スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン・ホーネット

グリーン・ホーネット / THE GREEN HORNETT



2011年 アメリカ映画 コロンビア製作

監督:ミシェル・ゴンドリー
製作:ニール・H・モリッツ
製作総指揮:セス・ローゲン  エヴァン・ゴールドバーグ
原作:ジョージ・W・トレンドル
脚本:エヴァン・ゴールドバーグ  セス・ローゲン
撮影:ジョン・シュワルツマン
プロダクションデザイン:オーウェン・パターソン
編集:マイケル・トロニック
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演:セス・ローゲン  ジェイ・チョウ  キャメロン・ディアス  クリストフ・ヴァルツ 


公開時から評判悪いの聞いてましたから、ずーっとスルーしてたんですが
なぜか気が向いたので。

世評ほどは悪くない気がするけど、全体通して見ると、やっぱりイマイチでしたね。

この原因は、この作品でアクション映画を初めて手がけた(要するにこなれてない)
ミシェル・ゴンドリー監督の演出からきてるように思えます。

決してこの監督がダメ監督だという意味ではないのですが
(「僕らのミライへ逆回転」は好き、だけど、それしか知らない)
向き不向きというか適材適所という言葉を痛感させられる。

途中で画面がいっぱい分割されるところあるけど、2とか4ならまだしも
どんどん増えて16くらいになってたのは見づらくて仕方なかった。

ストーリーもセス・ローゲン(脚本も担当している)らしく”ブロマンス=男の結束”に
重きを置いていますし他のセスの映画ではそれがいい方向に作用しているけど
「グリーン・ホーネット」の主役コンビはどうも魅力的じゃなかったな。

一番ショックだったのはエドワード・ファーロングの変貌!
あのジョン・コナーが、ほんと、どうしてこうなったって感じです。

最初はジェイク・ギレンホールとジェット・リーで進められてたというこの作品。
そっちで見たかったなぁ、セスが嫌いなわけじゃないんだけど。
ジェイクもアクションできるしね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 バーンズさん、こんにちは。
 個人的にはこの作品のジェイ・チョウが好きでしたねwww

 で、ジェイがプロヂュースする台湾ドラマ『パンダマン』を見ましたが、これはとんでも作品でした(@@;)
 無駄にお金が掛かっていたんだけど、ヒーロズ(パンダマン)にイマイチ魅力がなくて、、、、、でも、格好悪いジェリー・イェン(ゲスト出演)はツボに入ってしまいました(爆)

No title

チョンミさん、こんばんは

あまり台湾の役者さんについてよく知らないのですが
ジェイ・チョウが出演した英語の作品って今のところ、これだけかな?

パンダマンは画像を検索したのですが、なかなかシュールですね(笑)

No title

「グリーン・ホーネット」観ました。
主人公が人を殺しても気にしてないところが引きましたけど、全体的にはクスクス笑える作品でした。

>この原因は、この作品でアクション映画を初めて手がけた(要するにこなれてない)ミシェル・ゴンドリー監督の演出からきてるように思えます。

たしかにアクション映画っぽい爽快感とかはなかったです。
いまいちメリハリがなかった気がするし。
何度か撮れば変わるかもしれませんね。

>一番ショックだったのはエドワード・ファーロングの変貌!

後から知って驚きました。
好きなドラマのCSIでもチラッと出てきてたんだけど、その時も見事に気付かなかったという(笑)
心の中のジョン・コナーは永遠にあの頃のままです!

No title

宵乃さん、こんばんは

>主人公が人を殺しても気にしてないところが引きましたけど
全体的にはクスクス笑える作品でした。

殺し方も結構残酷でしたね。悪の親玉の両目を潰したのはちょっとビックリ(笑)

>好きなドラマのCSIでもチラッと出てきてたんだけど、その時も見事に気付かなかったという(笑)
>心の中のジョン・コナーは永遠にあの頃のままです!

ジョン・コナーのときからだいぶ変わりましたけど(特に体型)
でも、目の辺りとかよく見ると
やっぱり、基本的にはすっごい整った顔してるんだな~と改めて思います。
それがまた悲しい....
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。