スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリートをぶっとばせ!

エリートをぶっとばせ! / HAIRBRAINED

2013年 アメリカ映画

監督: ビリー・ケント
製作: サラ・バード _ アフラム・ルートヴィッヒ _ ビリー・ケント
原案: アダム・ヴィアジュビアンスキ _ サラ・バード _ ビリー・ケント
脚本: アダム・ヴィアジュビアンスキ
撮影: チャーリー・リビン
編集:ポール・バーティノ
音楽: ザ・ニュートン・ブラザーズ

出演:アレックス・ウォルフ _ ブレンダン・フレイザー _ ジュリア・ガーナー

天才少年イーライは志望していたハーバート大に落ち、滑り止めとして受けた大学に入学する。
落ち込んでいた時、偶然ハーバードの学生と出くわし、憧れと尊敬の念を伝えたものの
馬鹿にされ殴られて散々な目に。現実を知ったイーライは
クイズ大会でハーバートを負かし、見返すことを決意する。




「ハムナプトラ」シリーズで大スターになると思ったら
他の作品が鳴かず飛ばずだったり、久々のヒット作「センター・オブ・ジ・アース」の続編で
主役の座をロック様(よりによってスコーピオン・キングに....)に変えられたりと
いろいろ苦労が多いけど地道に頑張るブレンダン・フレイザー

そんなブレンダンが脇役で出演した学園コメディ。

タイトルには彼の名が冠せられてるが、主役ではない。
ま、マイナー映画や劇場未公開作にはよくあることだし
この邦題のつけ方はストレートでなかなかよろしいw

ブレンダンの役は仕事も家庭も失敗した中年男レオ。
一念発起して大学で出直そうとする。その割には勉強してる場面はあまりないw
ちょっとダメ人間だけど、主人公イーライに一番最初に声をかけて友達になってくれる。
この人は子供や若い子との掛け合いの演技が上手いですね。

他にもクイズ部の仲間との連帯感も生まれたりして
"こんな学校は僕にふさわしくない"っていうイーライの意識を変えていく。
そのイーライを演じる子はどうしても髪型に目が行ってしまうが、なかなか美少年である。
本国では結構なアイドルらしい。

少年とオッサンの凸凹コンビがそれぞれの道へと踏み出すラストも爽やかで
なかなかよい青春映画でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。