クロニクル

クロニクル / CHRONICLE



2012年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作

監督:ジョシュ・トランク
製作:ジョン・デイヴィス _ アダム・シュローダー
製作総指揮:ジェームズ・ドッドソン
原案:マックス・ランディス _ ジョシュ・トランク
脚本:マックス・ランディス
撮影:マシュー・ジェンセン
プロダクションデザイン:スティーヴン・アルトマン
編集:エリオット・グリーンバーグ

出演:アレックス・ラッセル _ デイン・デハーン _ マイケル・B・ジョーダン


最近増えている手持ちカメラ風の演出

POVっていうらしいですが ファウンドフッテージとかモキュメンタリー(フェイクドキュメンタリー)
って言い方もあって正直違いがわかりませんが

それと能力SF、加えて中2病的青春ドラマを見事に融合させて
大評判となった作品です。

映画としてきちんとした演出というより、日常を切り取ったって感じですが
謎の隕石に触れて鼻血を出してたと思った次の場面では物を宙に浮かしてて
詳しい描写がなくても、「あぁ能力を得たんだな」とわからせるのがうまいですよね

役者の演技も自然体で、特に多くの人が言ってるようにアンドリュー役のデイン・デハーンが素晴らしい。
ちなみに劇中でアンドリューが人気者になった途端、寄ってくるビッチギャルが
実生活の嫁さんらしい。映画の中と違い落ち着いたカップルって印象ですね、こういう写真を見ると。

ただこの手の映画全般に言えるけど、バッドエンドがほぼ確定なのがねえ。
残された映像が発見されたという設定で、じゃ撮影した本人たちは?って考えると、大体、結末は決まってくる。

でも同じ系統の作品では一番面白かった。
前半の三人がキラキラに青春してる分、後半の切なさが際立ちます

アンドリューが念力で蜘蛛をバラバラにする場面が妙に印象に残る。
彼の狂気にぞくっとする反面、蜘蛛が嫌いだからスカっとした。(我ながらどうかと思う発言)

よく「AKIRA」と比較されてて、確かに鬱々と溜め込んでいたものを爆発させていく姿は
哲雄と酷似してる。他にも「頂点捕食者だ」とか言い出すのはディオも彷彿とさせるし
日本漫画のテイストもうっすらと感じさせてくれるのは嬉しいところ。
監督のジョシュ・トランクはやはり、「AKIRA」の大ファンらしい。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロニクル

クロニクル [DVD](2014/06/18)デイン・デハーン、アレックス・ラッセル 他商品詳細を見る 【CHRONICLE】 制作国:アメリカ  制作年:2012年 超能力を手にした、高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)、マット (アレックス・ラッセル)、スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン)は、自分 たちの姿をビデオで記録することに。超能力を使い、他人がかんで いるガ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ

切なかったですよねぇ。

POV方式は目がキョトキョトになっちゃうのと、雰囲気が苦手なのですが
この作品は途中から見やすくなるし、内容もよかったので最後まで見られました^^

バーンズさんは蜘蛛おきらいなんですね。益虫だけど、見た目がねぇ~。
メスがオス食っちゃうってのもねぇ。(映画に関係ないコメントでごめんなさい)

Re: こんにちわ

mia☆miaさん、こんにちは

> POV方式は目がキョトキョトになっちゃうのと、雰囲気が苦手なのですが
> この作品は途中から見やすくなるし、内容もよかったので最後まで見られました^^

この手の映画で僕が初めて見たのって確か「ブレアウィッチプロジェクト」でしたけど
あれも面白かった派と全然わからん派に分かれましたね、後者のほうが多かった気がします(笑)


> バーンズさんは蜘蛛おきらいなんですね。益虫だけど、見た目がねぇ~。
> メスがオス食っちゃうってのもねぇ。(映画に関係ないコメントでごめんなさい)

蜘蛛以外でも虫全般がダメですね、虫たちも立派に生きてるというのはわかるんですが。
蜘蛛の化け物が出てきて人や他の動物を食ったりする映画もたくさんありますから
たまには蜘蛛が酷い目にあってもいいでしょう(極論)

プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。