スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベンジャーズ

アベンジャーズ / THE AVENGERS

2012年 アメリカ映画  マーヴェル・スタジオ&パラマウント製作 ディズニー配給

監督・脚本:ジョス・ウィードン
製作:ケヴィン・フェイグ
製作総指揮:アラン・ファイン  ジョン・ファヴロー  スタン・リー  
原案:ジョス・ウィードン  ザック・ペン
プロダクションデザイン:ジェームズ・チンランド
撮影:シーマス・マクガーヴェイ
編集:ジェフリー・フォード  リサ・セラック
衣装:アレクサンドラ・バーン
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演:ロバート・ダウニー・Jr  クリス・エヴァンズ  クリス・ヘムズワース
    トム・ヒドルストン  マーク・ラファロ  スカーレット・ヨハンソン
     ジェレミー・レナー  グウィネス・パルトロウ  クラーク・グレッグ
     ステラン・スカルスガルド  サミュエル・L・ジャクソン
     ポール・ベタニー(人工知能ジャーヴィスの声)


関連作品はどれも好きでしたし、非常に楽しみにしていましたが
イマイチだったときの虚脱感の対策として、過度な期待はせず、見にいきました。

結果、そういう心配は全く無用でしたね。
非常におもしろかったです。

ロキとロキ率いるチタウリという爬虫類系宇宙人を相手に
アベンジャーズが立ち向かうわけですが
彼らが一致団結する前にそれは色々ありまして。

全編に渡って超人たちによるハイパーバウトが連続します。

ロキVSキャプテンアメリカ、あるいはアイアンマンVSソーという
不死身に近い神と生身の常人(強化された肉体やパワードスーツがあるとはいえ)が互角に闘えるのか?
という疑問もうまく解消されてましたし、ヒーロー同士を闇雲にぶつける、ということもなく
ちゃんとストーリーの流れに沿って対決シーンを盛り込んでいます。
中盤ではソーとハルクのガチの勝負があるんですが、この展開も違和感はありません。

アクションだけではなくキャラクターの掛け合いも見ごたえ十分です。
それぞれ強い個性を持つから最初はぶつかるのだけど
決してエゴを押し付けあうのではないのですね。
各々のバックグラウンドや辿った経緯背負ったものがあるから譲れないわけです。

ただトニーはスティーヴやソーにはいつもの調子で軽いノリで接するけど
ブルースには親しげだったなあ、馴れ馴れしいくらい(笑)
でもトニーなりに敬意は払ってたし、
何だか壁一枚隔てて人と関わってるように見えるブルース(ずっと追われてたから仕方ないけど...)
も本心から話してたっぽい。
緊張感がピークに達する討論の場面も二人の意見は一致してたし
科学者に共通する理念ってヤツ?とにかく気の合う相手みたいです。
最後一緒に車乗ってったしw

大迫力のラストバトル、驚異の映像も長すぎると麻痺してしまう昨今ですが
この「アベンジャーズ」には”キメ”の瞬間が何度もあり、飽きさせません!
(監督が演出の参考にしたのは「ブラックホーク・ダウン」だそうです)

このクライマックスを見て、やっぱりアイアンマンが一番映えるな~、と感じました。
飛翔する姿は疾走感満点、メタリックな外見もロボットヒーローに慣れ親しんだ日本人には好まれる
キューピーちゃんポーズも気にならなくなってきたw
(っていうか今回キューピーっぽい姿勢はなかったような)

掌をバッと前に突き出してビームを放つアクションは、もはやアイアンマンのトレードマーク。
ちょうど「スパイダーマン」でいうところの手首をひょいと上に向ける仕種にあたりますが
かっこよさではスパイダーマンを超えていると思う。

ですが、そのアイアンマンを凌駕するインパクトを放っていたのは何といってもハルクです!

他のヒーローとは違って決してかっこいい見た目ではないハルク、だけどベラボウに強い!!

