スリーデイズ

スリーデイズ / THE NEXT THREE DAYS

2010年 アメリカ映画 ライオンズゲート製作

監督・脚本:ポール・ハギス
製作:マイケル・ノジック  ポール・ハギス  オリヴィエ・デルボス  マルク・ミソニエ
製作総指揮:アニエス・メントレ  アンソニー・カタガス
撮影:ステファーヌ・フォンテーヌ
プロダクションデザイン:ローレンス・ベネット
編集:ジョー・フランシス
音楽:ダニー・エルフマン

出演:ラッセル・クロウ  エリザベス・バンクス  オリヴィア・ワイルド
    ブライアン・デネヒー

大学教授のジョンは妻ララ、一人息子ルークと仲むつまじく暮らしていたが、突然ララが
上司の殺人容疑で逮捕されてしまう。ララは容疑を否認し、ジョンも妻の無実を信じるが
証拠は全て彼女に不利なものだった。三年後、控訴は却下され、絶望したララは自殺を図ってしまう。
ジョンは最後の手段として脱獄させることを決意する。




オリジナルのフランス映画は見ていません。
予想でしかないので恐縮ですが
オリジナルはラヴストーリー、夫婦の絆が前面に出て
リメイク版はサスペンスが強調されているのではないかと思いますね

ラッセルのファンとしては彼の演技力にやはり魅入ってしまいます。
ラッセル演じるジョンは全くの普通人で
チンピラによってたかってボコられますし(あのグラディエーターが、あのマキシマスが)
いい具合にドンくさいんです(今まで全く関わりない世界だったから当然ですが)
万能鍵を試そうとしたら失敗して、刑務所の職員にもバレバレだけど何とか見逃してもらって

資金が底をつき銀行強盗しようとするも、それも出来ない。
犯罪者になるにはいい人過ぎる、優しすぎる、ということ。

それでも徐々に手口は洗練されていって覚悟も固まっていき
ついに麻薬売人のアジトを襲い、売上金を強奪。人も殺しちゃって完全に後には引けなくなりました。

実の両親と最後の別れをし
(親父さんと抱き合うところが妻との触れ合いより感動した.....ってどうなの?)
いよいよ大勝負に。

ここからの警察との攻防はハラハラしましたね。
正直作品そのものにはそれほど期待していなかったので、驚きました。
またズブのど素人とはいえ、教授。
警察の行動を予測し、どんな事態も想定して(というかとっさの機転が優れてたんだな)
計算しきったジョンの計画がことごとく実を結ぶクライマックスも
快感というか感動でした。
前半の演出や展開でジョンの苦しさが伝わってきただけに...

ここまで読んで
本当につらいのは妻のララでしょうが、と突っ込みたくなるかと思いますが
まあそこはね、ファンの欲目ということで大目に見てください

ていうか、車で逃走してるのにいきなりドア開ける場面で
「何考えてんだ、この嫁」と言いたくなってしまった。すいません。

まぁ、「間に合わないから今は息子を置いてく!でも必ず遭えるから!だから今は諦めよう!」
とか言うジョンも、うわ、この親父ヒデェって話ですけど。

作品自体、おもしろいのでラッセルのファン以外にもオススメ。
あと息子役の男の子がとても可愛いかったですね。

ただ、排水溝にボタンが引っかかってた件はいらなかったような。
あれで真犯人が捕まるわけでもないだろうから、かえってモヤモヤ感が.....
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【スリーデイズ】

スリーデイズ / THE NEXT THREE DAYS2010年 アメリカ映画 ライオンズゲート製作監督・脚本:ポール・ハギス製作:マイケル・ノジック  ポール・ハギス  オリヴィエ・デルボス  マル

『スリーデイズ』

□作品オフィシャルサイト 「スリーデイズ」 □監督 ポール・ハギス □オリジナル脚本 フレッド・カバイエ、ギョーム・ルマン □脚本 ポール・ハギス □キャスト ラッセル・ク...

スリーデイズ

【THE NEXT THREE DAYS】 2011/09/23公開 アメリカ 134分監督:ポール・ハギス出演:ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス、ブライアン・デネヒー、レニー・ジェームズ、オリヴィア・ワイル

スリーデイズ・・・・・評価額1750円

その罪は、愛のために。 「スリーデイズ」は、冤罪で囚われた妻を救い出す為に、夫が綿密な脱獄計画を練り上げるフレッド・カバイエ監督のフレンチ・サスペンス映画「すべて彼女

スリーデイズ

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/13164760661 :朝一から閉店までφ ★:2011/09/19(月) 04:58:15.74 ID:??? 【概要】 無実の罪で投獄された妻を救うため決死の行動に出た男の姿を描く『すべて彼女の...

