スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドリューNDR114

アンドリューNDR114 / BICENTENNIAL MAN

1999年 アメリカ映画 コロンビア&タッチストーン製作

監督:クリス・コロンバス
原作:アイザック・アシモフ
脚本:ニコラス・カザン
衣装: ジョセフ・G・アウリシ
撮影:フィル・メヒュー
プロダクションデザイン:ノーマン・レイノルズ
編集:ニコラス・デ・トス ニール・トラヴィス
音楽: ジェームズ・ホーナー

出演:ロビン・ウィリアムズ エンベス・ダヴィッツ サム・ニール オリヴァー・プラット




「フック」に続き、ロビン・ウィリアムズ主演作を見ました。

監督はクリス・コロンバス。
「ホーム・アローン」やロビンとの最初のコンビ作である「ミセス・ダウト」
初期の「ハリー・ポッター」に「パーシー・ジャクソン」、去年公開した「ピクセル」など
家族で楽しめるコメディや冒険ファンタジーの第一人者です

原作はアイザック・アシモフの"バイセンテニアル・マン(訳は200周年の男)"
有名な人ですが、僕は漠然とした知らず、
本も書く科学者だと思ってたのですが実際は逆で科学に精通した小説家だったのですね。

ロビンは好きな俳優だし、SF映画も好きなのに
この作品、今の今まで一回も見たことがありませんでした。
なので、16年前の作品でも、とても新鮮な印象でした

舞台は(製作当時は近未来だった)2005年のアメリカ。
裕福なマーティン家の主リチャードはロボットを購入します
アンドリューと名付けられた、そのロボットは家事をこなす傍ら、家族と接するうちに
喜怒哀楽に目覚め、人間になりたいと願うようになる.....

SFドラマですが、サイバー系の本格的なものではなく
童話というか寓話というか、そういう柔らかい印象を受けましたね。

「A.I.」のようなロボット狩りの場面もなかったので、お茶の間で見ても安心。

タイトルに200年とある通り、人間とは何かを、200年間かけて探求し模索するロボットの物語。
結末は大体予想がつきますが、それでも感動的。

永久に生きられる電子回路の脳を捨ててまで、限りある命を選ぶアンドリュー。

不老不死のキャラクターはしばしば映画に登場しますが
大体が苦悩や悲しみを抱えていたり、「終わりがあるから美しい」みたいなことを言ったりします。
生き生きとイモータルライフを楽しんでるタイプはあまり見ことありません。
レスタトくらいかな。

見ていて気になった点は

アンドリューが序盤から感情に目覚めてるように見える
お父さんと次女以外の家族がどうもアンドリューに冷たいような気がする

といった辺り。あと、「それから数十年後・・・」とか、展開がポンポンと飛んでいたこと。
決して短くはない映画ですが、200年の時の流れを収めるのに駆け足気味になるのは仕方ない。

音楽は昨年、飛行機事故で他界したジェームズ・ホーナー

キャリア一覧

第一線で活躍し続けた巨匠でしたが、
音楽家としてはいろいろと言われる人でもありました。

まず、自分の手掛けた過去のサントラからメロディを使いまわすこと。
「アンドリュー」の場合、オープニングの曲は「ビューティフル・マインド」そっくりだし
違う場面では「ブレイブハート」の一部分から、そのまま持ってきている。

YoutubeでJAMES HORNER SIMILAR とかで検索すると結構出てきます

メロやリズムがマンネリ化してしまった作曲家はホーナーだけではないのに、
ホーナーが特に指摘されたのは、アレンジの問題だろうか。

それから他人の曲をパ…もとい拝借しているのではないかという批判もあった。
クラシックのいろんなところから引っ張ってるとか
「スターリングラード」のテーマ曲は「シンドラーのリスト」そのものじゃないか、とか。

