バックドラフト

バックドラフト / BACKDRAFT

1991年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作

監督:ロン・ハワード
製作総指揮:ブライアン・グレイザー _ ラファエラ・デ・ラウレンティス
脚本:グレゴリー・ワイデン
撮影:ミカエル・サロモン
プロダクションデザイン:アルバート・ブレナー
衣装:ジョディ・ティレン
編集:ダニエル・ハンリー _ マイケル・ヒル
音楽:ハンス・ジマー

出演:カート・ラッセル _ ウィリアム・ボールドウィン _ スコット・グレン _ ロバート・デ・ニーロ

殉職した消防士の父を持つスティーブンとブライアンのマカフレイ兄弟は
成長し、同じく消防士となった。そりの合わない二人は仕事でもことあるごとに対立し、
ついにブライアンは消防隊を抜ける。その後、元恋人の紹介で火災調査官となった彼は
連続放火事件を調べるが、その証拠の行き着く先はスティーブンだった。
同僚からも尊敬を集める兄は放火犯なのか?ブライアンは真相解明に奔走する。




僕にとって感動作と聞いて真っ先に思い浮かぶのはこの作品。
胸を打つドラマに加えて、迫力のアクションが展開する、まさに王道の映画。
ロン・ハワード監督の演出も澱みの全くない、流れるような完璧さで、
何回見直してもそのたびに見入ってしまう。

兄弟を演じるカート・ラッセルとウィリアム・ボールドウィンは見た目はそんなに似ていないけど
そこは演技力でどうとでもなりますし、似てないのが逆に、喧嘩ばかりしているけど心の底では思いあってる
という葛藤劇に説得力を持たせているような気もします。

タフなヒーローが得意なカート・ラッセルの勇敢な消防士はまさにハマり役で
男でも惚れ惚れしてしまうけど、いま見たら弟のブライアンのほうに感情移入しますね。
不器用で失敗して、でも成長していく。ウィリアム・ボールドウィンの甘いマスクが
そんな役柄にぴったりだし最初は頼りなげだったのがどんどん精悍になっていくのがわかる
この映画はど真ん中の青春映画でもあります。
またブライアンとコンビを組むリムゲイル調査官(デ・ニーロ)が本当にいい師匠でね。
この二人で事件に迫っていくというミステリーの要素もあり。真犯人の動機もなかなか切ない。
あと狂気染みてるけど解決のヒントをくれる快楽放火犯(D・サザーランド)は
当時流行っていたサイコサスペンスの要素もちょっと入れてみたんでしょうか
デ・ニーロが演じても似合いそうな役でした。

そういえば
ここ数年、映画ファンの間で、ブロマンスという言葉が定着したように感じます。
(え、そんなの初めて聞いたって?!)

ガイ・リッチー版「シャーロック・ホームズ」が公開するとき
ロバートがインタビューでその単語を出して、僕もその時知りました。

平たく言うと「男の絆」。
男同士の友情をちょっとコミカルに描いてみましょう、というか
少なくとも映画の中のブロマンスはそういう風に見えますね。
最近だと「テッド」とか

普通に「男の友情」と書けばいいのに、とも思うけど
大真面目に「友情だ!」というのも恥ずかしいしなあ
(キャッチコピーでやたら“愛”を推されるとこそばゆいのと一緒)

そんなときに便利な言葉がブロマンス(ちなみにブラザーとロマンスを合わせた造語)
また語感がいいんですよね、ブロマンス。

長くなりましたが、この「バックドラフト」は本当の意味でブロマンス映画だと思います。
まず主役二人が血のつながった正真正銘の兄弟という設定だし
他にも消防隊の結束とか、本当に熱い男のドラマ。

ロン・ハワード作品は素晴らしいのがいくつもあるけど、一番好きなのは今でも「バックドラフト」です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!
ブロマンスという単語は聞いたことがあるけど、普段使わないから忘れてました(汗)
ブラザーとロマンスの造語ですか~、確かにこの作品にピッタリかも。
この作品は、初見が大人になってからで、冒頭で火災現場に子供を連れて行く時点で「え~…」となってしまったんですよね。
兄弟の絆や炎の迫力など、見ごたえある作品ではあったんですが。

>タフなヒーローが得意なカート・ラッセルの勇敢な消防士はまさにハマり役
>弟のブライアンのほうに感情移入しますね。~そんな役柄にぴったりだし最初は頼りなげだったのがどんどん精悍になっていく

そうそう、このふたりが本当の兄弟みたいにはまり役で、ドラマに説得力を持たせてました。仰るとおり、熱い男のドラマだったと思います。
今回もご参加ありがとうございました♪

Re: No title

こんばんは

>ブロマンスという単語は聞いたことがあるけど、普段使わないから忘れてました(汗)

僕も実際言葉に出して言う機会はそうそうないだろうなと思います(笑)

>この作品は、初見が大人になってからで、冒頭で火災現場に子供を連れて行く時点で「え~…」となってしまったんですよね。

その見方は初めて聞いて、確かにと頷けます
あの兄弟はお父さんを凄く尊敬してて、仕事を見たいって気持ちが大きいでしょうし
自分たちも消防士になるんだという夢を、漠然だけども、あの年齢で持ってたと思います
その気持ちに応えて連れて行ったんでしょうけど、あの事故はトラウマ級
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。