スリーデイズ

THE NEXT THREE DAYS/10年/米/134分/犯罪サスペンス・ドラマ/劇場公開 −監督− ポール・ハギス −製作− ポール・ハギス −脚本− ポール・ハギス −出演− ◆ラッセル・クロウ

『スリーデイズ』

(原題:The Next Three Days) ----これって、フランス映画『すべて彼女のために』のリメイクだよね。 「そう。 前作も緊迫感に溢れていてオモシロかったけど、 これもなかなか。 最初はラ

スリーデイズ

 『スリーデイズ』(The Next Three Days)を吉祥寺のバウスシアターで見ました。 (1)この映画のオリジナルのフランス映画『すべて彼女のために』を昨年の3月に見たことがあって、リメイ

スリ―デイズ(2010)◆◇THE NEXT THREE DAYS

MOVX京都にて鑑賞。 評価:→70点  2008年に公開されたフランスのスリラー映画『すべて彼女のために』を、「クラッシュ」「告発のとき」のポール・ハギス監督がリメイク...

『スリーデイズ』 ('11初鑑賞130・劇場)

☆☆☆★- (10段階評価で 7) 9月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:10の回を鑑賞。

スリーデイズ

『スリーデイズ』---THE NEXT THREE DAYS---2010年(アメリカ)監督:ポール・ハギス出演:ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス 、ブライアン・デネヒー、レニー・ジェームズ、リーアム・...

スリーデイズ

これは面白かった。

スリーデイズ

無実の殺人罪で刑務所に送られた妻ララエリザベスバンクスを助けるために奔走する夫ジョンラッセルクロウのお話。ララに有利な証拠がまったく挙がらず、控訴も棄却され望みがなくな...

『スリーデイズ』

「逃げ切れるのか」に徹した映画。とにかく最後の最後まで「逃げ切れるのか」を徹底的に見せ切る。そのポール・ハギス監督の演出力に脱帽する映画でした。 残念ながらオリジナル ...

[映画『スリーデイズ』を観た]

☆いやはや、ずーっとドキドキしっ放しで、今もまだドキドキしてますよ^^      愛する妻と子と幸せに暮らしていたジョンだったが、ある朝、突然、妻が殺人容疑で逮捕される

脱獄させるために、

30日のこと、映画「スリーデイズ」を鑑賞しました。 妻が殺人容疑で捕まり 刑も確定してしまう そこで 夫のジョンは妻を脱獄させようと決意する 脱獄モノとはいえ そこにいたるまで

妻の人生を取り戻すために~『スリーデイズ』

 THE NEXT THREE DAYS  大学教師のジョン(ラッセル・クロウ)は、愛妻ララ(エリザベス・バンクス)と一人 息子ルークと幸せに暮らしていた。そんなある日、ララが殺人容疑で逮捕さ

映画:The Next Three Days(日本未公開) ハリウッド版リメイクの出来は?

フランス映画「すべて彼女のために」のハリウッドリメイク版だそう。 ただこちらは凄い豪華バージョン。 まず監督が、脚本の実績も多い監督 ポール・ハギス(クラッシュ他) そし

『スリーデイズ』

'11.09.12 『スリーデイズ』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選。いつもありがとうございます! 風邪気味で行けるか心配だったので1人で行く予定だった。朝、偶然migちゃんも同じ試写会

スリーデイズ

スリーデイズ ★★★★☆(★4つ) 無実の罪で収監された妻を脱獄させる。完全犯罪のタイムリミットは3日間。 これ、面白かったです久しぶりに期待以上の作品だった 長い(134

スリーデイズ

無実の罪で投獄された妻を救うため、命懸けの脱獄計画に挑む男の姿を描く「告発のとき」のポール・ハギス監督作。出演は「ロビン・フッド」のラッセル・クロウ、「やさしい嘘と贈 ...

