スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪の法則

悪の法則 / THE COUNSELOR



2013年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作

監督:リドリー・スコット
脚本:コーマック・マッカーシー
撮影:ダリウス・ウォルスキー
プロダクションデザイン:アーサー・マックス
衣装:ジャンティ・イェーツ
編集:ピエトロ・スカリア
音楽:ダニエル・ペンバートン

出演:マイケル・ファスベンダー _ キャメロン・ディアス _ ブラッド・ピット
␣␣␣ ハビエル・バルデム _ ペネロペ・クルス _ ブルーノ・ガンツ


超大物監督リドリー・スコット、絶賛売り出し中のマイケル・ファスベンダーを筆頭に
五大スターの豪華共演、特にブラッド・ピットとキャメロン・ディアスが同じ作品に出てるのは
日本人的にはかなりゴージャスに感じるのでは(共演場面はなかった気がしますが)

しかし、だからといって、ヒットしたかというと、そうでもなかったですね
まぁ露骨にヒット狙うならブラピとキャメロンのラヴロマンスにするでしょうしw

つまらないというわけではないですが、抽象的でぼんやりとしたストーリー
ぼんやりといっても、ふわふわゆるゆるではなく血と暴力がいっぱいのシビアなサスペンスで爽快感ゼロ
ただ、結局何が言いたかったのって感じでその辺がぼんやりなのです。

何が伝わったかはそれぞれが見つけてくださいという作品ですかね。
謎解きを楽しむというよりは
追いつめられてやられっぱなしの恐怖感と絶望感を味わいたい人(ドM?)向けという気もします
周りの友人知人が片っ端から狩られていくなか、狼狽するファスベンさんのガクブル演技がとてもリアル。
ブラピから「自分で首突っ込んだんだから自分で何とかせい」と突き放され、八方ふさがり
どうするんだ~となって、彼がとった行動は捕らえられた恋人を助けてもらうために組織に直談判。
涙ながらに懇願する様を見ると、あぁ、こういう世界でやっていくには善人すぎたなと思わせる。
だからこそ、ボスに直接コンタクトを取るなんて命知らずなことしても見逃してくれたのでは。
保身に走ってたら真っ先に殺されてそう。生き残ってもそれはそれで辛そうですが。
多くの人間が殺されて自分は助かったという罪悪感といつ襲われるかという恐怖。
それが組織の本当の狙いなのだろうか。
またこのボスが足を踏み入れた時から結末は決まっていた、みたいなことをいって
主人公を諭すんですよね。
とにかくこの作品、文学的な隠喩っぽい台詞がたくさん出てきます

しかし、この弁護士さん、裏社会を少しは見てきてるだろうに気軽に危ない橋渡っちゃいますかね。
いや、なまじ知識があるから「俺ならこなせそう」って半端な自信が付いちゃったんだろうな。
予想外だったのは、メキシコの麻薬組織が理屈や常識では計り知れない未知の相手だったこと。

何せ"メキシコ ○○"とかでちょっと調べてみるだけでも、ガチでやばいのが伝わってきます。
まさに"検索してはいけない"って感じで。

そしてリドリー・スコットといえば美しい映像を作り出す一方、暴力描写の多い監督でもあり、
今回も健在。首ちょんぱされる人が三人もいます。
これをやりたくて、この作品を撮ったのか?と勘ぐってしまう。

その一人が何とブラッド・ピット。本編では曖昧な描写でしたが
カット場面を復元した完全版では最後までいってるようです。Youtubeで見ましたが
カットして良かったですね。さすがにブラピの首コロンはファンでなくともトラウマものだ。

どうでもいいことですが運び屋の殺害シーンで、「銀狼怪奇ファイル」を思い出してしまった。

あのドラマ、特に首なしライダーの話は今見直したら、ありえねーwって笑って見れるかもしれないけど
あの時小学生の頃の僕にとってはほんとに怖かったんですってば。



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悪の法則

悪の法則 [DVD](2014/04/02)マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス 他商品詳細を見る 【THE COUNSELOR】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称カウンセラー (マイケル・ファスベンダー)は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス) との結婚も決まり人生の絶頂期にあった。彼は実業家のライ ナー(ハビエル・バルデム...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

黒幕は最初からなんとなーく分かっちゃってましたもんね(-_-)
犯人捜しというよりは、そこまでの過程を楽しむ映画なのでしょうが
痛々しいシーンがいっぱいで、ワタシは楽しめなかったです。
キャメロン・ディアスの最後の表情だけが印象に残っています。
マイケル・ファスベンダーは本当に上手い俳優さんですね。
どんな役柄もハマっちゃう。悪役も善玉もロボット役もOKだなんて♪

No title

>首ちょんぱされる人が三人もいます。

なんか凄い殺伐とした作品みたいですね(汗)
リドリー・スコットかぁ。最近彼の作品は観てないかも。

ところで、今月もブログDEロードショーを開催します。
作品は鉦鼓亭さんがリクエストして下さったインド映画「きっと、うまくいく」、「マダム・イン・ニューヨーク」です。どちらでも、お好きな方をご覧になって感想を語り合いましょう!
開催期間は3月27日(金)~29日(日)。
よかったら今月もみなさんと一緒に映画を楽しみましょう♪

Re: こんばんわ

mia☆miaさん、こんばんは

ある意味、雰囲気映画だったと思います
僕もそれほど良いとは思いませんでしたが
気に入った人にはとことん好かれそうな作品。

ロボットって「プロメテウス」?あの映画見てないんです、というか評判聞いて躊躇してます(笑)

Re: No title

宵乃さん、こんばんは

> >首ちょんぱされる人が三人もいます。
>
> なんか凄い殺伐とした作品みたいですね(汗)
> リドリー・スコットかぁ。最近彼の作品は観てないかも。

映像は爽やかと言えるくらい綺麗なんですけどね、からっとしてる
ストーリーもラテン系独特の情念っぽさは無くて淡々と進んでそこがまた怖い。

リドリーの「エクソダス」はちょっと見たかったですが、終わってしまいました。
古代エジプト好きなんです

> ところで、今月もブログDEロードショーを開催します。
> 作品は鉦鼓亭さんがリクエストして下さったインド映画「きっと、うまくいく」、「マダム・イン・ニューヨーク」です。どちらでも、お好きな方をご覧になって感想を語り合いましょう!
> 開催期間は3月27日(金)~29日(日)。
> よかったら今月もみなさんと一緒に映画を楽しみましょう♪

インド映画は実はまだみたことないんです、、、、、うん、そのはず
お誘いありがとうございました
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。