イングロリアス・バスターズ 俺にゃ良さがわからねぇー

クエンティン・タランティーノ監督とブラッド・ピットが組んだ話題の戦争映画
「イングロリアス・バスターズ」を見ました!出来るだけ旧作料金(ここでは80円)
になってから借りるようにしてるけち臭い僕ですが、今回は早々とレンタル、いざ視聴!



2009年製作 アメリカ映画

監督・脚本:クエンティン・タランティーノ   出演:ブラッド・ピット
製作:ローレンス・ベンダー               メラニー・ローラン
撮影:ロバート・リチャードソン             クリストフ・ヴァルツ
衣装:アンナ・B・シェパード               ダイアン・クルーガー
美術:デヴィッド・ワスコ                 イーライ・ロス
編集:サリー・メンケ

まず僕はクエンティン・タランティーノ監督が苦手です。でも今回は評判が凄くいいし
見てみようという気になったんです。

実際、割と面白く見れました。見出しに良さがわからないって書いてはいますけど。
監督の以前の作品と思い出すのは、長~い会話。笑えるけど結局何が言いたいんだろうという。
それと比べると今回はストーリー上、必要なセリフを必要な分だけ喋るという印象を持った。
まあ、それでも十分長い方だとは思うが...

役者ではやっぱり大佐役のクリストフ・ヴァルツがダントツでしたね。
見る前はもっと極悪人を想像してたんだけど、どこかユーモラス(とはいえ相当な悪人だけどね)
でも、底知れず恐ろしい
このヴァルツって男優さんは初めて知ったけど、何となく寺島進に似てると思った。
で、“クリストフ・ヴァルツ 寺島進”で実際ググってみたら、そう思ってる人は結構いたみたいだ(笑)

ブラッド・ピットは今まで特別好きでもないし、興味もありませんでした。かっこいいとは思うけど、ねえ。
ですが、去年日曜の午後にTVで彼の映画が放映してたんですよ。多分「デビル」だったかな。
そんでもって、何となく見てたんですよ。したっけさ

かっけえぇぇぇ、ブラピかっけえぇぇぇえぇえええ

参りました。本当にありがとうございました。
でも、ファンになったわけではないんですがね。
ただ好き嫌いを抜きにしても
今回の「~バスターズ」、他にも「オーシャンズ」シリーズとか「スナッチ」
「バーン・アフター・リーディング」とオフビートな作風の作品に違和感なくハマるのは
ブラッドのひとつの強みだなと思いましたね。
(「ベンジャミン・バトン」「ファイト・クラブ」はまだ見てないんだ)
タランティーノ作品の中のラッセル・クロウなんてイマイチ想像できないし
タランティーノにトム・クルーズもこれまたしっくりこなさそう。

しかし、面白いと思ったし、出来がいいとも感じたのに何で良さがわからなかったのか

結局はタランティーノの演出に賛同できなかったということです。
クエンティン・タランティーノといえば劇画のよう暴力描写とブラックジョーク。
でもさあ。
やっぱり戦争映画を作るとしたら、平和とか命とか・・・・・月並みであってもメッセージ必要でしょ。
しかしこの作品は、第二次大戦を舞台に、自分の好きなことを好き放題やったという感じ
(まあその手腕は一流ではあるが・・・)
女性も容赦なく死ぬ銃撃戦とか丸腰のドイツ兵をバットで打ちのめすバスターズの姿に
戦争の狂気を投影していたのかもしませんが、そういう風にも見えなかったし。

最後、プレミア会場に居たドイツ人はヒトラー含め全員死に、ランダ大佐も思わぬ屈辱を受けた。
見た後は、イタリアってやっぱり敵討ちの国なのかなと思った。
(タランティーノはイタリア系アメリカ人)
復讐物語大好きの日本人がどうこう言えることじゃないけどさ。
映画は「痛快だろ?」って空気の中、エンド・クレジットに突入したが
胸には陰湿なネチッこさが残ったのだった。

僕は「ワルキューレ」の方が好きだな。

しかしこれってユニヴァーサル映画なのね。最初のロゴ見るまで知らなかった。
タランティーノがここまでメジャーな会社で撮るのって初めてでは。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イングロリアス・バスターズ

タランティーノ監督とブラピのタッグなので、 自分好みかもと想像してたのに、 残念ながら、あまり楽しめなかったなあ・・・(- -;) とても良...

イングロリアス・バスターズ

 『名誉なき野郎ども<イングロリアス・バスターズ>が映画界の常識をブチ壊す!』  コチラの「イングロリアス・バスターズ」は、当代きっての個性派監督の鬼才クエンティン・タランティーノが、当代きっての人気俳優のブラッド・ピットを主演に迎え、監督のキャリアの?...

