バッド・ガンズ

バッド・ガンズ / BAD KARMA

ケチなチンピラのマロイは、相棒イエーツと強盗を計画するが
決行当日、ドラッグでハイになったマロイは心臓発作を起こす。
病院で目覚め、九死に一生を得た彼は更生を決意する。

一方、相棒を待つのに痺れを切らしたイエーツは単独で行動した結果、逮捕された。

三年後、真人間として恋人と充実した暮らしをおくるマロイの前にイエーツが現れる。
マロイを犯罪の世界に引き戻そうとするイエーツの真の狙い。
それは一人重い刑を科せられた自分と比べて短い刑期で出所した相棒への復讐だった。

2012年 アメリカ/オーストラリア合作映画

監督:スリ・クリシュナーマ
製作:グラント・ブラッドレー  デイル・ブラッドレー
脚本:スティーヴ・オルリッチ  アレーヴ・メイ・ロー
撮影:ニーノ・マルティネッティ
プロダクションデザイン:ジェニファー・オコンネル
編集:ブラッド・リンデンメイヤー  ゲイリー・ウッドヤード

出演:レイ・リオッタ  ドミニク・パーセル




レイ・リオッタといえばハリウッド随一の性格俳優。
同じく悪役が多い人といえばゲイリー・オールドマン
ただゲイリーの場合、外見は優しそうな紳士で、そのギャップに驚かされますが
レイ・リオッタは見た目からしてヤバそうな雰囲気が漂いまくり。
(実際は気さくな人なのかもしれませんが)
でも悪役専門ではなく、男気のある渋いキャラや反対にコミカルな役も違和感なく演じる

イイ役者ですよね。

この作品ではリオッタが更生した犯罪者で
逆恨みから彼に付きまとう元相棒に「プリズン・ブレイク」のドミニク・パーセルという配役。
前ならリオッタさんが悪役だったでしょうね。

作品自体はよくあるサスペンスです。
ヨレヨレのヒッピーみたいな格好で登場するリオッタさんにちょっと笑ってしまいましたが

残酷シーンに頼らず演技や雰囲気で引っ張ろうとする演出は評価できる...かな?
ただ終盤で一瞬グロがあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。