スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファウンテン  永遠につづく愛

ファウンテン 永遠につづく愛 / THE FOUNTAIN

医者のトミーは難病に冒された愛妻イジーを救うべく、治療薬の研究に没頭するが
なかなか進展はせず、焦りと疲労で憔悴しきっていた。

そんな彼を察してなのか、作家であるイジーは執筆中の小説を手渡す。

中世のスペイン、異端者として宗教裁判にかけられようとしている女王イザベルを救うため
マヤ文明の遺跡に隠された不死をもたらす泉を探しにいく騎士トマスの冒険譚。
古代マヤ人の思想と文化に傾倒するイジーの死生観が色濃く反映された物語だった。

2006年 アメリカ映画 ワーナー・ブラザーズ製作

監督・脚本:ダーレン・アロノフスキー
製作:エリック・ワトソン  アーノン・ミルチャン  イアイン・スミス
製作総指揮:ニック・ウェクスラー
原案:ダーレン・アロノフスキー  アリ・ハンデル
衣装:レネー・エイプリル
編集:ジェイ・ラビノウィッツ
プロダクションデザイナー:ジェームズ・チンランド
撮影:マシュー・リバティーク
音楽:クリント・マンセル

出演:ヒュー・ジャックマン  レイチェル・ワイズ  エレン・バースティン




「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督が
冒険活劇、ラヴストーリー、哲学SFの融合を試みた意欲作、というか野心作。

しかし、その試みは不発に終わったとされ、公開当時の評判は散々でした。
年月を経て評価されるタイプの作品・・・・・なのだろうか?

恐らく、スペイン編か現代編どちらかに絞れば、もっと分かりやすくなったんだと思いますが
監督はそうはしたくなかったんでしょうね、むしろ宇宙編に一番力を入れたかったんではないでしょうか。

宇宙空間を浮遊する球体の中で、坊主に作務衣の主人公が座禅したり太極拳する不思議な映像。
亡くなったはずの妻が幾度か現れ、そのたび彼は自責する。
しかし最終的に真理(輪廻転生)を悟ることができた。

結局この作品のテーマは受け入れて乗り越える、という何度も描かれてきたことだと思うんです。

星で衝突して昇華するのは今までの主人公の死=心の傷が癒されて新しく生まれ変わった

ということだと解釈してます。

ただ監督によるとこれはトミーの心象風景ではなく、新薬を完成して本当に不老不死になって
宇宙船で旅をする未来の主人公らしい....

とにかく明確なストーリーやはっきりとした答えがないので
独特の映像美に浸るといった見方のほうがすんなり入れるかもしれません。

それとヒュー・ジャックマンのドラマ演技の代表作は「プレステージ」はなく
「ファウンテン」だと僕は思っているので、彼の演技にも注目して欲しいですね。

ジャックマン演じる主人公は
スペイン編はトマス、現代編はトミー、宇宙編はトムと区別されています。

トマスは”ウルヴァリン”や”ヴァン・ヘルシング”にも通じるヒロイックなキャラで
見た目も中身もカッコイイし、ヒューは一度は騎士モノをやるべきだと思ってますが

一番、共感しやすいのはやはりトミーでしょうかね。

妻の為という一心で邁進しても、実は彼女の真意を読み取れていなかったというのは
死を目前に達観してる感のあるイジーに比べると多少エゴイスティックかもしれませんが
非常に人間臭いです。

マヤ人の創世神話を熱心に語る彼女を「一体何を言ってるんだろう」って表情してましたが
切羽詰まってるのにこの手の話されても面食らうのは仕方ないことです。

レイチェル・ワイズのことも少し書きます。

レイチェルは一番好きな、とまでは言いませんが
かなり好きな女優です。最近、映画レビューで女優さんのことあまり書いてなくて
ゾーイーについてもあまり触れてないから、興味なくしたのかと皆さん思ってるかもしれませんが
全然そんなことありませんから。ちゃんと彼女達のファンですからね 誰に向けての言い訳なのか

それに男優やアクションスターについて熱く書くほうが僕らしいんじゃないか
と自分でも最近思い始めたので(笑)

それはともかくレイチェルは一番日本人受けするタイプの人ですよね。
「ハムナプトラ3」の何が評判悪かったかって、レイチェルが降板して
ヒロイン別の人になったからでしょう。
後任の女優さんを悪く言うつもりは毛頭ないんですが、もしレイチェルのままなら
舞台がエジプトから中国に移っても、もう少し違った反応になっていただろう。
元々、出来は決してよくないけど楽しいからOKみたいなノリのシリーズだったし
そういうところが僕も好きだった。

