スラムドッグ$ミリオネア

スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE

アカデミー賞を席巻した作品ながら、あまり興味が無かったので見ていなかった。

見たんですが、言われるほど大したものでも無いなと思いました。



2008年製作 イギリス/アメリカ映画

監督:ダニー・ボイル
製作:クリスチャン・コルソン
原作:ヴィカス・スワラップ
脚本:サイモン・ボーフォイ
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
編集:クリス・ディケンズ
音楽:A・R・ラフマーン

出演:デヴ・パテル マドゥル・ミッタル フリーダ・ピント アニル・カプール イルファン・カーン

実際、面白くはありましたよ。主人公の過去とか経緯を徐々に見せてく辺りとか、スリリングだし。

主人公の兄ちゃんは失礼ながら最初は全然オーラも何もないし、どうしたものかって思ってたんですが
だんだん感情移入というか引き込まれていきました。
最後の問題ではつい応援しちまったよ。
次回作はM・ナイト・シャマラン監督の冒険SFXアクション「エアベンダー」。公式サイトはこちら
でもシャマランってのは今や不安材料なんだろうな。
(俺はシャマランアンチではない。むしろ好きな監督)

最後のダンスは白けちゃった方ですかねー、自分は。
歌とダンスはインド映画において非常に重要だというのはわかるんですが、
この作品、どちらかというとリアル路線だと思うし、結構暴力シーンもあるからね。
あくまでエンターテインメントなんですよー、ってことなのかな。
だったらいっそキャスト全員で踊ればいいのに。尋問してた警部に太目の部下、
子供であくどく稼ぐチンピラ(しかし、あの油を子供に・・・・・・・のシーンは衝撃でしたな)
兄貴、マフィアのボス、意外とクワセモノの司会者も一緒にさ。

あと「学者やインテリ連中でも1万6000どまりなのに何であいつが1000万もとれるんだ」っていう
台詞があったけど、エリートがこぞってやって1万ちょいなのかよ。いくらなんでも少なすぎるだろw

まあ大体こんなところかな。普通に面白い映画だと思うし、支持されたのもわかる。
でも同じスラム街が舞台の青春映画なら、「シティ・オブ・ゴット」はもっと凄かったけどなぁ。




余談ですが、Willyって隠語の意味もあったんですね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スラムドッグ$ミリオネア/デヴ・パテル

この映画の事を知っただいぶ前から観るのをスゴク楽しみにしていたんですが、世間的にはアカデミー賞受賞でかなり話題作になっちゃいましたね。映画鑑賞前の情報入手はほどほどにしておきたいんのに、おかげでTV番組で紹介されることも多くってネタバレ避けるのに苦労しち...

スラムドッグ$ミリオネア

第81回アカデミー賞≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫など8部門受賞作品―【story】TV番組「クイズ$ミリオネア」に出演したジャマール(デヴ・パテル)は、あと1問正解を出せば番組最高額の賞金を勝ち取るところまできていた。だが、インドのスラム街で育った少年が正解を...

スラムドッグ$ミリオネア

 『駆け抜けたその道に、 夢とヒントが落ちていた─。』  コチラの「スラムドッグ$ミリオネア」は、世界が選んだ今年”最高”の一本!!第81回アカデミー賞で、今年度最多となる8部門の受賞をした4/18公開の大河ロマンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪今日?...

★「スラムドッグ$ミリオネア」

今週の平日休みはららぽーと横浜で2本。 オスカー8冠の作品を見逃すわけにはいかないでしょう・・・ でも、平日だけどもっと混んでるかと思ったら、そうでもなかったね。 広いスクリーンだったけど、1本目の「マックス・ペイン」と同等の入りかなっ。

スラムドッグ$ミリオネア

人生,それすなわち,ネバーギブアップ!  

スラムドッグ$ミリオネア

2009年4月19日(日) 20:50~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『スラムドッグ$ミリオネア』公式サイト 「ファイナル・アンサー」な司会者がみのもんた同様に感じ悪い、スラム出身の小僧の一攫千金なアカデミー賞受賞作。 ?...

『スラムドッグ$ミリオネア』

運命とは神様が書いた粋な脚本。これはこの映画の内容だけでなく、この映画そのものにも当てはまるような気がしました。 第81回アカデミー賞で作品賞や監督賞を始め最多8部門を獲得したこの作品は、まさにボリウッドが世界的地位を確立したこの時代だからこその傑作であ...

スラムドッグ$ミリオネア ▲52

もはや取り立てて説明する必要もないでしょう、今年のアカデミー主要受賞作。作品賞、監督賞(ダニー・ボイル)、その他最多8部門受賞。livedoorブロガー試写会、ギャガ試写室@六本木ミッドタウンタワーで見て来ました~!

スラムドッグ$ミリオネア

『28日後...』のダイー・ボイル監督がインドを舞台にスラム育ちの青年の 波瀾万丈の生い立ちをクイズ番組を通じて描く。 アカデミー賞で最多8部門で受賞する快挙を成し遂げたヒューマンドラマ。日本でも放映されたクイズ$ミリオネア。インドの国民的番組である同番組に…

スラムドッグ$ミリオネア・・・・・評価額1750円

1900万人がひしめき合う、インドのムンバイを舞台に、スラム育ちの無学の青年が、巨額の賞金が懸かるクイズ番組に挑戦する、ダニー・ボイル監督の異色作。 「スラムドッグ$ミリオネア」というタイトルは...

