ソード・ハンド 剣の拳

”掌から剣を突き出す青年の孤独な戦い”、そんな宣伝文句を見て
僕のなかの中2スピリットは震えだした
これは見なければ(ってレンタル始まってからだいぶ経ってましたけどw)

ソード・ハンド 剣の拳 / MECHENOSETS

2006年 ロシア映画

監督:フィリップ・ヤンコフスキー
製作:セルゲイ・セリアノヴ
撮影:マラト・アデルシン
編集:ヤロスラヴ・モチャロヴ
プロダクションデザイン:イェレーナ・ズコヴァ
音楽:イゴール・ヴドヴィン

出演:アルチョム・トカチェンコ  チュルパン・ハマートヴァ

手から剣を突き出すという特異体質を持つ青年サーシャは誰とも関わらない人生を送っていた。
自衛の為に犯した殺人がもとで警察やギャングに追われる彼は
ある街でカーチャという女性と恋に落ちる。
確実に迫る追っ手。カーチャを守るため、サーシャは再び自らの戒めをとく。




ダークヒーロー映画と思ったら鬱展開作品 なんだこりゃ

個人的には先日の「RPG」より数段、こっちの方がヒドイです。

ロシア映画ならではの重~い雰囲気はそれなりに味わえますが
アクションヒーロー映画としてはカスもいいとこ。

肝心のソードを振るう場面がちっとも出てこないのが最大の難点
クライマックスで彼女を失った怒りからヘリを切り裂きますが、それ以外は無いです。

主人公サーシャも、気が滅入るような表情ばかりで(演じてる役者は結構カッコイイ)
それで彼の苦悩を察してやれ、というのも、なあ。
小さい頃、母に暴力を振るう父を殺したとか、そういう過去の場面もありますが
それがイマイチ現在の場面と繋がってないように思えました。

それとヒロインの彼氏はDV野郎なのかもしれないけど
家に帰って彼女が違う男といたら、そりゃ怒るだろうし
挙句の果てに殺されるのはちょっとやりすぎでは
仕方ないか、DV野郎だし

能力者が主人公のアクション映画では「ジャンパー」がありますが、
あの作品はどうも評判が悪く、だいぶ前の地上波放送で初めて見たんですが
予想していたよりずっとおもしろく、得した気分だった
(とはいえ一回見ればいいかなという印象でしたが)

それは主人公の行動が倫理的にどうかということを差っぴいても
能力バトルの演出がしっかりしてたからで
ヒーロー映画、SFアクションの醍醐味といえばやっぱりそれでしょう。

結局、この監督は特殊能力者が闘うアクション映画ではなく
異形の者が背負う宿命のドラマを描きたかったんでしょうね。
そうだとしても中途半端な作品でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これ

気になってたんですけど、やっぱ鬱展開ですか(笑
豪快なぶった切りシーン連発してくれればそれだけで楽しめそうなものをそうしないのがロシア映画ってとこでしょうか。

僕もジャンパー言われてるほど嫌いじゃありません(でも1回見たら十分ですね確かに)。

こんにちは

そーです、鬱展開でした(笑)
でも、この設定は気になりますよねー。

ロシア映画といえば「ナイトウォッチ」も一作目しか見たことないなあ
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。