イングロリアス・バスターズ

「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督最新作。主演はブラッド・ピット。共演に「ナショナル・トレジャー」シリーズのダイアン・クルガー、『PARIS(パリ)』のメラニー・ロラン、そしてこの作品でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞したクリストフ・ヴ...

イングロリアス・バスターズ

タランティーノ監督とブラピの映画、楽しみにしていたので公開日に観に行きました~が・・・・・感想が遅くなりました・・・・・だって、だって、、、【story】ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐?...

イングロリアス・バスターズ

プロパガンダ?  

イングロリアス・バスターズ [映画]

原題:INGLOURIOUS BASTERDS公開:2009/11/20製作国:アメリカ R15+上映時間:152分鑑賞日:2009/11/21監督:クエンティン・タランティーノ出演:ブラッド・ピット、マイク・マイヤーズ、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン悪名こそ、彼らの名...

イングロリアス・バスターズ/ブラッド・ピット

そういえば以前にロッテリアでも美味しくなかったら返金しますキャンペーンみたいなのをやってましたよね。情報番組で話題にしてもらったこともあってあれは宣伝効果はあったように思うんですけど、この映画の公開から4日間限定の「面白さタランかったら、返金しバスター?...

イングロリアス・バスターズ

名誉なき野郎どもの復讐が始まる!! 【感想】 タランティーノ×ブラッド・ピットの痛快娯楽アクションです~♪ ナチス占領下のフランス...

『イングロリアス・バスターズ』

まさに『パルプ・フィクション』の再来。そしてクエンティン・タランティーノ短編集5本立てといった感じの映画でした。 暴力描写よりもシンプルな会話劇にその真の面白さを持つQT作品らしさに加え、今作ではナチのランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツの魅力が満開...

【イングロリアス・バスターズ】★ブラッド...

すべてはプレミアの夜、明らかになる。イングロリアス・バスターズ HPその昔、ナチス占領下のフランスでひとりの少女が復讐を誓った。時を同じくして特殊部隊に【極秘命令】が下...

イングロリアス・バスターズ

2009年11月29日(日) 13:15~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『イングロリアス・バスターズ』公式サイト フリーパス鑑賞25本目。前回の記録を一本更新。おめでとう。 タラ公の新作。 公開から3日間は、つ...

★「イングロリアス・バスターズ」

今週の平日休みは、貯まってる鑑賞ポイントを使ってタダ観で2本。 その2本目。 タランティーノ監督作史上最高のヒット作となってるらしい本作・・・ ブラピが主演のヒトラー退治ものだけど・・・ 映画製作系のストーリーなところが、タラちゃんらしいのか???

No755 イングロリアス・バスターズ 2010年109

イングロリアス・バスターズ INGLOURIOUS BASTERDS (2009) Review さすがに糞映画だったら返金すると言い放っただけあって及第点以上の出来上が...

イングロリアス・バスターズ・・・・・評価額1650円

クエンティン・タランティーノと言えば、嘗て一世を風靡したサブカル系B級エンターテイメントを再解釈し、オマージュたっぷりに自分の世界の...

イングロリアス・バスターズ ▲173

'09年、アメリカ原題:Inglourious Basterds監督・脚本:クエンティン・タランティーノ製作:ローレンス・ベンダー、クエンティン・タランティーノ製作総指揮:エリカ・スタインバーグ、ロイド・フィリップ、ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン撮影:ロバ?...

『イングロリアス・バスターズ』'09・米

あらすじ1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナはランダ大佐の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン...

イングロリアス・バスターズ

タランティーノ節炸裂!でしょうね。久々に彼の作品を観たものの、たしかにこんな感じだったよな、と思い出しながら楽しんだというか。懐かしんだというか。コアのファンではない ...

『イングロリアス・バスターズ』・・・エキセントリックな男たち

タランティーノ監督作品には苦手意識があり、『キル・ビル』など有名どころも含めこれまできちんと観たことがない私。本作も当初は何事もなくスルーで終わるはずだった・・・のだが、劇場予告やら紹介番組を見ているうちに興味がわき、この「食わず嫌い」克服のきっかけに...

イングロリアス・バスターズ

 「イングロリアス・バスターズ」を銀座のTOHO日劇で見ました。  この映画は、前作の「デス・プルーフ」が大変面白かったQ.タランテーノ監督の最新作であり、また「ベンジャミン・バトン」で好演したブラッド・ピットが主演しており、さらには雑誌で特集されたり...