何で降りたのか、あくまで推測ですが
脚本もイマイチだったんでしょうし、彼女自身も
「これからはオスカー女優だしシリアスや文芸路線で行くわよ」
っていう気だったんでしょうか。
ってか、ブレイクしてからあっという間にアカデミー賞獲りましたね、この人。
しかも今は007の嫁だし。

ですが、これも個人的な印象なんですけど
受賞した後、レイチェルはどうも作品に恵まれていない気がします。

まず、この「ファウンテン」は大コケしてるし(監督とは当時、事実婚のカップルでした)
「ラブリーボーン」もヒットしたとは言い難い。
この話も残念でしたね。もう一人のレイチェルは変わらず出るみたいなのにね。

それと「ブラザーズ・ブルーム」っていうのがあるんですよ



これがすげーつまんねー

本国では何度も公開延期されたようで、レイチェルに加えエイドリアン・ブロディ
マーク・ラファロ、菊池凛子というキャストにもかかわらず日本では劇場公開されなかった。
本編を見て納得した。
オフビートなユーモアが、とかそういうフレーズで誤魔化すのはやめてくれ。
つまんねーもんはつまんねーから。

でもここでは評判いいほうだし

俺、映画見る目ないなー。

つまるところ、レイチェルは最近パッとしないというよりは僕好みの映画に出なくなってるだけかもしれません。

ただ、今年は「ボーン・レガシー」のヒロイン良かったし
来年はディズニーのファンタジー超大作「オズ はじまりの戦い」でも、またヒロイン。
ヒロインというよりは三人いるメインの女性キャラの一人で、むしろ悪女?の役だそうで。
それはそれで、うん。

これからもレイチェルには真面目そうな映画だけじゃなく、わかりやすい娯楽大作にも出てほしいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

バーンズさん、こんばんは☆

とうとう書かれたのですね~!記事を!!!
早速読ませて頂きましたよ~☆

>「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督が

「ブラック・スワン」も、今年見ましたが、今ひとつでした・・・
でも「レスラー」は好きです。
これからも見てゆきたい監督さんです♪

>結局この作品のテーマは受け入れて乗り越える、という何度も描かれてきたことだと思うんです。

あぁ、そういう事でしたら納得できそうです。。。
難しい映画で1年間 よく分からなかったけど、
そういう事なら・・・気付かせて下さり、有難う☆

>とにかく明確なストーリーやはっきりとした答えがないので
>独特の映像美に浸るといった見方のほうがすんなり入れるかもしれません。

そうですね~!
美しい作品でした☆
特にエンドロールはそれだけで芸術作品になっていましたネ!

>それと「ブラザーズ・ブルーム」っていうのがあるんですよ
>これがすげーつまんねー

本当にヒドイ作品でしたね~。
良い俳優ばかりなのに、どういう事なんでしょうね~?
前に見た「クローサー」というのも、別の俳優陣でしたが
良い俳優ばかりだったのに作品はダメでした。。。

こういう事は、俳優の名前でお客を呼べると思う
製作者の怠慢のような気がします☆

・・・いつか機会があったら「ファンテン 永遠に続く愛」再見して、
バーンズさんの記事の内容をかみしめたいと思います。。。

Re: バーンズさん、こんばんは☆

miriさん、こんにちは

> 「ブラック・スワン」も、今年見ましたが、今ひとつでした・・・
> でも「レスラー」は好きです。
> これからも見てゆきたい監督さんです♪

「ブラック・スワン」は僕も見たんですけど、何だか難しい映画でしたね。(駄作と言う訳ではなくて)
「ファウンテン」より感想書くのよっぽど難しそうだったから(笑)
レビューはスルーしました。

> 特にエンドロールはそれだけで芸術作品になっていましたネ!

白い背景が雰囲気にマッチしてましたね

> >それと「ブラザーズ・ブルーム」っていうのがあるんですよ
> >これがすげーつまんねー
>
> 本当にヒドイ作品でしたね~。
> 良い俳優ばかりなのに、どういう事なんでしょうね~?
> 前に見た「クローサー」というのも、別の俳優陣でしたが
> 良い俳優ばかりだったのに作品はダメでした。。。
>
> こういう事は、俳優の名前でお客を呼べると思う
> 製作者の怠慢のような気がします☆

miriさんもご覧になっていましたか!
よかった人のほうが多そうな作品だから、ちょっと心配してましたが安心しました!
ああいうタイプの作品が本当の良作って祭り上げられるのもどうかなぁ...

でも、同じ監督の新作で「LOOPER」という映画は期待してるんです。
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。