コナン・ザ・グレート

コナン・ザ・グレート / CONAN THE BARBARIAN

1982年 アメリカ映画

監督:ジョン・ミリアス
製作:バズ・フェイトシャンズ ラファエラ・デ・ラウレンティス
製作総指揮:ディノ・デ・ラウレンティス _ エドワード・R・プレスマン
原作:ロバート・E・ハワード
脚本:オリヴァー・ストーン _ ジョン・ミリアス
撮影:デューク・キャラハン
音楽:ベイジル・ポールドゥリス

出演:アーノルド・シュワルツェネッガー _ ジェームズ・アール・ジョーンズ _ マコ・イワマツ




コナンつながりだし、「ターミネーター」の新作も公開が近いということで
振り返ろう、シュワちゃんの出世作。

太古の昔。
部族長の息子として幸せに暮らすコナン。
このコナンが凄くかわいい少年で、また一言も台詞がないのが余計に純真無垢に感じさせる。
リメイク版「コナン」も美少年だったけど、目が坐ってて、成長したら、そりゃ戦士になるよなって面構えだったし

村を襲う大虐殺、かろうじて殺されずに済んだコナンは奴隷として売られる
ここで謎のグルグル回転棒が登場します。
ちゃんと穀物をすりつぶす石臼という役目があるので謎の装置でもなんでもないですが
とにかくグルグル押し続けるさまがインパクト大なので用途はどうでもよくなってしまう。
奴隷といったらこのグルグルだよねってくらい印象的です

何年も押し続けるうちにどんどんムキムキになるコナン
そして顔を上げたらシュワちゃんになってました。この場面は壮観です
あの可愛かった少年が復讐の一念でここまでなったという
ゴンがゴンさん化したときの感覚に近い

青年コナンはいろいろあって自由の身になり、邪魔するやつは片っ端から切り倒し、ついに復讐を果たすのでした。
この倒し方がグロい、たぶん低学年の時に見たらトラウマになってたと思う。
子供の頃って細かい内容は忘れてもそういうのは鮮明に覚えてたりするんだよね。
でも、この場面は、コナンの意志は妖術よりも強い、ついでに筋肉はもっと強いというのがよく表れてる。

やはり、この作品の最大の見せ場はシュワちゃんの肉体であります。
巨体で筋肉質→強そう→強いのは男らしい
とっても単純な図式ですが、シンプルだからこそ年代を問わずアピールできる
ストレートでわかりやすいかっこよさがシュワちゃんにはありました。
この路線の継承者はドウェイン・ジョンソンでしょうね。

世界観は架空の古代(約一万年前)ということで
正統派というよりはごった煮系のファンタジー

最初、コナンが住む村は北欧ヴァイキングっぽくて、
その後はギリシャぽかたりアラビアぽかたり、一時期、コナンが仕えた王族はモンゴル+日本みたい。
言ってみれば大昔だから、なんでもあり、それも楽しいけど
とことん徹底した異世界を作り上げた「ロード・オブ・ザ・リング」はやはり画期的だったんだなとも思います。
今では「ゲーム・オブ・スローンズ」ですか?興味あるんですけど、見続けるの大変そう

でも他のファンタジー映画にも負けない、というか凌駕してる点はテーマ曲。
音楽がとてもいいのです。この映画を、いい意味でかなり底上げしているのではないでしょうか



シンセサイザーを駆使した映画音楽が僕は大好きなのですけど
この曲を聴くと冒険活劇のサントラはフルオケが合うなあと実感します。
インディ・ジョーンズとかもそうですしね。

もうひとつ、MANOWARの"THE POWER OF THY SWORD"を使った動画。



何回か消されてはいつのまにかあがっています(笑)
作品の映像とバンドのライヴ風景が交互に映し出されますが
違和感がないのはコナンもMANOWARのメンバーも筋肉の露出多くて
同じような格好してるからだろうか。
シュワちゃんの大げさな仕草(ほめてます)も大げさな曲調とよく馴染む。
MANOWARのナンバーではこの曲が一番好きです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして☆