『イングロリアス・バスターズ』... ※ネタバレ有

2009年:アメリカ映画、クエンティン・タランティーノ監督&脚本、ブラッド・ピット主演。

イングロリアス・バスターズ

5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) いや~、気が付けばまたしても消化しきれてない記事がわんさかと・・・ てか、一体いつ見たんでしたっけねぇ、この作品。 取り敢えず、タランティーノ×ブラピって組み合わせだけでも惹かれるのに、更に...

イングロリアス・バスターズ

タラちゃんの豪華な遊び!という風でしょうか。

イングロリアス・バスターズ

死ぬのはどいつだ?予測できない展開がGOOD[E:good]公式サイト http://i-basterds.com監督: クエンティン・タランティーノナレーション: サミュエル・L・ジャクソン昔、ナチ

イングロリアス・バスタ―ズ☆★2009

 INGLOURIOUS BASTERDS フリ―パスポートでの鑑賞第二弾はブラビ&タランティ―ノがタッグを組んだこの作品「イングロリアス・バスターズ」です。今回は初日に観て参りました! タランティ―ノワールドは今回も素晴らしい仕上がりです。期待を裏切ることなく、独特な世...

イングロリアス・バスターズ

新作を発表する度にセンセーションを巻き起こし、世界中の映画シーンを揺るがす鬼才クエンティン・タランティーノ。映画的に面白さがいっぱい詰まった痛快無比な作品だ。 今作 ...

♯53 「イングロリアス・バスターズ」

映画 「イングロリアス・バスターズ」 INGLOURIOUS BASTERDS        クエンティン・タランティーノ監督 2009年 アメリカ イングロリアス・バスターズ(名誉なき野郎ども)~忘れるんで記しとこ。 相変わらず音楽よいわ~♪ わっ!暴力的描写!・・・って?...

『イングロリアス・バスターズ』(@「シネマのすき間」)

-----今日の映画は 日本でも人気が高いクエンティン・タランティーノ監督の新作 『イングロリアス・バスターズ』。 主演は、あのブラッド・ピット。 で、第二次世界大戦を背景にしているんだって。 じゃあ、これって戦争映画? 思わず聞きたくなるところだけど、そう一言...

イングロリアス・バスターズ

クエンティン・タランティーノ監督&ブラッド・ピット主演の戦争映画・・・というか、「史実なんか知るかー」な戦争ファンタジー映画です。1941年、ナチス占領下のフランス。農場主...

バイオレンスこそ、タラの本領●イングロリアス バスターズ

悪名こそ、彼らの名誉。   (公式キャッチコピー) 『Inglourious Basterds』 イングロリアス・バスターズ - goo 映画 1944年6月、ドイツ占領下のフランス。 映画館主のミミューはドイツ軍の英...

イングロリアス・バスターズ

1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町。 “ユダヤ・ハンター”の異名をとるハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)に家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)は、一人で必死に逃げ...

イングロリアス・バスターズ

1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町。 “ユダヤ・ハンター”の異名をとるハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)に家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)は、一人で必死に逃げ...

「イングロリアス・バスターズ」フィクションだよ!

[イングロリアス・バスターズ] ブログ村キーワード  クエンティン・タランティーノ久々の監督作品。「イングロリアス・バスターズ」(東宝東和)。今回は、ブラッド・ピットと初タッグ!ワルそうなブラピが、ナチス相手に大暴れしております。  ナチス占領下のフラ?...

「イングロリアス・バスターズ」

基本的にクエンティン・タランティーノ監督の作品は「男の子映画」なんだと思う。もしも彼が漫画家だったら『少年ジャンプ』が似合いそうな作風ではなかろうか。したがって男子受けはするだろうけど、女子からは今ひとつ支持されない作家であるような気がする。

『イングロリアス・バスターズ』(2009)/アメリカ

原題:INGLOURIOUSBASTERDS監督・脚本:クエンティン・タランティーノ出演:ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・ブリュール、イーライ・ロス、ダイア...

イングロリアス・バスターズ

面白くなかったら全額返金! 『イングロリアス・バスターズ』を観てきました。 ★★★★ タラちゃんの映画が評価高いのは、マニアックなタラちゃんの映画が好きな人だけが映画館に足を運ぶから高いのであって、「面白くなかったら全額返金!」なんて言って一般のお客さん...

■映画『イングロリアス・バスターズ』

クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『イングロリアス・バスターズ』。 総統以下、名だたるドイツ軍兵士たちを、連合軍の特殊部隊「イングロリアス・バスターズ」の面々がブチ殺して行く映画と聞いていましたが、実際は…。 タランティーノ好きの映画ファン...

09-345「イングロリアス・バスターズ」(アメリカ)

これがナチへの復讐  1944年、ナチス占領下のフランス。かつて、“ユダヤ・ハンター”の異名をとる冷血な男ハンス・ランダ大佐によって家族を皆殺しにされた少女ショシャナは、ただ一人逃げ延び、現在はパリで映画館主に身をやつしながら復讐の機会を窺っていた。  同...

