メタルヘッド

メタルヘッド / HESHER

母親を自動車事故で亡くした一家。
父親のポールは鬱状態から立ち直れず、一人息子TJは心に深い傷を負い学校ではイジメにあっていた。
希望の見えない、まさに最低な日々。
そんな彼らの前にエクストリーム行為とヘヴィメタルを愛する謎の男ヘッシャーが現れる。
傍若無人で予測の出来ないヘッシャーの振る舞いに、一家は振り回される。
しかし、徐々に、悲しみや絶望とは違う何かが目覚めはじめていた。

2010年 アメリカ映画

監督・製作・脚本・編集:スペンサー・サッサー
製作:ルーシー・クーパー  マシュー・ウィーヴァー  スコット・プリサンド
    ナタリー・ポートマン  ジョニー・リン  ウィン・シェリダン
原案:ブライアン・チャールズ・フランク
脚本:デヴィッド・ミショッド
撮影:モーガン・ピエール・サッサー
プロダクションデザイン:ローラ・フォックス
衣装:エイプリル・ネイピア
編集:マイケル・マカスカー
音楽:フランソワ・テータ

主演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット  デヴィン・ブロシュー
     ナタリー・ポートマン  レイン・ウィルソン  パイパー・ローリー
      



題名からしてこれは見なければと思っていたのですが
実際はレンタル開始から鑑賞までかなり間が空きました(笑)

鬱々した雰囲気、気の抜けるようなユーモア、終盤の救いのある展開がうまく合わさっていて良い作品でした

ジョセフ・ゴードン=レヴィットのカメレオンぶりはこの作品でも見事です

夢見る恋愛青年や潜在意識強盗のプロフェッショナルと同じ役者だと
意識しなければ気づかない
(「キルショット」で殺し屋ミッキー・ロークの相棒になるチンピラが割りと近いけど、違うんだ)

子役も初めて見る子だけどよかったです。
悲しみを一杯溜め込んで小さな背中を向けてとぼとぼ歩く姿がいたいけでキュンときた。
いわくつきの廃車を取り戻そうと一生懸命なのも健気でね

憧れのお姉さん(ナタポ)とも知り合いになれて(これもヘッシャーさんのおかげ、何だかんだでいい人)
段々と活気が戻りつつあったTJ君の日常でしたが、色々起こって再び崩れてしまいます。

おばあちゃんの葬式でヘッシャーさんが言うのです

「ちゃんとあるじゃねーか!ちゃんと残ってるじゃねーか!」

ヘッシャーがなくしたアレと亡くなったお母さんを一緒くたにするのはどうかと思いますが
きっとこれは天国にいるお母さんも天国に入ったばかりのおばあちゃんも
言いたかったことなんです。特におばあちゃんは変わってしまった父子をずっと見てきただろうから
それをヘッシャーさんは代弁したのです、多分。うん、きっとそう。

「おばあちゃんとの約束を果たすんだ」
強引に棺を運び出すヘッシャーさんですがTJとポールは止めることもなく
一緒に棺を押し運びました。きっと胸の奥で眠っていたものを起こされたのでしょう。

いつもはわけわからん与太話ばかりするヘッシャーさんだったけど
それでも裏表ナシの本心と彼なりの真心のこもったものばかりだったんだろうね。

結局ヘッシャーさんは何者なのか

TJが行くところどこにでも出没するし、学校にもすんなりもぐりこんで
不審人物として警察に追われてるふうでもなく(パトカーに火炎瓶投げたのにw)
かといって主人公の家族だけに見えてるというのでもない。

何かの力で守られた聖人なのかもしれないし、ただの浮浪者なのかもしれない
まぁこの物語自体、おとぎ話みたいなもんですからねえ

ある人物がフッと現れてドラマが展開し、エンディングを迎えるころにはすでに去っている
いくらかの謎を残しつつ。

このよくあるパターン(西部劇とかにも多いよね)って「メタルヘッド」がまさにそうなんだけど
僕は結構好きみたいです。

この監督、次回作があるならぜひ見たい。


ここからは映画とは直接関係ない話で恐縮です。




この「メタルヘッド」という作品
超大物バンドMETALLICAの楽曲が使用された!という点で
HR/HMファンからも話題になりましたが
実は僕、METALLICAをちゃんと聞いたことが1回もないから
レビューで言及することが出来ませんでした

