スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道化死てるぜ!

道化死てるぜ! / STITCHES



2012年 アイルランド映画

監督:コナー・マクマホン
製作:ジョン・マクドネル _ ブレンダン・マッカーシー _ ルース・トレイシー _ ジュリアン・フォード
脚本:コナー・マクマホン _ デヴィッド・オブライエン
撮影:パトリック・ジョーダン
編集:クリス・ギル _ コナー・マクマホン
音楽:ポール・マクドネル

出演:ロス・ノーブル _ トミー・ナイト

少年トムのバースデイパーティの盛り上げ役として雇われた道化師のスティッチズだが
芸もトークもお粗末な彼に子供たちは飽き飽きしてブーイングを浴びせる。
エスカレートした悪戯によって、とうとうスティッチズは事故で死んでしまう。
それから6年後、トムはトラウマを抱えたまま高校生となった。
誕生日にはまた友人たちと楽しく過ごそうとする彼らだが
パーティ当日、死んだはずのスティッチズが現れる...

蘇った道化師の復讐がコミカルかつシュールな残虐描写で描かれる。


邦題が邦題だけに(笑)ちょっと気になっていたけど、なかなか手が出なかった作品

せっかくのきもだめし企画なので、挑戦しました。

もう一本借りてきたんですが、そっちは怖いor怖くないとか面白いorつまらない以前に
感想書けるのだろうかというほど難解な内容でした。ちなみにこの作品です




「道化死てるぜ!」ですが、まあまあ楽しかった

コメディタッチなのでそれほど怖くはなかったです。

見どころは何といっても、道化師の処刑方法の数々。
スローモーションなどを使いながらじっくり見せつけてくるものの
80年代風の特殊メイクで表現されており、もろに作り物だと分かります。
それが怖さよりも笑いにつながっているので気軽に見れてしまう。

アイルランドのホラー映画(日本ではあまり馴染みのないように思える)ということで
テンポも独特で、牧歌的というかノンビリしている。
逆に言うと、もっとサクサク進んでもいいような気もするけど
このあか抜けなさが個性になっているのかなと思う。
あか抜けないと言えば出てる役者さんもことごとく、そんな人たちでした。
特に主役の男子。決して不細工ではないんだけど、あか抜けない
僕も人のこと言えないけどさ
つーか、学生役の皆さん、揃って演技も微妙だった気がするw

肝心のスティッチズ役の人は名の知れたコメディアンだそうで
周りと比べてもオーラがあったし生き生きしてました。

邦題を聞いてもっとイカレた作品を想像してましたが、そうでもなく
ちょっと中途半端というか、いろいろ惜しいなと思う反面
頑張ってる部分も多く、作り手の熱意は伝わってくるホラーコメディでした。

難点は子供たちのキャラが薄かったというか
コテンパンにやっちまえというほどの悪ガキでもないし
助かってほしいと思うほどいいやつもいない
男の子でオネエ系に成長してたのがいて、ちょっと笑っちゃったけど、特に意味はなかったような

スティッチズも生きてるときから、結構嫌なやつだったから感情移入しにくかったりする。

結局誰を応援していいのかわからなかった(笑)

あと猫好きな人は絶対見ないほうがいいです

見た後、当分嫌な気分が抜けないでしょうね、間違いなく胸糞悪くなる

それくらい酷いシーンがあります。

それと字幕では"ピエロ"となってましたが、セリフでは"クラウン"と言ってました
日本では道化=ピエロってのが一般的な認識だと思いますが
ここ見るといろんなタイプがあって、それを総称して道化師と呼ぶんだなぁということを
今回知り勉強になりました。まあピエロってフランス語なんで、もしこれがフランス映画だったら
普通にピエロって呼び方してたかもしれない。

そういえば昔はピエロが怖かった。あのメイクのせいなんだろうか。
同じくピエロに恐怖を感じる人は世界中にも多くいて
ピエロ恐怖症もしくは道化恐怖症というものもあるそうです、何でもジョニー・デップがそうだとか
映画でも「It」とかありましたね。

僕も道で一人で歩いてて、いきなりピエロが出てきてこっちにきたら恐れますが
作品のなかで見る分には平気になりましたね。
道化師をモチーフにしたキャラはかっこいいのが多いと思います。
ジョーカーとかヒソカとか。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第3回夏のきもだめし企画 一緒にホラー映画を観ませんか?

