R.I.P  トニー・スコット監督 死去

昨日20日の昼過ぎ、このニュースを見たとき一瞬信じられなかった。

「トップガン」などヒット映画を多数手掛けたトニー・スコット監督が亡くなりました。
現時の日付では8月19日、報道では飛び降り自殺だとのことです。

大好きな監督でした。

個人的なベストは「クリムゾン・タイド」

この作品についてハンス・ジマー信者の僕は彼の音楽のことばかり取り上げがちですが
作品そのものも素晴らしい完成度のサスペンスです。

5回も主演に起用したほど相性が良かったデンゼル・ワシントン
実際、この二人の作品はどれもおもしろかった。

「マイ・ボディガード」は結末だけ納得いかなかったんですが
次の「デジャヴ」は得意のサスペンスアクションにSFテイストを加えて新鮮でしたし
(本格的なSF映画も一本つくってほしかったなあ)
「サブウェイ123」は見てないんですが
「アンストッパブル」はパニック映画の王道のような出来栄えでした。

フィルモグラフィ全体で見てもイマイチだったのは「ドミノ」(これだけは本当にダメだった)
くらいで非常に安定していましたね。
ブルース・ウィリスの「ラスト・ボーイスカウト」もブルースのアクション映画では一番好きだったりする。
(実はほとんど思い入れないんですけど、B・ウィリス)

監督としては、賞を獲るようなタイプではないけれど
アクション大作やサスペンス、スリラーといった娯楽に徹してくれたこと。
そして、何より”男の戦い”に拘っていた。

それがトニー・スコットという映画人だったと思います。

本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。