。褒めていただいて、ありがとうございます!
でも、まだまだケンさんの足元には及びませんよ。

もし、これが架空の犯罪者の話なら細かい説明も必要になるかと思いますが何せ実在の人ですしね。
最近の映画は説明しすぎだ!って人も多いけど、そういう方々にはマン監督の手法、受け入れやすいのでは。

ジョン・ウーは本当に大好きな監督だったはずなんですが・・・・・・。

実は僕、クリストファー・ノーラン監督が苦手なんですが「インセプション」は見たいです。
ちょっと個人的な都合で見れるのは今の時期、一本くらいなんですが(で、一番見たいのが「ヒックとドラゴン」)
ブログを続ける中で必ずレビューは書くと思います>「インセプション」 うまく書けるか自信無いですが
そういえば「ダークナイト」は「ヒート」の影響が濃いらしいですね。

hiroさんへ

こんにちは、コメントありがとうございました!

「コラテラル」のトムは何回かジェイミーに出し抜かれたけど(書類捨てられたりとか)最後まで殺さなかったよね。
まあ、一晩のうちに全部片付けて去らなきゃならないってことだったから移動手段が無いと困るという
こともあったんでしょうけど。

デップもベールも申し分ない実力派なのに「ヒート」に比べると物足りなく見えるのはそれだけあの映画の完成度が
高かったってことでしょうかね。パチーノもデ・ニーロも監督の演出も完璧に収まって、足りない部分も余分な部分も無い。
でも初めて見たときは12歳くらいの小僧だったから(今でもそうですが)
その時はよくわからない映画でもありました>「ヒート」

こんにちは!

バーンズさんは、監督の事から銃の撃ち方、
声優の事まで 幅広く詳しいですね~!

バーンズさんが挙げているマイケル・マン監督作品は
「アリ」以外は全部観てました。
自分では気が付かなかったけどマイケル・マンの男の世界が好きかも。
バーンズさんの書いている通り、どの作品も
シンプルな描写になっていて、冗舌ではないですね。

その中でも「コラテラル」は一番好きです。
アウトローの美学もあったし、男同士の心の触れ合いも良かった。
私も彼はわざと撃たれたと思いましたよ。
この作品ではドラマを感じて心を揺さぶられたけど、
「パブリック・・・」には、それがなかったんですよね~(^^;

こんにちわ♪

ども~、バーンズさん!

ここまで掘り下げたバーンズさんの感想、マン監督も納得してるんじゃないでしょうか~☆

マイケル・マン監督の作品はみんな骨太なので華やかさはないものの、
“男の美学”はしっかりと表現されてると思います。
『ラスト・オブ・モヒカン』などもそんな感じかな。

巷の評価はそれほど高くない作品になりましたが、
ジョニーにピッタリな内容だったと思います。

YANさんへ

こんにちは~

僕は元々、TV放映から映画が好きになったので、この役者の吹き替えをするのはこの人、ていうのは割と意識してます。
エディ・マーフィ=山寺宏一さんとか。
今はDVDを買ったら原語・吹き替え、両方見るようにしてます。
でもジャッキー・チェンだけは吹き替えで見ちゃいますね。

個人的にマン監督の作品で一番駄目だったのが「アリ」です。で、「マイアミ・バイス」もイマイチだったんで
「PE」で持ち直したかなって感じです。

「コラテラル」は魅力のある小品ですね。バイオレンスアクションだけど映像も清潔感があるし。

猫人さんへ

はい、こんにちは♪コメントありがとうございます!

そういえば、「ラスト・オブ・モヒカン」は見てませんでした!
マン監督と言えば「インサイダー」もいいです。この作品でのラッセル・クロウはアウトローでも何でもない
普通のオジサンだけど、会社の不正を告発する姿はやっぱり男!

そろそろジョニー・デップとラッセル・クロウの共演というのも見てみたいんですが
いつか実現するんでしょうか。

おろろ?

評判イマイチです?
私はちょっと批判的な自分がむしろ圧倒的に少数派だと思ってました。^^;
もっとも、ジョニーのあまりの格好良さにはもう男でありながらまいりました
けどね~。あの目を見せられたら世の女性はほっとかないですよね。(笑)

KLYさんへ

こんばんは。

ルックスが一番カッコイイと思ったのは「スリーピーホロウ」かなあ
奇天烈キャラからハードボイルドまで、ジョニーの演技力の幅広さは凄いですね。

でも僕が好きなのはラッセル♪ (キメェーw)
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。