緊張しながらのコメントなのでおかしいところあったらすみません。
ここのところ災難続きで凹んでばかりいました。

でもバーンズさんのブログに巡り合えて読ませて頂いて気持ちが落ち着いて和みました
自分で自分のことを少し追い詰め過ぎていたのかもしれません。

そんなことにを気づくきっかけをくれたバーンズさんとほんの少しだけでも言葉を交わしあえたらなと思うんですがどうでしょう…?
ほんの少しでも聞いて頂けたら自分の中で何かを変えられるんじゃないか…なんて思えたので。

コメントで悩みを打ち明けるのは気恥ずかしいですし直接反せないでしょうか。

迷惑でしたらコメント削除しちゃってください。
急な申し出すみませんがお待ちしてます、

No title

こんにちは。
この作品、タイトルは良く知ってるんですが何気にまだ未見なんですよね。

>ゴンがゴンさん化したときの感覚に近い

これは…!(笑)
なんだか無性にみたくなってきました。ゴンさんすごい。

ところで、7月もブログDEロードショーを開催します。
今回のお題は岡本喜八監督作品で、ポール・ブリッツさんからリクエスト頂きました。
とりあえずレンタルしやすそうな作品を告知記事にまとめておきましたので、参考にして下さい。
開催期間は2週間後の7月3日(金)~5日(日)。
よかったら7月もみなさんと一緒に映画を楽しみましょう♪

Re: No title

こんばんは。
そこまで冒険ファンタジーの名作として語り継がれてる印象はないですが
現在も続編が企画されてるということが、根強いファンがいるという表れだと思います。
70歳近いシュワちゃんが演じるコナン実現したら凄いなあ

> >ゴンがゴンさん化したときの感覚に近い
>
> これは…!(笑)
> なんだか無性にみたくなってきました。ゴンさんすごい。

現実でも、可愛かった子が残念な成長をして、ていうのがありますが
そういうのとは別で、こんなにたくましくなって....という謎の感動がこみあげる(笑)

No title

テレビカット版を観てしまいました~!
冒頭の村が襲われるところは普通で、その後は仲間が揃うまでナレーション付きのダイジェストですっ飛ばしてる感じでした(汗)
きっとカットされまくりだろうなぁとわかってたんですけど、吹替版シュワちゃんの誘惑に駆られ、このザマです(笑)

あの回転車、寂れた場所にあるから水をくみ上げてたりするのかな?とも思いました。
でも、誰か脱落しても奴隷が補充されないところを見ると、大して重要なものではないのかも…。でも、筋肉もりもりになれるくらいは食事をもらえているという(笑)

見どころはやっぱり筋肉でしたね~。愛もあるかな?と思ったら、ラストで姫お持ち帰りでガックリしました。

>そして顔を上げたらシュワちゃんになってました。

ここはわかってても良かったです♪
音楽も相まって、力強い作品でしたね。

Re: No title

こんにちは

> テレビカット版を観てしまいました~!
> 冒頭の村が襲われるところは普通で、その後は仲間が揃うまでナレーション付きのダイジェストですっ飛ばしてる感じでした(汗)
> きっとカットされまくりだろうなぁとわかってたんですけど、吹替版シュワちゃんの誘惑に駆られ、このザマです(笑)

ジャッキーもそうですが、シュワちゃんも玄田さんの吹き替えで僕ら刷り込まれちゃってますからね。
僕は最初はTV放映版しか見てないということがほとんどだったので
あとでオリジナルを見てこんなシーンがあったんだ!って驚いたことがあります(笑)

> あの回転車、寂れた場所にあるから水をくみ上げてたりするのかな?とも思いました。
> でも、誰か脱落しても奴隷が補充されないところを見ると、大して重要なものではないのかも…。でも、筋肉もりもりになれるくらいは食事をもらえているという(笑)

音声解説によるとあれは穀物をすりつぶす石臼だそうです。でも、ずっと回し続けるほど穀物あるのか~(笑)

> 見どころはやっぱり筋肉でしたね~。愛もあるかな?と思ったら、ラストで姫お持ち帰りでガックリしました。

フォローさせてもらいますが、あれはお持ち帰りじゃないんですよ~
姫を父上の元に帰して、また冒険の旅に出たというから男女の仲にはなってないはずです
(帰りの道中はわかりませんが)

プロフィール

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。