スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウド アトラス

クラウド アトラス / CLOUD ATLAS

2012年 アメリカ ドイツ 香港 シンガポール 合作映画

監督・製作・脚本:ラナ・ウォシャウスキー _ トム・ティクヴァ _ アンディ・ウォシャウスキー
製作:グラント・ヒル _ シュテファン・アルント
製作総指揮: フィリップ・リー _ ウーヴェ・ショット _ ウィルソン・チウ
原作:デイヴィッド・ミッチェル
撮影:ジョン・トール _ フランク・グリーベ
プロダクションデザイン:ウリ・ハニッシュ _ ヒュー・ベイトアップ
衣装:キム・バレット _ ピエール=イヴ・ゲロー
編集:アレクサンダー・バーナー
音楽:トム・ティクヴァ _ ジョニー・クリメック _ ラインホルト・ハイル

出演:トム・ハンクス _ ハル・ベリー _ ジム・スタージェス _ ヒュー・グラント _ スーザン・サランドン





これはかなり賛否が分かれた映画でしたね。

僕は結構よかったですよ、ちょっと長いけど

歴史劇、文芸ドラマ、社会派ミステリー、コメディ(お爺さんたちの大脱走はコメディと言える...と思う)
近未来SF、神話的ファンタジーといろんなタイプの内容を
一本に収めつつ、各エピソードが少しずつ繋がっているっていう構成は好き

それぞれを膨らましても十分一つの作品になりそうなところをひとつにまとめているので
散漫になってるという面もあるけどね

出演は大変な豪華キャストで、特殊メイクなどをしながら様々な時代、人種や性別もこえて演じてて
ちょっと批判もあったようですが、あの人がこんな役を?!とか、あのキャラはこの人だったんだ、というふうに
深く考えずに 「キミは何人わかるかな?」的に楽しんだほうがいいと思います。

エンドロールでは俳優が演じていた役を画で示してくれる親切設計。

役者ではヒュー・グラントが印象に残りました。
ラブコメでいい人ってイメージの彼が、クズ、カス、ゲス、外道、人食い、と悪人を演じまくります。
しかも楽しそうに

もちろんトム・ハンクスもよかったですよ。
最初はどうしようもない小悪党で、時代を行くごとにだんだん善人になっていき
未来編では救世主のような役割を果たすまでに成長します。
でも良心的な科学者の後はDQN小説家の殺人犯だったりして
そのあたり、よくわからん
彼には珍しくアクションシーンもあります(短いけども)
前にも「プライベートライアン」「ロード・トゥ・パーディション」などで銃を撃つ場面はありましたが
人をナイフで刺したりするトムは初めて見たかも。
食人族をボーガンで射抜くとこはかっこよかった。

英語作品初出演のペ・ドゥナは、久々に見ましたが
やっぱりかわいかったですね、髪型は微妙だったけど。おでこ出したほうが似合うのに

星の痣について、少し疑問だったことがあります。
痣の持ち主が各話の主人公のような存在で、一つの時代に一人というか
生まれ変わりみたいものかと思ってたんですよ。
ただ感想書いてて、ふと思ったんですけど

原発編(1973年)の主役ハル・ベリーに痣があって
老人ホーム編(2012年)の主役ジム・ブロードベンドにも痣がある。

しかし原発編の時にはブロードベンドはとっくに生まれてるはずで、たぶん30~40代だろうから
生まれ変わり説は成り立たないよなーって。同じ時代に痣を持つ人が二人ってことになるし。

それと1973年から2012年だけ繋がりがない気がする、何かあったっけ?

まぁ、どうでもいいことなのかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは^^
自分もこれ見て、結構好きだったんですが、何だか壮大過ぎて感想が書けませんでした(笑)

全面的に見受けられるカニバリズムが何を示唆するのかもわからないし、時代関係も把握できず^_^;
ただ、いろんな名優さんがコスプレ(?)してるのも、映画好きとしては楽しかったですし、ペ・ドゥナさんも仰る通り可愛かったし。

≫それと1973年から2012年だけ繋がりがない気がする、何かあったっけ?
自分もいろいろわからなくて、でも、時間がないので何度も見る気があまりしないんですよねぇ(>_<)

Re: No title

茶栗鼠さん、こんばんは

> 自分もこれ見て、結構好きだったんですが、何だか壮大過ぎて感想が書けませんでした(笑)
> 全面的に見受けられるカニバリズムが何を示唆するのかもわからないし、時代関係も把握できず^_^;
> ただ、いろんな名優さんがコスプレ(?)してるのも、映画好きとしては楽しかったですし、ペ・ドゥナさんも仰る通り可愛かったし。

壮大なヒューマンドラマ!みたいな宣伝したが
イベントムービーとしては複雑すぎて、アート映画としてはエンタメよりで、どっちつかずではありましたね。
でも、出演者の方々はやりがいがあったろうな~と思います。
ドゥナさんの近況、全然知らなかったけど、これの共演者のジム・スタージェスと付き合ってるらしくて驚き。
まぁジムも嫌いじゃないからOK(何様)
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。