超巨大な魚型戦艦(?)もパンチ一発で止めてしまう。
その直後、反動で浮き上がった船体をすかさずアイアンマンがビームでぶち抜く場面はこの作品のベストショットの一つだと思う。

ここのハルクの変身の仕方もすごくいい

迫りくる敵の大群を前に丸腰で歩み寄るブルース
一度振り返って「怒りを抑えてはいない、常に怒ってるんだ」
言い終えた次の瞬間、筋肉がメリメリと増大し、皮膚は緑色に

もう、キターーーーーーーーー!!!!!!って叫びたくなりました。歌舞伎の見得に通じると思う。

この台詞も、いつだってなりたいときになれるんだ、っていうブルースの矜持が伝わってきて熱くなります。
これを言えるまで、どれだけのものを背負ってきたのか.......

じゃあ何で空中艦隊の中で変身して大騒ぎを起こしたの?という疑問が沸く方も居るでしょう。

あれは、クライマックス前に1回暴れてもらって見せ場を盛り上げるための大人の事情なんです。
暗闇からガーッと吼えるハルクは劇中のどんな敵よりも怖かったです。

でも今回のブルースは変身してないほうだよね

最初の「ハルク」(アン・リー監督版)は5回くらいで
次の「インクレディブルハルク」は3回くらいだったと思う。
今回の「アベンジャーズ」は2回ですからね、いいほうです

何だか他のヒーローについて書いてませんが、
影が薄かったわけじゃないですよ!
ヒーロー全員が均等にバランスよく描かれてるので
皆さんそれぞれのお気に入りのヒーローを主役と感じてもらえると思います

ただ僕の場合はトニーとブルースでしたねえ。

ロキの魔力を帯びた杖のせいもあるとはいえ、スティーヴから
「君は自分のためにしか闘わない」「仲間を守るために鉄条網に身を投げ出せるのか」
終いには「自分の器にあわないことはやめろ」とまで言われるトニー

ただ言うのが世界を救うために爆弾ごと北極海に自ら突っ込んだスティーヴですからね
説得力あります。

そんなトニーが犠牲の精神に目覚める、それを察して
ジャーヴィス「ポッツ様に電話を差し上げますか」
トニーのジョークにも応じるだけでなく、これほどの気遣いを見せる人工知能ジャーヴィス
ほとんど人間、というか人間超えてるんじゃないか?

まぁ、「アイアンマン」一作目も”スイッチをONにしろ!”って叫んでた時は自己犠牲ぽかったけど.....

今までの作品では謎の黒幕のような存在だったニック・フューリーも
今回は少しですが自ら戦う場面もありました。
それにしてもサミュエル・L・ジャクソンの若々しさは凄い。
僕はこの人「ダイ・ハード3」で知ったのですが、その時から容姿あまり変ってないような気がする
もしかしたら波紋でも使っているのかもしれない(笑)

また今回、株が一気に上がったのはエージェント・コールソンを演じたクラーク・グレッグです。
「アイアンマン」で初登場したコールソン、「アイアンマン2」に引き続き登場し
「マイティ・ソー」では何だか偉そうな小役人っぽくなってましたが
「アベンジャーズ」ではキャプテン・アメリカの熱狂的ファンということが判明し
スティーヴのサインを欲しがるという無邪気な少年のような面も持っていました。

しかし、あんな悲劇が待っているとは.......今後も続くであろうマーヴェルシリーズ作品
コールソンはアベンジャーズを結束させた男として語り継がれるのか
それとも実は生きていたとか言って(男塾か!)しれっと出てくるのか

僕は後者であってほしいなあ



見た目、普通の優しいおじさんで、それゆえになかなか覚えらない役者さんでしたが
今回バッチリ印象付けられました!
「500(日)のサマー」では
ジョセフ・ゴードン=レヴィットの上司役だったそうですね。そういえば、この人だったw

そんなコールソンを背後から刺したロキ。
ロキも人類を征服したいとかは本心じゃなくて
ただ父や兄に一言でも謝ってもらったり、認めてもらえるなら、それで本望なんだという気がする

とはいえ「誰も傷つけたくなかった」とか腑抜けたこと言い出さなくて良かったw
そんな台詞があったらロキの魅力も半減だわ

「マイティ・ソー」続編でももちろんロキ出るだろうけど
今度は味方になるのだろうか?
悪役のままだとしたら、何回負けても懲りずに悪事企んで、その都度懲らしめられる
バイキンマン的トホホなポジションになりそうな悪寒

そんなロキさんも故郷でお仕置きされることになり....

