ゴースト・ハンターズ

ゴースト・ハンターズ / BIG TROUBLE IN LITTLE CHINA



サンフランシスコでレストランを経営する中国人青年ワンは親友のトラック野郎ジャックとともに
本国から呼び寄せた恋人ミャオを迎えにいくが、空港での乱闘騒ぎのすえ彼女をさらわれてしまう。
黒幕は伝説の幽鬼ロー・パン。ロー・パンは2000年前の皇帝との戦いで肉体を消滅させられたが
悪霊としてなおも存在し続けていた。この呪いを解く方法は緑の目の女性を
生贄にささげること、その女性がミャオだった。ワンとジャックは妖怪が蠢く迷宮へと乗り込んでいく。

1986年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作

監督:ジョン・カーペンター
製作:ラリー・フランコ
脚本:ゲイリー・ゴールドマン
撮影:ディーン・カンディ
プロダクションデザイン:ジョン・J・ロイド
編集:スティーヴ・ミルコヴィッチ  マーク・ワーナー  エドワード・A・ウォーシルカ
衣装:エイプリル・フェリー
音楽:ジョン・カーペンター アラン・ハワース

出演:カート・ラッセル  デニス・ダン  キム・キャトラル  ジェームズ・ホン


今回のブログ DE ロードショー、僕も参加させていただきました。

以前から見直したかったり、レビューしたかった作品もいくつかありまして
それ借りようと思ったんですが
でもファンタジーなのかなぁ、どちらかといえばSFだよなぁ、というのが多くて
他のを探してるうちにこれが目に留まりました。
念のため書きますが「ゴースト・バスターズ」と間違えたのではありません。

以前、10代の時、見たんですけど、すっかり忘れてて
幽霊も魔物も妖術も出てくるし、うん、これだ(笑)と再見にいたりました。
さぁ、レビューするぞ、という心構えで見るとやはり違うしね。

見終わって思うのは、初見で感じたことでもあったのですが
面白そうで、盛り上がらない、でも何か嫌いになれないというか、惹かれる。

結果的には好きな映画。

ユーモアセンスが独特なんでそこで好き嫌いが分かれるでしょう。

敵の配下で嵐の三人組というのが居て、この強敵をどう倒すのか?というのが王道なのに
みんなあっけなく倒されたw
しかもかなりばかばかしいヤラれかた、え、そんなんで負けるの?っていう
ラスボスのローパンなんて2千年も生きた妖術師なのにナイフ頭に刺さっただけで死ぬし
(この部分はさすがにクライマックスだから伏せます)

カート・ラッセルは何といっても「バックドラフト」が印象的なんですが
他の映画も外れがない役者って気がします。
彼が演じる主人公ジャックは口の達者な気のいいアンチャン、だけど本当にそれだけなんです
アクションシーンの見せ場はほぼ相棒にとられている(笑)
でも、所々でカッコイイトコ見せますよ。
ルパン三世やコブラをとことんドジにしたらこんなキャラクターになるかもしれません。

ヒロインは「セックス&ザ・シティ」の人かー、若いときはこんなに美人だったのですね。

少年ジャンプ系が好きな人、それと「グレムリン」が好きな人は
この映画も気に入ってくれるんじゃないかな~という気が何となくですが、します。

SFXバトルにカンフー、男の子が好む要素満載
こういう映画を僕は一生好んで見るだろうし、そうありたいと思う。

皆さんも「なにこれ」「バカだな~」とか突っ込んだり笑ったりしながら
気楽に楽しんで見てください。

今回もお誘い、ありがとうございました。

監督自身による主題歌



ビュンビュンっていうシンセの音が好きです


以下、作品とは関係ない話ですが

SF/ファンタジーの個人的な線引きは

SF
・舞台が現実の延長線上の未来、特に西暦XX年とか○○世紀と明記されてる
 ただあまりにも未来過ぎるとファンタジー
・サイエンス(科学)色が強い ・メカとかマシーンとか