このバンドはスラッシュメタルという僕のあまり聞かないジャンルに分類されるのです。

↓に挙げたのが僕が好む主なジャンル。
聞き始めて4年のヤツが偉そうに、と自分でも思いますが書かせて頂きます。

シンフォニックメタル  代表曲

メタルに壮大なオーケストラルサウンドを導入する。シンフォニーの部分は生楽器を使ったフルオケだったり
シンセサイザーによるプログラミングだったりする。

プログレッシヴメタル  代表曲

ヘヴィメタルとプログレッシヴロックの合わせ技

ネオクラシカルメタル  代表曲

メタルのリフやメロディーに文字通りクラシカルなフレーズをふんだんに盛り込む。
クラシカルなメロディだけでなく、既存のクラシック音楽そのものを引用する場合もある。
衣装はフランス貴族みたいなフリフリのシャツが多いっぽい。

パワーメタル  代表曲

力強いメタル

スピードメタル  代表曲

速いメタル

この二つは実は僕はほとんど聞き分けは出来ない。
ああ、これがパワーメタルなんだねと思ったのがスピードメタルと言われ
これはスピードメタルだろうと思ったのがパワーメタル扱いだった。
代表例としてそれぞれリンクした二曲を入れ替えても
やっぱりそれほど違いは無いように感じる。
あるライナーノートで「パワーメタル的なスピード感」という表現があった。
その後、別のライナーノートでも使われ、この言い回しを最低二回は目にした。
スピード感のあるメタルって、それはつまりスピードメタルのことではないのだろうか?
結局は聞く人の感じ方によるのかな

エピックメタル  代表曲

ヘヴィメタルの歌詞の定番、”英雄伝説””剣と魔法””騎士とドラゴン”などの
ヒロイックファンタジーというテーマに特化したメタル。
空想、ファンタジー、神話だけでなく史実の戦記を歌詞にしたりもする。
そのヒロイズムを表現するため、必然的に大げさなメロディになります。
ゆえに贔屓のバンドはそれほど多くないですが僕が特に惹かれる部分の多いジャンルです。

クサメタル  代表曲

泣きが入った異様なまでにメロディアスなメタル。
メロディックスピードメタルがさらに濃くなったヤツ。
ちなみにメロディックスピードメタルは日本だけの呼称らしい。
スピードメタル自体がメロディアスなのに、
さらに”メロディック”という言葉を冠するのは
いかに日本人がメロディーを重視するか、を表していると思う

漢メタル  

代表曲 映画やアニメの映像と音楽を合わせるMADは動画サイトに山ほどありますが、これは似合いすぎている。

漢(おとこ)のメタル。これも個人の感性次第っていうか
聞いてる人が「漢だ!」と思えば、それは漢メタルなんだと思います。

こんな感じです

前述したとおり、色々細分化したヘヴィメタルのほんの一部分しか僕は聞いていません。
しかし、往々にして、日本人の感性に合った聞きやすい音楽だと思うのです。
上に挙げたクサメタルなんかは特に。
メタルは一般ウケしない
そんなイメージ誰が広めたのか、どうして定着したのかわかりませんが
そんなもん嘘っぱちです。

っていうか作品のレビューよりメタル話のほうが長くなったw
何の記事なんだかわかりゃしねえw

映画とヘヴィメタル両方について書きていきたいという趣旨のこのブログ
とはいえ映画のレビューで頼まれてもいないメタル話を長々書くのはどうなんだとも思いました。
しかし一個の記事として分けても誰も読んでくれなさそうなので(笑)
さらに邦題とはいえこのタイトル、今回書かずにいつ書くんだ
ということで、チラシの裏ではあるけど、そのチラ裏も自分のブログの一部なワケで
僕のわがままを通させていただきました。

