スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー ロストエイジ

トランスフォーマー ロストエイジ
TRANSFORMERS : AGE OF EXTINCTION


2014年 アメリカ映画 パラマウント製作

監督: マイケル・ベイ
製作: ドン・マーフィ _ トム・デサント _ ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ _ イアン・ブライス
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:アーレン・クルーガー
撮影:アミール・モクリ
プロダクションデザイン:ジェフリー・ビークロフト
衣装:マリー=シルヴィー・ドゥヴォー
編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ _ ロジャー・バートン _ ポール・ルベル
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー

出演:マーク・ウォルバーグ _ ニコラ・ペルツ _ ジャック・レイナー _ ケルシー・グラマー _ スタンリー・トゥッチ


今年の夏、映画館で見たのはこれと「X-MEN」だけだったなあ、結局。

熱心なファンではないですが前三部作は全部劇場に行きました。
今回はパスしようかなと思いつつも結局、見ましたね。

正直、好き度はシリーズ中で一番低かった、嫌いではないけどね。

まず、オプティマスがかなり厭世的というかヤサぐれてて。

前作でデセプティコンを倒したものの、人類側の被害も甚大で
それはオートボット側にも責任はある、と主張する今作の悪役のオッサンの指揮のもと
オートボット狩り(かなりむごい)が行われてるからなんですが

今までサム・ウィトウィッキーとの間で培われた固い絆はどこ行ったのとしか。
そもそも以前の登場人物の名残、姿はともかく名前も一切言及されないってのがちょっと
シカゴの戦いがあったことはリブートではなく前の作品と地続きなわけで
大佐や黒人もいい人だったのに。サムともども、実は裏で殺されてたとかだったら嫌すぎる

つーか主人公はやっぱりサムが好きだった。

主役が交代したのは、新鮮味を出すためもあるけど、シャイアのプライベートが絶不調だってことも関係あるよね
シャイアは華がないだとか嫌ってた人も結構いたけど、演技力は確実にあったと思うし
何せRDJの例もあるますし、もうダメだと決めつけず復帰を長い目で見守りたいものです

アクション映画でヒーローやるときのマーク・ウォルバーグってあんまり好きじゃないんですが
今回もさほど魅力感じなかった、「テッド」のマークのほうが好きだね。

あとサムは冴えないもののやるときはやるタイプで
そういう少年とロボットの成長と友情みたいなとこが良かった。

ケイドは最初からマッチョな文武両道で(ダメ人間っぽく描かれてましたが)、そこも違和感。

ケイド自身が戦う場面も多かったけど、この映画では人間よりロボットのアクションが見たいんだよねえ
「アイアンマン3」でトニーがスーツ着ないで戦うのが不満だっていう意見、今ならちょっとわかる。

いろいろ文句書いてますが、トランスフォーマー自体は
変身もアクションもやっぱりすごかったですね。何といってもそこが一番売りだし。

さすがに四作目ともなると飽きるだろうと思ってましたが、やっぱり見せ方がかっこいい。
それが色あせない限り、シリーズはずっと続いていくのかなあ、と思ったりしました

よく「マイケル・ベイはこれっぽっちもロボットを愛してない」という批判を目にします。
確か、一作目を撮る前に子供向けのおもちゃの映画化なんて、と乗り気じゃなかったと聞くし
映画でも味方だろうと敵だろうと、相当、残酷にトランスフォーマー死なせてますね、
機械の生命体だからいいだろ、みたいに

でも、映像の魅せ方は文句なし。映画館でどういうのを見たいか、体感したいか
その期待には応えてくれる監督だよね。

ただ、今回は人間にも残酷では?という気もした。
ケイドの仕事仲間のお調子者、ベイさん的に何か許しがたいものがあったんですかね
だって、あんな死に方はさぁ....

それと最初に出てくる恐竜の子供がとてもかわいいので
あの後、恐竜が皆金属にむりやり変えられるのかと考えると不憫に思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。