ファンタジー
・架空の世界 ・時代設定が曖昧 ・現実世界が舞台でも魔法とか使う 

そんな感じです。特殊能力、超能力はSF系だと思うけど
どこからが魔法で、どこまでが超能力なのかが難しいところ。

あと子供が主人公だとファンタジー色がより強くなる印象ですね、あくまで個人的ですけど。
「ヒューゴの不思議な発明」は見る前は「ラピュタ」みたいな冒険ファンタジーだと思い込んでた。
実際は全然違ったw

タイムトラベルとか異世界に行く系は
「スターゲイト」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」みたいに科学的な理由があればSF
「アリス・イン・ワンダーランド」「千と千尋の神隠し」などの不思議現象ならファンタジー

それと「スターウォーズ」は遠い銀河のかなたという地球とは別の世界の話だし
自分はファンタジーだと思ってます。
逆に「ワイルドワイルドウェスト」なんかは、現実に存在した西部開拓時代なので
どんなにぶっ飛んだメカが出てきてもSFにカテゴライズしたくなります。

以上どうでもいい持論でした。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グダグダの美学

ゴーストハンターズ 原題:BIG TROUBLE IN LITTLE CHINA 製作1986年 アメリカ 監督:ジョン・カーペンター 脚本:ゲイリー・ゴールドマン、デビッド・Z・ワインスタイン 出演:カート・ラッセル、キム・キャトラル ブログDEロードショーのファンタジー企画の時に …

コメントの投稿

非公開コメント

まさかこれがくるとは(笑)

結構大人になってから観て、大笑いした記憶があります。
細かいところは忘れてしまったけど、このバカバカしいお茶目なノリは印象に残ってるし、わたしも好きですね~。
やっぱり楽しんで作ってる、演じてるという雰囲気があるからかなぁ。
主人公が普通のどこにでもいそうなひとっていうのも、何気に感情移入しやすいし。
主題歌を監督ご自身が…!やっぱ好きです、こういうとこ(笑)

持論も「そうそう、それ!」と納得しながら読ませていただきました。
基本は科学的な説明があればSFって感じだけど、「スターウォーズ」と「ワイルドワイルドウェスト」はわたしの感覚と逆でした。スペースオペラって聞くとSFに分類したくなっちゃう。
ジャンルわけだけでも個性がでて面白いですね♪

今回もご参加ありがとうございました!

こんにちは☆

バーンズさん、私この作品未見なので、朝コメントさせて頂かなかったのですが、
よく見たら下の部分があり、興味シンシンでした!

>以下、作品とは関係ない話ですが
>SF/ファンタジーの個人的な線引きは・・・
>以上どうでもいい持論でした

いや~勉強になります!
私は「ジャンル分け」が出来ないのでしません。
でもこうして読ませて頂くと、おぉ~と納得します!

特に
>ファンタジー
>・現実世界が舞台でも魔法とか使う

これはものすごく納得ですし、これらの中では
私的には一番見やすくて好きなジャンルになると思いました☆
良い記事を有難うございました♪

No title

カート・ラッセルとカーペンター監督のタッグなら
ぜひとも観てみたいです!!
ご紹介ありがとうございました。笑

線引きの話もおもしろかったです。
レンタルのお店にはファンタジーコーナーがなかったので
主にSFコーナーを物色してました。
確かに似てるけど、ビミョ~に違いますよね。

>「ヒューゴの不思議な発明」は見る前は「ラピュタ」みたいな冒険ファンタジーだと思い込んでた。
>実際は全然違ったw
あはは、実は全く同じことを考えていました。


ところで、TV版と漫画版のエヴァは微妙に内容が違います。
あるキャラがTV版では重傷だったのに、漫画版では死んじゃいます。
今調べてみたら新劇場版では傷すら負っていないのだとか。
横槍、失礼いたしました~。