あとヘヴィメタルを”ヘヴィメタ”と略すのに嫌悪感、拒否感を示す方も多いですが
僕はそれほどでもないのだけど、気持ちは分かります。

何故かって言うと、まず語感が悪すぎますよね。
メタメタした蛇を想像してしまう。ただ、僕は蛇ってそれほど嫌いな動物じゃないんです。
むしろ害無いなら飼ってみたいくらい。

そういえばヘッシャーさんも少年時代、蛇飼ってる設定でしたね。
餌として入れた鼠が逆に蛇に立ち向かって、箱の支配者になった。
蛇は餓死したっていう。ということはヘッシャーさんペット見殺しにしたのか、ひどいね

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メタルヘッド

ヘヴィメタ流の、家族を再生させる物語。 ジョセフが小汚くてイカれた男なんだけど、憎めない☆ HESHER 監督:スペンサー・サッサー 製作:2010年 アメリカ 出演:*ジョ

メタルヘッド

メタルヘッド [Blu-ray](2011/09/21)ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ナタリー・ポートマン 他商品詳細を見る 【HESHER】 制作国:アメリカ  制作年:2010年 自動車事故で母を失い、心に大...

映画『メタルヘッド』を観て

11-45.メタルヘッド■原題:Hesher■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:106分■字幕翻訳:山門珠美■鑑賞日:7月10日、シアターN渋谷(渋谷)■料金:1,800円

メタルヘッド

脇でもインパクトを残すナタリー・ポートマン 【Story】 自動車事故で母親を亡くした少年TJ(デヴィン・ブロシュー)は途方に暮れた生活を送っていたがそんなある日、一風変わっ

『メタルヘッド』

'11.07.13 『メタルヘッド』@渋谷シアターN これ見たかった! だってジョセフ・ゴードン=レヴィットがメタルになるんだよ! それは見なきゃ(笑) ということで、『ムカデ人間』観賞の際...

その名はヘッシャー~『メタルヘッド』

 HESHER  母を亡くし、祖母の家で引きこもる父と暮らす少年TJ(デヴィン・ブロシュー)。 彼はある日、粗暴で破天荒な男ヘッシャー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)と 出逢う

メタルヘッド

自動車事故で母親を亡くしたばかりの少年TJ(デヴィン・ブロシュー)と父ポール(レイン・ウィルソン)は、悲しみから立ち直れない日々を送っていた。 ある日、長髪に半裸の粗暴な

メタルヘッド

評価:★★★★【4点】(13) グズグズ悲しみを引きずっている家族にはショック療法がいちばん!

メタルヘッド

【HESHER】 2011/06/25公開 アメリカ 106分監督:スペンサー・サッサー出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ナタリー・ポートマン、レイン・ウィルソン、デヴィン・ブロシュー、パイパ

メタルヘッド

HESHER/10年/米/106分/ドラマ/劇場公開 監督:スペンサー・サッサー 製作:ナタリー・ポートマン、スペンサー・サッサー 脚本:スペンサー・サッサー 編集:スペンサー・サ

コメントの投稿

非公開コメント

バーンズさん、こんにちは!

ジョセフは風変わりな役を見事にこなしてましたね~

フッと現れて嵐を呼んで、でも家族を良い方向へ向かわせ、
去っていったヘッシャーが何者か、謎のままでしたが、
これは「ヘヴィメタ流お伽話」と捉えました。

えっ、ヘヴィメタと言う言い方から蛇を想像するって?
考えた事も無かった。全然 語感が悪いなんて思いませんよ。
「クサメタル」「漢メタル」のほうがダサそうな感じがするけど・・・(^▽^;)
それにしても、ヘヴィメタにそんな多くの種類があるんですね~
ちょっと区別がつかないなあ~(^^;

