ヴァン・ヘルシング

「ハムナプトラ」シリーズでヒットメーカーになったスティーブン・ソマーズ監督が
ドラキュラ伯爵の宿敵であるヴァン・ヘルシング教授にスポットを当てたSFXアクションアドヴェンチャー。
小説では60歳だった教授だがこの映画では不老不死の孤高のヒーローとなっており
世界征服を狙うドラキュラとの対決が繰り広げられていく。

ちょうど先日、日曜洋画劇場で放映していたしヒュー・ジャックマンのカテゴリーもつくりたかったので
こりゃちょうどイイや、ってわけで書きます。



ヴァン・ヘルシング / VAN HELSING
  
2004年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作 

監督・脚本:スティーブン・ソマーズ
撮影:アレン・ダヴィユー
美術:アラン・キャメロン
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演:ヒュー・ジャックマン ケイト・ベッキンセール デヴィッド・ウェンハム リチャード・ロクスバーグ

最初の放送時はヴィクトル・フランケンシュタイン博士の死や創造された怪物の失踪というオープニングが
がカットされてましたが、今回はさらにハイドとの対決もバッサリ。
いきなりヘルシングがバチカンに帰還する場面から始まります。

何だ、この編集。

とはいえ、録画したのを最後まで見ると初見の人でも話に違和感を感じることはまあ無いかなとは思った。

ヴァンパイア、狼男だけでなく、ジキルとハイド、フランケンシュタインまで盛り込み、
ストーリーに(ちょいと強引だけど)絡ませるあたり、監督のモンスターへの愛情を感じます。
ただ描き方はヨーロッパの伝承を感じさせる格調高いものではなく、ド派手でどこかコミカル
言ってみればアメコミの悪役みたいな印象なんで「こんなもん認めん!」っていうお方もいるかと思います。
ヴァチカンの教会の地下は秘密基地みたいになってて、チベット僧とかターバンを巻いた人が
一緒にいるとか美術も考証なんて無視。この部分で怒る人はいないと思いますが

ヘルシングはヒューの当たり役ウルヴァリンのイメージをそのまま引き継いでる印象だが
(脚本も書いてる監督がヒューを想定して書いたといっている)
かっこよく演じている。ただ最後は狼男に変身して戦うのはいただけない。
まあ、そういう展開だから役者は悪くないんですけどね。
ヘルシングは不老不死とはいえ超能力は持たない生身の男。
そんな彼がどうやってドラキュラを倒すのか?それを見せてほしかった。

ケイト・ベッキンセールはミラ・ジョヴォヴィッチと並んですっかりアクション女優のトップって感じです。
やっぱり「アンダーワールド」のヒットが大きいのかな。
個人的な好みはケイトですが、「ヴァンヘル」の中ではちょっとメイクが濃すぎませんか?
「アンダーワールド4」が出来るらしいけど、ケイトは帰ってくるのかな?

何とかドラキュラを倒したヘルシングだが、意外な悲劇が待っていた。
しかし散々叩きつけられて平気なアナ王女なのに、あれぐらいで何で・・・・・・・
悲劇を乗り越えるということが重要なんだよね!

恋人に先立たれる男を多く演じているのはメル・ギブソンですがヒューも相当なもんです。

「ヴァン・ヘルシング」以外にも

「X-MEN2」→惚れていたジーン・グレイが自ら犠牲に
「X-MEN3」→やむを得ずジーン・グレイの命を奪う
「プレステージ」→妻が事故死
「ファウンテン」→妻が脳腫瘍で亡くなる
「オーストラリア」→アボリジニの妻に先立たれた過去を語る
「ウルヴァリン」→恋人に裏切られる。再び共に生きようとした直後、彼女が死亡。

他にも何かあったかな。

ヘルシングは劇中でローマ帝国と戦った記憶が断片的にあり2~3000年
あるいはそれ以上生きているという壮大な背景がある。他にも500年にわたるドラキュラとの因縁とか
宿命といったキーワードが散りばめられており、一大サーガ作る気満々だったんだな、という
製作陣の意気込みを感じる。しかし、思ったよりヒットしなかったことから
続編の話は無くなり、ヘルシングの過去は結局うやむやになってしまった。

しかし、ここに来てこの企画が復活したとか。

『ホビット』を降板したギレルモ・デル・トロが吸血鬼ハンター映画を製作?