地球と人類を見事救ったアベンジャーズ。
戦いをへて生まれた絆を確信しつつ、ヒーローはそれぞれの道に戻っていく
だが次なる危機が訪れたとき、彼らは必ず戻ってくる・・・・・!

事件がひと段落したあとのニュース映像ではアベンジャーズを危険視する政府と対照的に
彼らの活躍を興奮気味に語る少年が出てきます。

あの少年の反応がこの映画がどういうものなのかを示していると思う。

映画は色々な側面を持っていますが、娯楽、エンターテイメントは間違いなく映画の顔の一つです。

だとしたら「これが映画だ」という文句は的を得ている。

「アベンジャーズ」はまさに娯楽映画の最高峰でした。

もう少しだけ話、続きます。

エンドロール終わって立ち上がろうとしたとき

アイアンマン3 GW日本公開決定! 

とかドンといきなり出てきてびっくりしましたね

「アイアンマン」公開  アメリカ5月  日本9月

「アイアンマン2」公開  アメリカ5月  日本6月

段々間隔狭くなってきてます。次はいよいよ日米同時公開
人気も着実に浸透してきてるんだな

次々と発表される新作の企画は楽しみな一方、いつか飽きるときがくるのだろうかという不安

実際飽きた時の悲しさ、空しさ(某海賊船長とか.....もういくない?これ)

でもこのシリーズについてはまだまだ楽しみな気持ちがずっと大きいです
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アベンジャーズ

アベンジャーズ・アッセンブル(2012/08/15)V.A.、サウンドガーデン 他商品詳細を見る 【Marvel's The Avengers】 制作国:アメリカ 制作年:2012年 長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャ...

アベンジャーズ(3D字幕版)

最強ヒーローが一堂に会するスーパー・アクション・エンターテインメント! メンバーが力を合わせる姿に興奮! お祭りは楽しまなくちゃね☆ THE AVENGERS 監督:ジョス・ウェドン...

アベンジャーズ/THE AVENGERS

アメコミヒーローが集結・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 シールドの基地に突然アスガルドを追放されたロキが現れ、無限のパワーを持つという四次元キューブを奪い去

『アベンジャーズ』 2012年8月14日 TOHOシネマズ日劇

『アベンジャーズ』 を鑑賞してきました。 2本目は、『ラ・ワン』だったけど2回目なのでスルーしました 【ストーリー】  人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰

アベンジャーズ

監督 ジェス・ウィードン 出演 ロバート・ダウニー・Jr クリス・エヴァンス マーク・ラファロ スカーレット・ヨハンソン サミュエル・L・ジャクソン  アメリカはマーベル...

アベンジャーズ

アベンジャーズ@TOHOシネマズ日劇

アベンジャーズ HEROもお疲れ〜っぐだ〜ってなるんやww

【=36 -5-】 この映画の場合、TOHOシネマズではムビチケの前売り券しか扱って無かったが、他だったら普通の前売り券が売ってあり、それが普通にTOHOシネマズでも使える・・・てことをこ...

アベンジャーズ

THE AVENGERS/12年/米/143分/SFアクション/劇場公開(2012/08/14) −監督− ジョス・ウェドン −製作総指揮− スタン・リー −原案− ジョス・ウェドン −脚本− ジョス・ウェド...

アベンジャーズ

長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャクソン)率いる国際平和維持組織シールド(S.H.I.E.L.D.)の基地では、世界を破壊する力を持つ四次元キューブの極秘研究が行われていた。

アベンジャーズ

評価:★★★★【4点】(13) 勢いに乗せられたけど、ほんとうに面白かったのは

『アベンジャーズ(2D字幕版)』

□作品オフィシャルサイト 「アベンジャーズ」□監督・脚本 ジョス・ウェドン □キャスト ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、スカーレット・ヨハンソン、      ...

