スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビューティフル・マインド

ビューティフル・マインド / A BEAUTIFUL MIND

2001年 アメリカ映画 ドリームワークス&ユニヴァーサル製作

監督:ロン・ハワード
製作:ブライアン・グレイザー _ ロン・ハワード
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:マイク・ヒル _ ダン・ハンレイ
プロダクションデザイン:ウィン・トーマス
衣装:リタ・ライアック
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演:ラッセル・クロウ _ ジェニファー・コネリー _ エド・ハリス _ クリストファー・プラマー

気鋭の天才数学者ジョン・ナッシュは波瀾の運命に見舞われるが
妻アリシアの支えとともに、乗り越えようとする。
過酷な日々をへてノーベル賞を授与されるまでの真実の物語




ロン・ハワード監督のキャリアとしては到達点といえる作品。
個人的には他の作品のほうにより好きなのがあるんですが
何せアカデミー賞で作品&監督賞獲りましたしね。

ただ「賞獲ったらしいけど、よくわからなかった」
「思ったほど感動しなかった」という声も多かったですね。
そんな反応はある意味当たり前です。
どんな映画も万人を満足させることはできませんから

ただ、それを抜きにしてもこの「ビューティフル・マインド」は名作ですけども多少癖のある作品だと思います。

映画を見始めたばかりの小学生時代
僕はアカデミー賞といえば倫理的に正しいとか聖人君子のような人物を扱った映画に贈られるものだ
と勝手に思っていた。映画を通して道徳を広める、みたいな。
そういう面も少しはあると思う。
しかし、それだけではなく、むしろ善人とは正反対のド悪党の演技とかで
賞を獲ったりすることもあるんだということがだんだんわかってきた。

この映画の主人公ジョン・ナッシュも偉人であるに違いないけど、なかなかの曲者。

天才ゆえに傲慢で、ちょっといやなやつ、で、ところどころ子供っぽいですよね。
囲碁の勝負で負けたのを認めず、「僕に間違いはない、ルールに問題がある!」とか言ったり。
他にも初対面の同級生に君のネクタイの柄は数学的に破綻しているとか指摘したり、変り者まっしぐら。
でも、その後の彼を襲う病気と、それを克服しようとするさまには、もう敬服するしかないですよ。
一番の功労者は奥さんですけど。

主演のラッセルも三年連続オスカーノミネートで乗りに乗ってました。
当時37歳のラッセルが25歳から72歳までを演じ切ります。
人物として好感持てるのはジェームズ・ブラドックだけど
ラッセルの演技がのびのびと冴えてるのはこっちのほうかも。
変わってるのに魅力的というか目が離せないんですよね、ナッシュ博士は。
エキセントリックというか

あと動作というか仕草ね、手の動きとか歩き方とか。
当たり前だけどヒロイックなキャラの時とは全然違う。
さっき書いた囲碁の場面で
負けた悔しさから捨て台詞を吐いて立ち去ろうとするんだけど
足が引っかかってつんのめってしまうという二重の恥ずかしさ。
その後、同級生(囲碁で負けた相手、でも後年、この人がナッシュをすごく支えてくれるんだよね)
が優秀な成績を出してるのに、自分は思うような結果が出せない。
この序盤の流れは、そんなに重要な場面でもないですが、何だか妙に印象に残ります。

ナッシュを子供っぽいと書いたけど、それは悪い意味ではなく
こういう男の子いるよねっていう、永遠の少年性をナッシュが内包してるんだと思います。
(ラッセルは決して童顔じゃないのにw)

そんなところに妻のアリシアさんも惹かれたんでしょうかね

あまり「泣けた!」「感動した!」って感想を書いてなくてすいません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!
こちらは私も好きな作品ですが、もうすっかり忘れてしまって。囲碁の勝負のくだりなんて、バーンズさんの記事を読んでも思い出せない始末です(汗)
演出が素晴らしかった印象ですが、演技も見ごたえあるもののようですね。あのラッセル・クロウが子供っぽさのある役を見事演じているとは!

>あまり「泣けた!」「感動した!」って感想を書いてなくてすいません。

いえいえ、やはり泣けたかどうかより、映画を楽しめたかどうかが大切です。私も全然泣けなかったし…。
三作目もご参加ありがとうございました♪

Re: No title



> こちらは私も好きな作品ですが、もうすっかり忘れてしまって。囲碁の勝負のくだりなんて、バーンズさんの記事を読んでも思い出せない始末です(汗)

なんとなく最近の映画っぽい気がしてましたが、実際はもう一四年前なんですよね。

> 演出が素晴らしかった印象ですが、演技も見ごたえあるもののようですね。あのラッセル・クロウが子供っぽさのある役を見事演じているとは!

ラッセル本人も時々、ものすごく子供っぽいゴシップで話題になってましたけど
演技でそういう部分を出せる才能は、やはり天性のものだと思います

> 三作目もご参加ありがとうございました♪

僕も見直したかった映画を三本も見れてレビューも書かせていただいて、ありがとうございました

バーンズさん、お久しぶりです☆

こんばんは、今回は同じ監督3作品ですネ☆ 凄い☆
他の2作品も見たことありますが、随分前なので、今日再見したこの作品にコメント書かせて頂きます♪

>この映画の主人公ジョン・ナッシュも偉人であるに違いないけど、なかなかの曲者。

初見時に見終わってから、この映画が事実の通りではない部分があると知り、その部分について大ショックを受けたのですが、今回は半分くらいフィクションと思って見たので大丈夫でした☆

>その後、同級生(囲碁で負けた相手、でも後年、この人がナッシュをすごく支えてくれるんだよね)

このエピソードが素敵ですよね~あの時点なら棄てられて当然だったかもしれないのに・・・若いときのジョンを知っているからこそ、ベタベタしない良い意味での友情が感じられました♪

この作品は何と言うかこころに引っ掛かるというか、残っていく作品ですよね~。 誰もが認める大名作とかではないのですけど・・・。

またお話しいたしましょうネ~。 全国的に暑いので、どうかお気を付け下さいませ♪


.


Re: バーンズさん、お久しぶりです☆

miriさん、こんにちは

>見時に見終わってから、この映画が事実の通りではない部分があると知り、その部分について大ショックを受けたのですが、今回は半分くらいフィクションと思って見たので大丈夫でした☆

やはり映画、話として見せるためには何かしらの脚色は必要なのでしょうね。やりすぎはダメだけど

>このエピソードが素敵ですよね~あの時点なら棄てられて当然だったかもしれないのに・・・若いときのジョンを知っているからこそ、ベタベタしない良い意味での友情が感じられました♪

お互い仲がよかったわけではないけど同じ学問を追及して切磋琢磨してる部分で理解があったんだと思います。


>またお話しいたしましょうネ~。 全国的に暑いので、どうかお気を付け下さいませ♪

お気遣いありがとうございます。
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。