純粋な続編ではなく、主人公だけ同じで全く新しい映画にするということ?
ファンの多さも評価の高さもソマーズ<デル・トロだとは思うが、どうだろう。
ヘルシング役はもうヒューじゃないんでしょう?
いくら鬼才デル・トロが手掛けようが、それでいいってもんじゃねえんだ。
しかし今になって、何故ヴァン・ヘルシング?やっぱり「トワイライト」ブームの今だから?

ソマーズ監督は「ハムナプトラ」といい「ヴァン・ヘルシング」といい
よく言えば懐かしい、悪く言えばちょっとドン臭い感じの冒険活劇
がトレードマークですが、「G.I.ジョー」は近未来ものということもあって、
結構スタイリッシュな仕上がりになっていた。「G.I.ジョー」も結構楽しみましたが
個人的には秘法と伝説を題材にした映画をまた作ってほしいです。

最後に
ヒュー・ジャックマンを吹き替えているのは山寺宏一さんです。
山寺さんがヒューを吹き替えたのはコレだけだと思いますが、さすがに違和感ありません。
山寺さんの凄いところはどんな俳優を吹き替えてもピッタリ合うことです。
(トム・クルーズの吹き替えをする森川智之さんもそういう印象があります)
どんなに巧い声優と巧い役者の組み合わせでも全然あってねえよ、ってこともありますし。
ジョニー・デップやラッセル・クロウを演じる山寺さんってのもまだ聞いたこと無いんで
いつか聞いてみたいなあ。以上、吹き替え版も見るバーンズでした。

良ければご覧ください。
山寺宏一さんのインタビュー

他にもハリソン・フォード、メル・ギブソンの吹き替えでお馴染みの磯部勉さんのコメントもあります。
洋画への関心が薄くなってるらしい昨今、洋画を放送し続けてくれるこの番組はありがたい存在です。
最初の方でカットに文句言っちゃってすいません。
正直○ジの○レミアム・ステー○には見習ってほしい。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヴァン・ヘルシング No576  2009 153

ヴァン・ヘルシング VAN HELSING (2004) Review ドラキュラ,フランケンシュタイン,狼男,三拍子揃って迫力あります。アニメ怪物くん...

モンスター勢揃い!

ヴァン・ヘルシング 原題:VAN HELSING 製作2004年 アメリカ 監督:スティーブン・ソマーズ 脚本:スティーブン・ソマーズ 出演:ヒュー・ジャックマン、ケイト・ベッキンセイル、 リチャード・ロクスバーグ、デビッド・ウェンハム 前にも観た事があるんですが、実は…

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヒューの先立たれ遍歴には笑ってしまいました~
確かにそうですよね!
ソード・フィッシュでもだったら良かったのに。
そうなんですか~
ヒットしなかったのは意外です。
CG多様しすぎとかかな。
リターン・オブ・ヴァンヘルシングは、
相当まずそうなので手が伸びずにいますよ。

No title

今思い出した、「ソードフィッシュ」でも離婚した奥さん殺されてました。
ただこの奥さんは悪妻で、娘の親権を得るために裁判で争ってるって設定が確かあったので
悲壮感は無かったです。
やっぱり愛する人を亡くす、という構図じゃないと絵にならないってことでしょうか。
そんな理由で殺される女性もたまったもんじゃないよなあ(笑)。

No title

バーンズさん、こんばんは。
INDEXの存在にやっと気づきました。遅っ!
自分の鈍感さに愕然としています。
バチカンをバカチンと読み間違えるし、なんか一人でおかしな事になってます^^;

>ヘルシングはヒューの当たり役ウルヴァリンのイメージをそのまま引き継いでる印象
なるほど、確かにヒューにピッタリでしたね。
ヒュー以外のキャスティングが思い浮かびません。
よ~く考えると実はヴァン・ヘルシングって弱いんでは?と思いましたが、
観てる間はかっこいいなぁと思っていました。

>一大サーガ作る気満々だったんだな、
そうですよね。謎はすべて解明されなかったですよね。
終わり方はあからさまに続く・・・って感じではなかったので
モヤモヤしてしまいました。

No title

マミイさん、こんにちは

自分もINDEXの更新をたまに忘れたりします。
あと映画レビューしかリンクしてないので、それ以外の雑記とか
音楽ネタを探すのは我ながら不憫で、ちょっと変えようかなって考えてます

ウルヴァリンも最強設定のはずなんですが、それほどにも見えなかったりします.....

この映画に限らず続編作るはずだったんだなーって映画を見直すと
シリーズ化が実現しなかった現状にちょっと切なくなりますね
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。