「アベンジャーズ」

それぞれのキャラクターが国際会議みたいに勝手なことばかり言ってバランバランでいるのが、ぶつかりあっていくうちにぶつかること自体が一種のコミュニケーションみたいになってま...

アベンジャーズ

原題 THE AVENGERS 製作年度 2012年 上映時間 144分 監督/脚本 ジョス・ウェドン 音楽 アラン・シルヴェストリ ロバート・ダウニー・Jr/クリス・エヴァンス/マーク・ラファロ/クリス・ヘムズ

Marvelヒーローまつり!『アベンジャーズ』

特殊な戦闘力を誇る者たちによって編成されたチーム「アベンジャーズ」が地球滅亡の危機を回避する為に活躍する様子を描いた作品です。

アベンジャーズ 3D字幕版

【THE AVENGERS】 2012/08/14公開 アメリカ 144分監督:ジョス・ウェドン出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨ

映画:アベンジャーズ

 「日本よ。これが映画だ!」ってキャッチコピーに違和感を覚えるよね。だってこのキャッチコピー考えたのは日本人だよね。そんなわけでアベンジャーズの記事です。

アベンジャーズ・・・・・評価額1750円

ヒーローたち、それぞれの動機。 ロンドン五輪は盛況のうちに幕を閉じたが、今度はスーパーヒーローたちの祭りが始まった。 老舗マーベルコミックの誇るキャプテン・アメリカ、ア...

アベンジャーズ(2012)◇◆THE AVENGERS

 日本よ、これが映画だ。 好き度:+5点=65点 マーベルヒーロー祭り!! それにしても長い 久しぶりにシアターへ、、、、。まあお祭り感覚で観る方がいいのかもしれません。

アベンジャーズ

やっぱ続編あるのか・・・。

アベンジャーズ

マーベル・コミックの ヒーロー大集合のお祭り映画です。 まあ、こういう作品は 細かいことはぬきにして 単純に楽しまないとね〜。 ハルク役が変わっちゃったのが ちょっと残念だ...

アベンジャーズ

今日17日が公開初日ですよね 14日から先行ロードショーされていますが、本来の初日は今日 ということで、初日鑑賞してきました 一応3D字幕版を選択しました いやお客さんは一杯でした

映画:「アベンジャーズ」♪。

平成24年8月23日(木)。 映画:「アベンジャーズ」。 監 督:ジョス・ウェドン 脚 本:ジョス・ウェドン 原 案:ザック・ペン/ジョス・ウェドン SFX/VFXスーパーバイザ

『アベンジャーズ』 (2012) / アメリカ

原題: THE AVENGERS 監督: ジョス・ウェドン 出演: ロバート・ダウニーJr. 、クリス・エヴァンス 、マーク・ラファロ 、クリス・ヘムズワース 、スカーレット・ヨハンソン 、

アベンジャーズ

まさに「日本よ、これが映画だ!」 【Story】 長官ニック・フューリー(サミュエル・L.ジャクソン)率いるS.H.I.E.L.Dの基地で、強大な力を持つ四次元キューブの極秘研究が行われてい

「アベンジャーズ」ブラック・ウィドウ最強伝説!

[アベンジャーズ] ブログ村キーワード  マーベル・コミックのヒーロー大集合映画。「アベンジャーズ」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)。「アイアンマン」の

アベンジャーズ

■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞アベンジャーズ/THE AVENGERS 2012年/アメリカ/144分 監督: ジョス・ウェドン 出演: ロバート・ダウニー・Jr/クリス・エヴァンス/マーク・ラ

「アベンジャーズ」

N.フューリー曰く、抑止力。 なんと久しぶりに途中で寝入ってしまった。 レイトショーとはいえ当日は昼寝もしてたんだけど。やはり原因はあれかな、3Dメガネ。2Dにしておけば

★アベンジャーズ(2012)★

THE AVENGERS 日本よ、これが映画だ。 上映時間 144分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/08/14 ジャンル アクション/SF 映倫 G 【解説】 アイアンマン

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

この作品、劇場で観てよかった。と思えた作品です。
面白かったですよね。
ハルク、強すぎです♪

闘いシーンはかなり長かったですが、ワタシでも飽きずに見られました。
(戦闘シーンあまり好きじゃないほう)

バーンズさんのレビュー拝読したら、映画の記憶が甦ってきました!
生き生きしたレビューをありがとうございます。

個人的には、アイアンマンというか演じてる俳優さんがあまり好きじゃないので
(本当に好みでしかありませんが)
ブルースと、ブラック・ウィドウがイィな。
コールソンの死はザンネンですね(;へ:)

サミュエルの若さには脱帽ですね。
特に黒人の男優ってトシとらないような気がしますねぇ。

バーンズさん、こんにちは!