しかし、今思えば、それも彼の"味"でありましたね。

既存の曲に似ているという指摘は、言い方を変えれば
いろんな音楽を良く聞き、積極的(悪く言えば貪欲)に取り込もうとする姿勢があったから、
業界の大物になれたのだという見方もできますし
どの曲も同じに聞こえるというのも、それだけ自分のスタイルをもっているということ。
作品のジャンルが違っても曲を聞けば、「あ、これホーナーさんだ」ってわかるくらい特徴があった。

本作の他にも「ウィロー」「ミクロキッズ」「ジュマンジ」「フィールド・オブ・ドリームズ」など
ファンタジー映画も多く担当したジェームズ・ホーナー、彼もまた唯一無二の表現者でした。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンドリューNDR114

複雑な過程があってSEXって面倒ですね。 1999年(THE BICENTENNIAL MAN) 製作国:アメリカ 監督:クリス・コロンバス 製作:ウォルフガング・ペーターゼン 原作:アイザック・アシモフ 脚本:ニコラス・カザン 撮影:フィル・メヒュー amazon.co.jpで詳細を見る。 そう遠くな…

コメントの投稿

非公開コメント

レスタトで噴きました

確かに彼は人生を謳歌してました(笑)
もしかしたらルイのおかげもあったかも?

この作品はずっと前に観たんですが、どうにも同じ顔の相手に恋をする展開が受け付けなくて(他にも「めまい」とか)苦手な作品です。
バーンズさんが挙げている気になった点も、同じように感じました。

しかし、この作品を音楽を担当した方についてははじめて知りました。もしそれについて知っていたら、私もきっと批判する側だっただろうな…(汗)
それも持ち味と言えるバーンズさんを見習いたいです。

2作品目もご参加ありがとうございました!

Re: レスタトで噴きました

> 確かに彼は人生を謳歌してました(笑)
> もしかしたらルイのおかげもあったかも?

レスタトが出てくるもう一つの作品は見てませんが、そちらではロックスターになってるとか(笑)

> この作品はずっと前に観たんですが、どうにも同じ顔の相手に恋をする展開が受け付けなくて(他にも「めまい」とか)苦手な作品です。
> バーンズさんが挙げている気になった点も、同じように感じました。

他にはフィアンセとの婚約をやめてアンドリューを選んだヒロインですが
そのフィアンセのその後はどうなったのか、とか
ヒロインの父親もロボット嫌いなのにどう納得させたのか、とかモヤモヤした部分はありましたね
基本的にはいい映画だと思いますが


> しかし、この作品を音楽を担当した方についてははじめて知りました。もしそれについて知っていたら、私もきっと批判する側だっただろうな…(汗)
> それも持ち味と言えるバーンズさんを見習いたいです。

現在は創作物が無数にありますから、既存のものに似てるという指摘は増える一方でしょうね。
特に音楽が一番言われていると思います、小説や映画以上に。

日本では菅野よう子さんも結構批判されてるようですね。ちょっとショック


こんばんは。

こちらのロビン・ウィリアムズもよかったですね。
最初のロボットからして、似ていたのには思わず吹き出しそうになりましたが、基本的に彼が穏やかな顔立ちをしているからでしょうかね。(^^)

200周年の男…こういうタイトルがあったとは!(@@)
流石に、読めてしまいそうですね。

とにかく、人間に近づこう近づこうとしているアンドリューは観ていて引き込まれ、ラストはもう涙、涙でした。

トラックバックさせて頂きました。

Re: こんばんは。

こんばんは

> こちらのロビン・ウィリアムズもよかったですね。
> 最初のロボットからして、似ていたのには思わず吹き出しそうになりましたが、基本的に彼が穏やかな顔立ちをしているからでしょうかね。(^^)

特典メイキングではロビン自らロボットのパーツをつけて撮影してましたね
画面に写るとこだけロボットで、あとは普通の服装っていうのは何だかシュール

> 200周年の男…こういうタイトルがあったとは!(@@)
> 流石に、読めてしまいそうですね。

原題の「バイセンテニアルマン」そのままじゃよくわからないし
直訳だとすぐ落ちがわかるので、アルファベットと数字で化学っぽさを出した邦題は
なかなかうまいですね、残念な邦題も多いけど

プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。