スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストリート・ファイターズ

ストリート・ファイターズ / GREEN STREET 3 : NEVER BACK DOWN



2013年 アメリカ映画

監督: ジェームズ・ナン
製作: ジェームズ・ハリス
製作総指揮: サイモン・クロウ
脚本: ロニー・トンプソン
撮影: ジョナサン・アイレス
音楽: ポール・アーノルド

出演:スコット・アドキンス _ ケイシー・バーンフィールド _ ジョーイ・アンサー

かつてフーリガンチームのリーダーで凄腕のファイターだったダニーは今は堅気としてジムを細々と経営している。
弟のジョーイも兄の後を追うようにフーリガンのファイターになった。
そんなジョーイが地下試合で殺されてしまう。
真犯人を見つけるため、彼は再び戦いの世界に戻っていく。

某有名格闘ゲームとは関係ありません。
題名ではわかりづらいですがイライジャ・ウッドの「フーリガン」の続編です(ちなみに三作目)
しかし、つながりはないので、単品で見ても大丈夫
映画の中身はひたすら酒と喧嘩、それだけです。
アクションシーンは最高でも内容はいまいち...というか共感できない

結局ダニーはこれからどうしたいのか
弟の復讐は果たせたけど、その後もフーリガンとしてやってくの?
ジムの経営はどうするの、とか。

フーリガンそのものも、どうやっても親しみを抱ける存在ではないしね。個人的に。

あまり読んでないのでイメージだけで語って恐縮ですが
何となく日本の不良喧嘩漫画に近そうな気がします、この作品。

でも格闘シーンは最高なんです、ほんと。

別の映画の動画ですが



最近、よく聞く「アクションがキレッキレ」という表現、あまりというか全然好きではないんですが
これこそ、まさにそういうアクションではないでしょうか

当代随一の身体能力の持ち主ながらなかなかメジャーになれないアドキンス
「バットマンVSスーパーマン」でバットマンのオーディションを受けてたらしいけど
そこでバットマンに選ばれてたらなあ、とつくづく思う。
とはいえアクションスターとしては超一流でも
あの豪華キャストのなかでバットマン=スコット・アドキンスじゃ
一般客には、え?だれ?ってなるのは目に見えてる。

それとこの人、演技そのものは割と平凡というか、下手じゃないけど、特徴がない。
個性が薄いと言えるかもしれない。まぁ、あの足技や体技は十分すぎる個性だけど。
ともかくこのまま埋もれるには勿体ない、と思っていたら、なんと!

マーヴェルスタジオの新作に出演するとか。これは大チャンスですよ。
でも演じると噂されるアイアンフィストって金髪じゃなかったけ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。