僕は初めて見たのは中学生のときで、BSの放送でしたね~

>細かいところは忘れてしまったけど、このバカバカしいお茶目なノリは印象に残ってるし、わたしも好きですね~。やっぱり楽しんで作ってる、演じてるという雰囲気があるからかなぁ。

公開したときは散々な評判だったようですが、今ではファンも多い作品のようです
DVD(当時はビデオでしたか、ビデオの存在をふと忘れかけるのが時の流れの無常さ)を
何回も見てるうちにはまっていく魅力っていうのがありますよね。
出演者のみなさん、善玉も悪役も全員楽しそう(笑)

>主人公が普通のどこにでもいそうなひとっていうのも、何気に感情移入しやすいし。
それなりに腕っ節には自身ありそうだったけど、相手が妖怪ですからね~(笑)

>主題歌を監督ご自身が…!やっぱ好きです、こういうとこ(笑)
この監督さん、自分で音楽も担当することが多いようで、メロディ結構耳に残ります

miriさん、こんばんは!

ジャンル分けはあんまりこだわると、見方を狭めるというか、つまらなくさせるかもしません
SFもファンタジーも空想という意味では同じじゃんって言われればそうですしね。

>特に
>>ファンタジー
>>・現実世界が舞台でも魔法とか使う

>これはものすごく納得ですし、これらの中では
>私的には一番見やすくて好きなジャンルになると思いました☆

ハリー・ポッターのヒットからこのタイプの作品がドっと増えましたよね。
僕も好きなんですけどね、そういうの(笑)

マミイさん、こんばんは

> カート・ラッセルとカーペンター監督のタッグなら
> ぜひとも観てみたいです!!
> ご紹介ありがとうございました。笑

この二人の音声解説あって(収録は00年前後かな)全部は聞いてないんですけど
カートは豪快に笑う陽気で楽しいおじさんというイメージそのまんまでした
素顔は絶対いい人だよねってスター、僕は何人かいるんですか(会ったわけでもないのに)
カートはその一人です。

> 線引きの話もおもしろかったです。
> レンタルのお店にはファンタジーコーナーがなかったので
> 主にSFコーナーを物色してました。
> 確かに似てるけど、ビミョ~に違いますよね。

あれってやっぱり店の人の感覚によるんですかね。

> >「ヒューゴの不思議な発明」は見る前は「ラピュタ」みたいな冒険ファンタジーだと思い込んでた。
> >実際は全然違ったw
> あはは、実は全く同じことを考えていました。

ヒロインの女の子もいるし~。ポスターに移ってる賢そうな男の子がわる~い大人たちから
世界を守るんだな、と(笑)それは行きすぎですが、もっと少年活劇っぽいのを想像してたのが本音です
いい映画でしたけどね

> ところで、TV版と漫画版のエヴァは微妙に内容が違います。
> あるキャラがTV版では重傷だったのに、漫画版では死んじゃいます。
> 今調べてみたら新劇場版では傷すら負っていないのだとか。
> 横槍、失礼いたしました~。

やはり、そうでしたか。徐々に違いを出してくっていうのがニクいな~(笑)

ついに観ました

こんばんは。

教えてもらってからはや7カ月。
やっとこさ観る事ができました。

>面白そうで、盛り上がらない、でも何か嫌いになれないというか、惹かれる。
あはは!まさにそんな感じの映画でした。

おちゃめなカート・ラッセルが観れて得した気分になれました。
ダサかっこいい役はカート以外は演じられないかもしれません。笑

Re: ついに観ました

マミイさん、こんばんは

>おちゃめなカート・ラッセルが観れて得した気分になれました。
>ダサかっこいい役はカート以外は演じられないかもしれません。笑

やっと妖怪にナイフを刺して倒したら、そのまま乗っかられて動けなくなってるのは笑いました。
クライマックスって普通、主役が一番活躍する場面なのに(笑)

カートさん、今度「ワイルド・スピード」の新作に出るそうです。
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。