スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式

オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式
HOT TUB TIME MACHINE


監督:スティーヴ・ピンク
製作:ジョン・キューザック  グレイ・ロー  マット・ムーア
製作総指揮:マイケル・ネルソン
原案:ジョシュ・ヒールド
脚本:ジョシュ・ヒールド  ショーン・アンダース  ジョン・モリス
撮影:ジャック・グリーン
プロダクションデザイン:ボブ・ジームビッキー
衣装デザイン:デイナ・ピンク
編集:ジョージ・フォルシー・Jr  ジェームズ・トーマス
音楽:クリストフ・ベック

出演:ジョン・キューザック  ロブ・コードリー  クレイグ・ロビンソン  クラーク・デューク




「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のようなSFコメディではなく
「団塊ボーイズ」「ハングオーバー」のような野郎の友情を描いたタイプの映画です

アダム、ルー、ニックは全く冴えない日々を送る親友三人組。
ルーの自殺未遂を機に集まった彼らは、アダムの甥でゲーマーでSFオタクのニート、ジェイコブ
を同伴して(ジャケットだけだと、まるでこの四人が同世代の親友のような印象を受けますが)
高校時代の思い出が詰まった雪山のリゾート地に向かうのですが
肝心の宿舎をすっかり寂れておりまして、彼ら自身もティーンエイジャーのノリには
もはや戻れない、くたびれたオッサンであることを痛感してしまう。
気を取り直して入ったジェットバス、そこで飲んで騒いで
羽目をはずしすぎて、そのまま寝てしまいます。
翌朝、起きてスキーに繰り出すと一転、若返ったかのように元気に。
でも、どうもオカしい。
周りの連中を見ると服装はレトロすぎ
TVで映るのはロナルド・レーガン大統領
マイケル・ジャクソンの肌は黒
そう、アダムたちは80年代に戻っていたのだ!(身体は若い時のもので意識だけが現在のもの)
タイムトラヴェルにおいて最大の危険は過去に干渉すること。
少しの違いが大きな変化を生み、現在の自分を消滅させる可能性もあるのだ。
タイムパラドックスを防ごうとする反面、グダグダだった青春をやり直せるかもしれないと
葛藤するアダムたち。彼らの運命や如何に?!

「あの頃は良かった」「もしあの時こうなら」
そういう未練というか、諦めきれない感情というのは男性は一際強いように思えます
もちろん女性にもあるでしょうけど

反対にこの作品には「俺たちはまだやれるんだ。輝けるんだ」というメッセージもあります
男が主人公のアメリカンコメディには多いテーマです、「スクール・オブ・ロック」とかね

ダメダメなりに頑張る男達の姿が微笑ましく、単なるオバカコメディ以上の好印象を与えています
僕は「ハングオーバー」より好きだな
(「ハングオーバー」はあの晩、何が起こったかという謎解き以外は全くおもしろくなかった。
 アメリカのコメディー映画全般が苦手なのではなくあくまで「ハングオーバー」が好きじゃないだけです)

でも何時、腕を切断するかはちょっとしつこいというか引っ張りすぎでは?
でも、ちゃんと腕戻ってよかったね。
主人公4人が幸せになって、あのホテルマンが腕なくしたままじゃカワイソすぎるもんな
(演じるのがクリスピン・グローヴァーなのは
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と引っ掛けてるんだろうね)

あと、そんな都合よくハッピーエンドになっていいのかという見方も出来るけど
これはあくまで現代の疲れたオッサンのための御伽噺なんだから
そこんところの行間を読んでいただきたい。

ただ疑問なのは、彼らはルー以外、2010年に帰って自分たちが成功者になっていると初めて知るわけですが
スキー場の騒動の後も充実した日々をすごしたわけで、その記憶というか実感がないとおかしくないですか?

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にも言えますが

その点「オーロラの彼方へ」は通常の記憶と過去に干渉した結果、新たに生まれた記憶が
混在するという設定は巧く処理してましたね
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式

【HOT TUB TIME MACHINE】 2010年劇場未公開 アメリカ 200分監督:スティーヴ・ピンク出演:ジョン・キューザック、ロブ・コードリー、クレイグ・ロビンソン、クラーク・デューク、クリスピ ...

オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式

HOT TUB TIME MACHINE/10年/米/101分/SFコメディ/劇場未公開 監督:スティーヴ・ピンク 製作:ジョン・キューザック 出演:ジョン・キューザック、ロブ・コードリー、クレイグ・ロビンソン、クラーク・デューク、クリスピン・グローヴァー、リジー・キャプラ...

【映画】オフロでGO!!!!!タイムマシンはジェット式…の記事&お盆の過ごし方:後半

本日から夜勤で仕事再開のピロEKです 記事のタイトルでは“お盆の過ごし方:後半”とか書いちゃっていますが、実は何もしていないんですよね、休みの後半 昨日2011年8月16日(火曜日)には写真でも撮ろうかと門司港レトロに行ったけど、駐車場は満車だし(空いてる場所?...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

バーンズさん、こんにちは。
コメント&TBありがとうございました。

ダメなオッサンががんばる姿はいいですよね!
ホントに周りにいると困ってしまいますが。笑

80年代って特別な時代だったんだと思います。
(バーンズさんより10歳年上の私でさえまだ子供だったので、
当時のバブリーな実感はないですけど。)
衣装とかは今見ると笑ってしまうんですけど、
キラキラしていてうらやましいな~と思ってしまいます。

>でも何時、腕を切断するかはちょっとしつこいというか引っ張りすぎでは?
最初は「危な~い!」ってドキドキしていましたが、
だんだん「またか・・・苦笑」って思うようになってしまいましたね。
(あのしつこさも80年代っぽいとは思いましたが。)

>その記憶というか実感がないとおかしくないですか?
その辺は考え始めると頭がパンクしてしまうので私は考えないようにしています。
先日、宵乃さんがタイムトラベルものを分類した記事をお書きになられていて
なるほどな~と思うとっても興味深い記事でした。
(「12モンキーズ」の記事です。)

No title

マミイさん、こんにちは。

80年代って物に溢れ浮かれすぎていた時代ってよく聞きますが、
(今でも物は多いかもしれませんね)
今現在を生きてる僕からすると、もう少し浮かれてもいい世の中
がこれから来て欲しいなと思います。

80年代のコメディーと言ったら、またコテコテでしたね
80年代→エディ・マーフィ、90年代→ジム・キャリーと
時代を牽引するコメディアンも変わってきましたが
今そのポジションはベン・スティラーかなと思います、ジャック・ブラックも大好きだけど

今更ながら宵乃さんの記事読ませていただきました
タイムトラベル映画にはラヴストーリーの秀作も多いと思います

こんにちは!

これは「バブルでgo」なんかより面白そうですね!
「団塊ボーイズ」も「スクール・オブ・ロック」も大好きなので、いつか観たいと思います。
それにしても、邦題で損してる気が(笑)
新しい歴史の記憶は、やっぱり後からじわじわと上書きされていくのかなぁ。

ところで、今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。
作品は「オール・アバウト・マイ・マザー」 (1999年スペイン製作/ペドロ・アルモドバル監督)。「陽面着陸計画」のなるはさんが選んで下さいました。

お選びになられた理由は
・アカデミー賞外国語映画賞受賞作品
・スペインが舞台の映画を観たい
・強い母親の姿を観たい
・・・とのことです。

観賞日は9月23(金)~25日(日)。都合が悪い場合は、後日でも結構です。
もしよかったら、今月もぜひ皆一緒に映画を楽しみましょうね♪

Re: こんにちは!

物凄くおもしろいとは言いませんが、結構良かったです>「オフロでGO!」
邦画のほうは見たこと無いな~、ていうか邦画自体、あまり見ないんですが・・・・・

> 新しい歴史の記憶は、やっぱり後からじわじわと上書きされていくのかなぁ。

その可能性は考えてませんでした。そういえば「サウンド・オブ・サンダー」で
何十万年前だかの地球に戻ってやらかした失敗が元で現在が変わるんですが
一気に変わらず、徐々に影響が出てくるんですよね、”時間の波”とかいうやつで。
超B級映画だけど、嫌いじゃないです。

「ブログ DE ロードショー」 のお知らせ、ありがとうございます。
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。