スラムドッグ$ミリオネア

「兄は金を、弟は人を愛した。」 主人公のジャマールより、スラム生活の中、どんどん犯罪に手を染めてゆくお兄ちゃんの同行の方が、気になった。 従って、墨画もお兄ちゃん。 ここからネタばれあり。マウス・ドラックで読んで!

映画評「スラムドッグ$ミリオネア」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年イギリス映画 監督ダニー・ボイル ネタバレあり

スラムドッグ$ミリオネア

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1231250963/ 1 :名無シネマ@上映中 :2009/01/06(火) 23:09:23 ID:5Je2Gvm8 Slumdog Millionaire 監督:ダニー・ボイル 原作「ぼくと1ルピーの神様」 音楽:A・R・ラフマーン http://slumdog.gya...

スラムドッグ$ミリオネア

インド、ムンバイ。 ジャマール(デヴ・パテル)は、国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”に出演し、次々と難問をクリアする。 残り1問までこぎつけ、スタジオを後にしようとしたジャマールは、イカサマ容...

スラムドッグ$ミリオネア

今年一番の注目作『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。 ★★★★★ 興奮と感動がおさまらない。 急激な成長を遂げ、貧困と富が混沌とするインドが舞台。 本物のスラム街を駆け回る少年たち。 ドキュメンタリータッチでは撮っていないのに、まるでドキュメンタ?...

[映画『スラムドッグ$ミリオネア』を観た]

☆・・・あああ、これは素晴らしい作品であった^^;  私は、アカデミー賞なんてのは、『オーストラリア』(←これはこれで楽しい^^)みたいな「お祭り作品」に与えられるものとばかり考えていたのだが、この作品は、主人公がTV番組『ミリオネア』と言う番組に出演...

ファイナルダンサー!~『スラムドッグ$ミリオネア』

 SLUMDOG MILLIONAIRE  "Who Wants To Be A Millionaire?"  2006年、インド・ムンバイ。スラム育ちの青年ジャマール(デーヴ・パテル)は 人気クイズ番組に出演、最高賞金額獲得まであと一問...

スラムドッグ$ミリオネア

インドの現実。疾走。三銃士。

スラムドッグ$ミリオネア

ファイナルのアンサー後の感動と蛇足 【Story】 テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される…。 評価 ★★★★☆(4.5P) ...

♯22 「スラムドッグ$ミリオネア」

映画 「スラムドッグ$ミリオネア」 SLUMDOG MILLIONAIRE を観ました         ダニー・ボイル監督 2008年 イギリス/アメリカ 『スラムの負け犬』ジャマールの成功譚。 幸せには富みも必要だが、そこに愛がなければいけない。 必死に生きてきた、ジャマー...

『スラムドッグ$ミリオネア』

(原題:Slumdog Millionair) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。危険です。 でも言いたいです。鑑賞ご予定の方は、その後でお願いします。m(_ _)m 「某映画評論家氏の決めゼリフを借りれば 『これ、観なさい!』と、それだけ言って終わらせた...

「スラムドッグ$ミリオネア」 Slumdog Millionaire

D. It is written う~ん、いろいろ話題が先行し、期待感が募りすぎたからか、あるいは劇場スタッフ曰く「配給会社がそんなに大きな会社じゃないのでプリントの数が少なくて、おかげで地方にまで同時に公開されないですよ」というトホホなこともあって、気持ち的タイミン...

スラムドッグ$ミリオネア

ゴールデングローブやアカデミー、そのほか各映画賞を総なめの話題作です。 ひとあし

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

あれ?
たいした作品ではなかったですか・・・?(^_^;)

この作品の賞レースでの活躍っぷりはすごかったですね!
私も当初は興味なかったんですが、
予告を観て「キたかも・・・」と思い、
映画を観てもその気持ちは変わりませんでした!

インド映画はダンスが最後に必ずくるということで、
それにのっとった…という感じもしますが、
私はこのダンスシーンが逆に好きでした。
スラムドッグの生命力の強さを象徴していたかなぁと。
出演者全員が出てきて踊っても良いですけどね、確かに。

私はBlu-rayを買うつもりです!

こんにちは

あくまで僕の主観ですから、お気になさらないでください(^^)

でも大したことないと言っておきながら、どこがいまいちだったか
全然レヴューに書いてないことに自分で気づきました。

特に破綻も感じなかったし不満も無い、でももう一度見たいわけでもない。
見終わった後は自分のなかに熱いものが残ることなく、ただ通り過ぎて言ったような、そんな印象でした。
ただ、本場インド映画を見てみようかなあって気になりました。
一時期結構流行ったよね。「ムトゥ踊るマハラジャ」とか

No title

うまく纏まっていい作品だとは思うのですが、
ものすごく感動した!とか、
アカデミー賞に納得!とか、
また観たい!とはならなかったですね。
確かに、どうせ踊るなら全員がよかったですね。
ジャッキーのNGシーンみたいに
ほんわかした気分になります(笑)
基本的に真面目すぎる作品は受け付けないのかも。
世間が駄作だって言う位が、
自分には丁度いいかもです^^;

No title

りとらさん、こんにちは

>確かに、どうせ踊るなら全員がよかったですね。

結構、人間のないえげつない部分っも描かれてたから
そこでいきなり明るくなられてもねえ、って僕は思ってしまいました
監督のなかでは十分計算された演出だとは思うんですが。

それにしてもこの映画がアカデミー賞独占したのがもう2年前ですか~
ですがいまだ僕は「ベンジャミン・バトン」も「グラン・トリノ」も見ていません(^^;)
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。