No title

邦題とジョセフ・ゴードン=レヴィットが気になってはいるのですが
まだ観れていない作品です。
なので前半はちゃんと読めていないのですが
後半のメタルの解説はおもしろかったです。

私も日本人はメタルがあうと思います。
「泣き」のメロディは演歌に通じるものが・・・ないかな。笑
そんなに聴いてはないですが
(最近のは全然知らないので↑がとても参考になりました。)
特に北欧系メタルは日本人の感性にあってるような気がします。

>ちなみにメロディックスピードメタルは日本だけの呼称らしい。
『メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー』でもメタルを分類してたのですが
メロスピがない!って愕然としたことがあります。

Re: バーンズさん、こんにちは!

YANさん、こんにちは

> 「クサメタル」「漢メタル」のほうがダサそうな感じがするけど・・・(^▽^;)

まぁ、なにぶんメタル自体にちょっとダサめのイメージ付いちゃってますしね......
比較的オシャレなメタルバンドというと自分の聞いてる中ではAVENGED SEVENFOLD
というのがそうだと思います。Mステに出ても違和感なさそうだし(笑)
サウンド的にも耳馴染みがいい

> それにしても、ヘヴィメタにそんな多くの種類があるんですね~
> ちょっと区別がつかないなあ~(^^;

上に挙げただけでも1/5くらいでまだまだありますよ
ただ、どのジャンルもリンクしている部分があるというか完全に違ってはいません。
たとえばクラシックの要素があるという点でシンフォニックとネオクラシカルは共通していますし

No title

マミイさん、こんにちは

>私も日本人はメタルがあうと思います。

かつてX JAPANがあれだけ席巻したんだから
合わないはずがない!......と思う(笑)

そういえばMANOWARのアルバムのライナーノート見てたら
THANKSの項目にYOSHIKIの名前がw

メロスピは海外ではほとんど「パワーメタル」に分類されるそうですよ
本家の人の感覚だから仕方ないけど
”パワー”って聞くとドシっとしたミドルテンポの曲を連想しちゃうんだけどなあ、僕は

メタルといっても・・・

なるほど~
メタルといってもいろいろ種類があるのですね・・・

個人的には「クサメタル」というネーミングが好きです(笑)

Re: メタルといっても・・・


聞いてるほうも「ひとくくりに”ヘヴィメタル”」でいいんじゃないかなと思うときもあるんですが
メタラーの方々もコレは好きだけど、アレは嫌だとか、結構あるようなので
細分化してしまうんです

もしリンク先の曲を聴いて一つでも気に入っていただければ幸いです。

No title

>題名からしてこれは見なければと思っていたのですが
同感です!・・・って、今さらって感じですが。

>特におばあちゃんは変わってしまった父子をずっと見てきただろうから
>それをヘッシャーさんは代弁したのです、多分。
おばあちゃんとヘッシャーさんって案外いいコンビだったように思います。
おばあちゃんと接してヘッシャーさんも少し変わったような気がしました。
最後の「散歩」も感動しました。

>結局ヘッシャーさんは何者なのか
謎多き人でしたね。しかも、その謎をあかさないのがいいです!
出て行ったとみせかけて、家に入ったら
何食わぬ顔でシリアル食べてたりして・・・ともちょっと思ってしまいました。笑

Re: No title

マミイさん、こんにちは

劇中のヘッシャーさんの如く不思議な作品でしたね

シリアス、コメディ、若干の欝な雰囲気、どの要素もあって、どれが濃いわけでもない。
クセはあるけど、イイ作品だと思います

>謎多き人でしたね。しかも、その謎をあかさないのがいいです!

浮世離れしてるというか、作風自体ちょっとファンタジー入ってますよね。

>出て行ったとみせかけて、家に入ったら
>何食わぬ顔でシリアル食べてたりして・・・ともちょっと思ってしまいました。笑

「まだ居ますけど何か?」みたいな表情で、サラッと流すんだろうなぁ、
「おぅ、どうよ?」程度の軽い挨拶してw
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。