スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェイシング 追跡

チェイシング 追跡 / TENDERNESS

2009年 アメリカ映画  ライオンズゲート製作

監督:ジョン・ポルソン
製作:ジョン・ペノッティ  ハワード・メルツァー  チャールズ・ランドルフ
原作:ロバート・コーミア
脚本:エミール・スターン
撮影:トム・スターン
編集:リサ・ゼノ・チャージン  アンドリュー・マーカス

出演:ジョン・フォスター  ソフィー・トラウブ  ラッセル・クロウ  ローラ・ダーン

両親を殺害した少年エリックが少年院から出所。
事件を担当した刑事クリストフォロは、彼が別の殺人にも関わっているのではないか、
そして再犯の恐れがあると睨み、行方を追う。
一方、エリックに憧れる少女ロリは彼に近づき、行動を共にする。




まさかラッセル・クロウの新作で劇場未公開のものが出るとは。

しかも銃を手にポーズ決めて、完全にB級アクション映画のパッケージじゃないですか。

実際は多感で危うい精神状態であるティーンエイジャーの男女の青春ドラマで
ちょいサスペンス要素が加わった感じ。

監督は「ハイド・アンド・シーク」のジョン・ポルソンで
この監督はオーストラリア出身で俳優としても活動しており
以前、ラッセル・クロウと共演したこともあるので、その縁での友情出演なのかなと思いました
ラッセルが演じる刑事は完全に脇役なのです。
それぐらい演技も存在感も抑えています。
植物状態の奥さんの横にごろんと寝る姿が妙に可愛い。
あと何年かしたら50歳になるオッサンを可愛いって(しかも男から見て)
どうなのよって思われるでしょうが(笑)

主役のジョン・フォスターは「3時10分、決断のとき」のベン・フォスターの弟
兄弟のどちらもラッセルと共演してるのですね
兄は個性派、弟は正統派の男前って印象でした。

ヒロインは一体、何を考えてるのか全くわからない少女で
イライラさせられる部分もあるのですが、それゆえに印象的でした。
この女優さんは「ザ・インタープリター」で主人公(N・キッドマン)の少女時代を
演じていたそうですが、作品に恵まれれば結構伸びそうです

主人公は陰惨な過去を清算したつもりで、これから乗り越えようとしてる矢先に
不運でしたね。それとも、結局こうなると薄々感づいていたんでしょうか

変えようとしたくても逃れられないものがある

そういう、人生と運命のむなしさを描いた作品。
そう悪い作品でも無いんだけど、もうちょっと濃くしても良かったんじゃあ.....
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

結構いいよね

バーンズさんこんばんは

前の事件や、ラッセルの奥さんの事 それとエリックの関係
服役中のエリックの事などなんの説明もないから解んないけど
きっと、叔母も感じてた、エリックにはどうしても抑えられない性癖がある限り
きっとまた同じ犯罪を犯すって
しかし、ロリと出会ったことで変われる可能性があったんじゃないかな???
って少し最後かわいそうだったよね

ラッセルはあんなことまでして、捕まえたかったんでしょ
犯罪を犯さないように守りたいみたいな事言ってたけど
ずるいよねー大人(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 結構いいよね

雨里さん、こんにちは

僕も自分のブログなのに何故かコメント送れない事が結構ありましたね。
迷惑コメントって編集できるんだってのも初めて知りましたw

全体の雰囲気は「明日、君がいない」に似てました。あれほど鮮烈じゃないけど
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。