「イングロリアス・バスターズ」 料金返却してとは言いませんが・・・

本作を観てつまらないと感じ、上映開始後1時間以内に退席した観客には鑑賞料金を返却

コメントの投稿

非公開コメント

同じです

バーンズさん、こんにちは!

男性はけっこう、この手の感じが好きかと思ったら、
バーンズさんは私と同じような理由でイマイチ
ハマれなかったようですね。

パロディやブラックジョークを楽しめばいいんでしょうけど、
全く架空の設定じゃなかったから、
遊びの部分が遊びに感じられないんですよね。
悪くはないんだけど、好きにはなれませんでした。

コメントありがとうございます!

YANさん、こんばんは♪

そうそう、タランティーノは男性にはかなり支持が高いですね。
僕はバイオレンスものが得意な監督ではマイケル・マンが好きかな。
この監督の作品も毎回いいとはちょっと言えないけど。

これが戦争じゃなくマフィアの抗争とかだったら、もっと抵抗無く見れたと思うんですが
でも、それじゃ今までと同じになっちゃうかな。
しかしラストの展開って歴史学者の皆さん怒らなかったんでしょうか?
まあ、あそこまでいくと専門家も割り切れるのかもしれませんね。

硬派

こんばんは。
あえてこちらにコメントします。
ブログに記事は書きませんでしたが、実は劇場で見てるんです。
勿論、メラニー・ロランを目当てに(笑)。

バーンズさんがタランティーノ監督を苦手とは、ボクも意外でした。
この人の斜に構えた感じは、違和感をおぼえます。

>やっぱり戦争映画を作るとしたら、平和とか命とか・・・・・月並みであってもメッセージ必要でしょ。

う~ん、なかなか目にできない硬派な発言です。
共感しましたよ!

こんにちわ♪

ど~もでした、バーンズさん!

バーンズさんみたいに掘り下げた感想を書けないあたくしですが
あまり面白くなかったのは確か。
戦争映画にメッセージは重要なので
バーンズさんも言われてますが『ワルキューレ』は傑作です!

あえて自分の色を貫きたかったのでしょうか、タランティーノ監督。

『セブン』のブラピも良いですが『トロイ』も好きで~す♪

No title

ケンさん、こんばんわ。

そう、タランティーノ苦手なんですわー。オフビート?サブカル?っていうんですかねぇ、ああいうタッチ。
ロン・ハワードとは対極に位置する(笑)

でもタランティーノが崇拝するジョン・ウーは一番最初に好きになった監督です。
そんなウー監督もウインドトーカーズ、ペイチェック、そして「レッドクリフ」と全く楽しめなくなりました。
ありがとう、そしてさようなら、ウー監督。

ただ今回といいタランティーノ監督作品は綺麗な女優さん一杯出ますねー。
女優さん達も進んで参加するんでしょうね。ということは業界内でも評価高いんだろうなあ。

僕自身はただの軟弱者ですよ(笑)

No title

猫人さん、こんにちは。

いえいえ、僕の文は言いたいこと、思いついたことを目一杯書ていくだけですよ~
脱線も多いし(笑)

「ワルキューレ」の主人公クラウス大佐が持っていた信念は残念ながら「イングロリアス・バスターズ」
の登場人物には感じられませんでした・・・・・でもショシャナには背負うものがありましたね。
タランティーノ監督は男性よりは女性キャラの方に愛情を注いでる気がします。

自分のスタイルを通す監督なんでしょうね~、だからファンはとことんついていく。
ただ「良さがわからないのは時代遅れの頑固者」みたいな雰囲気が出来てませんか?
ちょっと穿ちすぎですかね(笑)

こんばんは~!

やばいです。皆さんと意見が違いますよ~
僕が、もう一つかなと思ったのは、真面目過ぎておふざけが
足りない感じが物足りなかったりして(´∀`)
題材が題材だけに腰が引けたのかも?
ワルキューレは、史実にある程度忠実だと思うし
良かったと思いますが、爆弾の威力とか空白の3時間が
誤算といいますか致命的だったのかな~

No title

hiroさん、こんにちは。
いえいえ、この映画、凄い出来はいいと思うんですよ。ただベースにある監督の嗜好が合うかどうかで
こればかりはどうしようもないと思いますね

「ワルキューレ」は作品自体も良くできてると思いますが、成功しかけたのに段々劣勢になって最終的に失敗。
それでも誇りを胸に、ていう展開が日本人に好かれたように感じます。滅びの美学というか。

しかしトムも今、大変なんだなあ。特別ファンではないけど応援してしまいそう
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。