本当に映画を楽しまれたようで、
あれもこれも書いておきたいって感じが伝わってきました(^_^)

本作は、これまでのヒーロー単体の作品を
観ておいて正解でしたよね!
個性がぶつかり合う会話でも、
一人一人の背景が分かっているといないとでは、
笑える回数が違ってくると思うなあ~

ハルクは、怒りが納まらなくて変身した場合と、
自分でコントロールして変身した場合とでは、
メチャクチャ具合が違うんじゃないか?って思いました。

アクションシーンは本当にすごい迫力だったし、
ユーモラスなシーンは面白くて、
お祭りを楽しむように、盛り上がれましたね☆

Re: No title

mia☆miaさん、こんにちは

ハルクは単純にどこまでも強いというのが爽快でしたね。通常時のブルースの物静かさも引き立ちますし。

>バーンズさんのレビュー拝読したら、映画の記憶が甦ってきました!
>生き生きしたレビューをありがとうございます。

そういっていただけて嬉しいです。

>特に黒人の男優ってトシとらないような気がしますねぇ。

デンゼル・ワシントンもモーガン・フリーマンも若々しいですよね

Re: バーンズさん、こんにちは!

YANさん、こんにちは

> 本当に映画を楽しまれたようで、
> あれもこれも書いておきたいって感じが伝わってきました(^_^)

実は最近、映画見てすぐ感想書くってことが出来なくなりつつありまして
早くしないと感想薄れちゃうけど、書きたいことも纏まってなくて
でも楽しかった!という気持ちは表したい、という結果、長くなってしまいました。
でも読んでいただいてありがとうございます

>本作は、これまでのヒーロー単体の作品を
>観ておいて正解でしたよね!
>個性がぶつかり合う会話でも、
>一人一人の背景が分かっているといないとでは、
>笑える回数が違ってくると思うなあ~

「アベンジャーズ」だけをいきなり見るとさすがに「コイツ誰?」状態になるでしょうね(笑)

No title

こんにちは!
「アイアンマン」以外はほとんど観てなかったけど、なかなか楽しめました。
そうそう、トニーとブルースが意外と仲良しなのがいいですよね。変身した時も、トニーには危害加えてなかった気がするし。最後、すごく心配していたし。

>あれは、クライマックス前に1回暴れてもらって見せ場を盛り上げるための大人の事情なんです。

あはは、結局それか~。何か私の知らない制御法とかあるのかと思ってしまいました。
ハルクは1作目を観たはずですが、寝落ちか録画失敗したみたいで…。
トニーみたいな友人がいれば、彼もこれから楽しく生きていけそうですね。

Re: No title

宵乃さん、こんばんは

> 「アイアンマン」以外はほとんど観てなかったけど、なかなか楽しめました。

この前、金ローで放映したんでしたね。一時間近くカットしてたから、ファンからは非難ゴーゴーで
初見の人からは中身なしと言われて、誰得なのっていう状況を心配してましたが、楽しまれたら何よりでしたね。
「マイティ・ソー」も楽しいですよ、コメディーチックで(笑)
ただ作品としての出来は「ウィンター・ソルジャー」が一番だと思います

> そうそう、トニーとブルースが意外と仲良しなのがいいですよね。変身した時も、トニーには危害加えてなかった気がするし。最後、すごく心配していたし。

トニーと素のブルースは同じ科学者同士という点で気が合うだろうし、また役者本人が気の置けない親友だそうで。ロバートとマークね。その辺りが、よりリアルに感じさせるんでしょうね。
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。