スリーデイズ

スリーデイズ [DVD](2012/03/02)ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス 他商品詳細を見る 【THE NEXT THREE DAYS】 制作国:アメリカ 制作年:2010年 愛する妻子とともに、幸せな毎日を過ご

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは☆

この映画は未見ですが、オリジナルの「すべて彼女のために」をちょっと前に見ました。

>オリジナルはラヴストーリー、夫婦の絆が前面に出て

こんな感じではなかったです。
なんというか、納得できたような、出来なかったような、
色々な意味で穴だらけで、なんだかな~って感じでした。
俳優陣は良かったんですけど・・・。

リメイクがあるとは聞いていたのですが、
ラッセル・クロウさんでしたのね!
いつか機会があれば見たいです☆

オリジナルでは「ふつーの学校の先生」で「教授」ではなかったです。
あと多分終盤の、警察との攻防、というところは
同じようにサスペンス~な感じだったように思います☆

*******************

ところで先日、ヒューさんの「オーストラリア」見ました☆
(キッドマンは嫌いです)
内容は、日本人についての真偽不明なシーン以外は、
まぁかの国を愛する人が作った、大きなお話で良かったです。

ヒューさんは、今までで見た中で、一番素敵でした♪
バーンズさんに言わなくては、と思っていました。

では、来週末、良かったらご一緒いたしましょう~☆

Re: こんにちは☆

miriさん、こんにちは

> >オリジナルはラヴストーリー、夫婦の絆が前面に出て
>
> こんな感じではなかったです。

そうでしたか~、”こうなんだろう”って当てずっぽうで書くのもあんまり良くないですね
すいません。元の作品も近いうちに見てみようと思います

「オーストラリア」は劇場で見ましたよ~
監督もオーストラリア人なので母国の美しい自然を映像におさめたい気持ちは伝わってきました
話はちょっとトッ散らかってたけど.....

キッドマンさんは綺麗なのは確かなんですよね~、魅力感じないんですよね~
きっと同性に支持される人なんだろうと思っていたんですが、お嫌いでしたか?
実は僕の母もキッドマンを嫌ってるんです(笑)

No title

TB ありがとうございます。

ラッセル、格好よかったですね
ドラマとしてなかなか見ごたえがありました

No title

リバーさん、こんにちは
コメントありがとうございます

ラッセルは今後の新作も結構多いですね
(超売れっ子てわけでもないけど)
一時期かなり選んでた時期があったので、嬉しいです

オリジナルみてみたい

こんばんは!!

オリジナルの監督さんの2作品目が面白かったので
ちょっと期待
2作目も、ずぶの素人が戦いますです

最後のシーンは観てる側に逃走した事は
結果無実なんだからいいんだよって思わせたいのかな?
あの根性嫁 もしかしたら本当に犯人なんじゃないかとちょっと思ったしね

雨里さん、こんばんは


フランスのエンタメ系の監督と言えばリュック・ベッソンくらいしか知らなかったんですけど
(フランス映画自体あまり見ないんで....)
今後は結構増えてきてそうですね。
「96時間」もフランスの監督だったし

> あの根性嫁 もしかしたら本当に犯人なんじゃないかとちょっと思ったしね

あの奥さん、見る前は純真キャラかと勝手に思ったんですが
結構クセモノのように感じたなぁ

こんにちは

ワタシもオリジナルは見ていません。
仏語アレルギーがあるので、多分借りてまでは見ません。

9月に見た映画の中では自分の中ではTOP1です。
ちょっと長いけどすごく引き込まれました。

まぁ、フツーの人間が脱獄計画立てて、すんなりいくほうが
おかしいですもんね。妻のためなら自分の身は厭わない。
監獄の中に居るララより、ジョンの方がキツイ思いをしたでしょうね。

車のドアを開けて・・・のシーンは観てて目が回りました。
母でもあるワタシとしては、あの気持ちはわからんでもないですが
もたもたしてる状況じゃないのにな、とも思いました。

最後のボタンのシーンは観客へのサービスですよね。
アレではっきり犯人じゃないのが判りましたもんね。

No title

mia☆miaさん、こんばんは

>車のドアを開けて・・・のシーンは観てて目が回りました。
>母でもあるワタシとしては、あの気持ちはわからんでもないですが
>もたもたしてる状況じゃないのにな、とも思いました。

ここは男女で結構意見が分かれるのかもしれません。
一時的とはいえ子供は置いてくと判断したジョンに共感できないというのが
一般的な見方かも、という気もしてきました。

>最後のボタンのシーンは観客へのサービスですよね。
>アレではっきり犯人じゃないのが判りましたもんね。

最初に警察がちゃんと見つけてれば、こうなることはなかったろうにねぇ
それによく三年もひっかかってたなぁ、あのボタン(笑)
プロフィール

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。