<みなさんの記事>RISING STEEL 道化死てるぜ! クリスタルの断章 「ディメンシャ13」見る いやいやえん 最強ゾンビ・ハンター、ホラー・ストーリーズ サラウンドに嵌った男のブログ 「オーメン666」をブログDEロードショーで見ました! 茶栗鼠の映画評論 インシディアス 第二章/INSIDIOUS Chapter2 映画鑑賞の記録 ☆ シャイニング ☆  ☆ ローズ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

子供たちがある程度成長してから復讐に来るというのが、ちょっと優しいというか、大人の事情がありそうな(笑)
ピエロが不気味なのはわかります。でも、身近にいなかったし、たぶん直接見た事がないのでよくわからないなぁ。
たぶん、実際に子供の頃に対面したら怖がったと思うけど。
しかし、ピエロ恐怖症なんてあるんですか。
ジョニデ自身、ピエロのイメージがちょっとあるのに恐怖症なんですね…。

>道化師をモチーフにしたキャラはかっこいいのが多いと思います。
>ジョーカーとかヒソカとか。

わかるわかる。エキセントリックなのも多いですよね。
「焼き立てジャパン」のピエロとか…わかるかな?

今回もご参加ありがとうございました♪

Re: No title


>子供たちがある程度成長してから復讐に来るというのが、ちょっと優しいというか、大人の事情がありそうな(笑)

コミカルだけど、かなり残酷なとこもあるので
小学生くらいの子にそれをやっちゃあ、てことなんでしょうね

>ジョニデ自身、ピエロのイメージがちょっとあるのに恐怖症なんですね…。

白塗りの役多いですしね(笑)
怖いと思ってるからこそ、そういう役をやって克服したいという気持ちもあったそうです。で、いまは大丈夫になったとか



> >道化師をモチーフにしたキャラはかっこいいのが多いと思います。
> >ジョーカーとかヒソカとか。
>
> わかるわかる。エキセントリックなのも多いですよね。
> 「焼き立てジャパン」のピエロとか…わかるかな?

焼き立てジャパンは題名だけ聞いたことがありますがキャラまではあまり知りませんね
ピエロキャラって低学年の時なら怖かったろうけど、中学生辺りになって、そのかっこよさにハタと気づく(笑)キレた感じが中二心をくすぐるのかなあ

No title

こんにちは!
せっかく「猫好きは見ないほうがいい」と注意書きがあったのに、忘れててうっかり観ちゃいました。
あのシーンは要らないですよね~。恨まれるようなことしてましたっけ?
まあ、子供たちの方も逆恨みでしたし、その他大勢の若者には手を出さなかっただけマシなのかもしれない。

にしても、あの包丁の置き方は笑わせにきてるとしか…。真っ先にお母さんを狙ってもおかしくない、悪意のある置き方でしたよね。
そして、靴紐を結んだ子は生き残った上に、同じ方法で彼を葬るというのもブラックでした。

>結局誰を応援していいのかわからなかった(笑)

ですね(笑)

Re: No title

こんにちは

見ちゃいましたか、これ(笑)

あのピエロは短気そうだったし、快楽的なものもあったのかもしれませんね、猫殺し
子供らに復讐してる様子も楽しそうだったしなあ

猫に限らず、動物を殺す場面はあまりいい気分しませんね。
生き物の死は節理だし、生活上避けられない部分はありますが(屠殺とかね)
ジョーク的に画面に映すのかって。
欧米ならむしろ動物愛護に慎重な気がするのになあ。
そこらへんがアイルランド映画なのかも。

プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。