スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタルの歌詞を意訳してみた

「そのスピードで」の犬塚ケンさんの「あいまい訳詩クラブ」に触発されまして
僕も洋楽の歌詞を自分なりに訳してみたいと思いました
取り上げるのはやっぱりヘヴィメタル、ていうか最近、歌と言えばメタルしか聞いてないのでね
他にやりようが無いっす。
でも、いろんなジャンルのSONGSを聴こうとは常々思ってますよ!これは本当

で、まずは大物のMANOWARだろう、とね。
最初は THE POWER OF THY SWORD をやりたかったんですが、長すぎてあっさり断念しました
これなら長さもちょうどいいかと思ったんですが、いやー、実際やってみると
意味は分かってもそれを自分の言葉でかっこよく伝えるのが難しい!
そして学生時代に少しは英語が得意だったと自負していたんですが
すっかり錆付いているのにも気づかされて.....

しっかしまあ、原語だと意識してないで聞いてましたが、いざ、日本語にしてみるとすごいですね
ジャケットからして、こういう世界観の歌なんだってのはわかってるつもりでしたが
「マイティ・ソー」のレビューでなぜに同じタイトルの曲があるのに使われない不満を書きましたが
確かにこの歌詞じゃタイアップは無理だ(笑)

しかし、映画で例えるといろんなジャンルがあっていろんな時代・世界が舞台です
ラヴストーリーに犯罪サスペンスに冒険活劇
舞台だって現代や中世もしくは原始時代か、その逆に超未来、果ては完全な異世界とか様々なんです
だからこういう歌だって、あっていい
世に出るポピュラーソングの内容が必ずしも
ラヴソングとか青春応援歌とか人生の悲哀とか政治についてじゃなくたっていいんだ。
売れるかどうかは別だけどね

それに「スター・ウォーズ」や「ロード・オブ・ザ・リング」ともに一世を風靡した作品だし
最近でも海賊の大冒険、ヴァンパイアとの恋といったストーリーが世界中で人気を集めているではないか。
この夏の目玉は魔法使いの少年と変形ロボットだ。
子供向けだという人もいるかもしれないが、人は誰でもかつては少年であり少女であった。

人々の心に寄り添うのはヒューマンドラマなのは確かだが
それと同等に、現実にはありえない物語も人を惹きつけるのだと僕は信じている

要するに馬鹿馬鹿しいくらい壮大な歌詞のメタル最高、ということです

前置きが長くなりました。

意訳した曲は
北欧神話がコンセプトのMANOWARのミニアルバム "THUNDER IN THE SKY"



から "LET THE GODS DECIDE" です



Warriors take the field
Battlefield of light
You can not run
You can not hide

戦士が戦場に降りたつ
光の戦場
お前は逃れることはできない
隠れられない

I am the keeper of the laws
Decided by the gods

神によって決められし
俺は掟を守るもの

Only one of us will win
And return to fight again

我々の中で勝ち残り
再び戦いに戻れるのは一人だけ

I am the keeper of the laws
Decided by the gods

俺は掟を守るもの
神によって定められたのだ


Our ancestors cheer
From far beyond the grave
One will survive
Face me, then let the gods decide!


遥かなる冥界から来た祖先の声が俺たちを奮い立たせる
生き残るのはただ一人
神々に委ねるとき、俺とお前は対峙する


I've sworn an oath in blood to defend the land
And all who wish to test their steel
well here I am

かつて、この地を守るために交わした血の誓い
全員が己の鋼がいかなるものか試したがってる
そうさ 俺はここにいるぜ

I am the keeper of the laws
Decided by the gods

俺は掟を守るもの
神によって定められたのだ

Our ancestors cheer
From far beyond the grave
One will survive
Face me, then let the gods decide!


祖先の喝采が
遠き地から聞こえてくる
生き残るのは一人だけ
俺との勝負、神々に委ねるべし!

[ Guitar solo ]

Our ancestors cheer
From far beyond the grave
One will survive
Face me, then let the gods decide!


我らの祖先が励ましてくれる
はるか彼方の冥界から
生き残るのはただ一人なんだ
俺と向き合え、そして神々が決定を下すのさ

Let the gods decide
What will survive


神よ決めてくれ
生き残るものを 決めてくれ


この曲はMANOWARの楽曲としてもヘヴィメタルソングとしても
かなりオーソドックスだと思いますね。彼らのキャリアでは新しい部類の曲ですが
代表作と言っていいと思います

こちらがリーダーにしてベーシスト兼メインソングライターのジョーイ・ディマイオです!

イタリア系なんで濃い顔ですが基本整ったマスクだと思う

あとこう感じるのは僕だけかもしれませんが
MANOWARのCD初めて買ってブックレットの顔写真見たときから思ってました



似てるよね?

スネイプ以外のアラン・リックマンとは全然似てないですが

ここだけの話「ハリー・ポッター」の良さがわからない俺
でもダニエル君のカッコよさはガチ


あとこんなの見つけました



コレは燃える!残念なのは激アツソロに入る前に動画が終わることw

僕なりの意訳ソングは今回で飽きて、これっきりになるかもしれませんが
またやりたい気持ちもあります。
そのためにはメタル以外のジャンルも色々聞かなくてはと思ってます(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
音楽も含めて、楽しく読ませてもらいましたよ~。

正直言うと、これまでメタル系の記事はスルーしてたんですが(笑)、
たしかに食わず嫌いの面があって、マノウォーも聞けばガーッと盛り上がりました。
ブログで紹介する人が、こうして訳詞まで書いてくれると、
「試しに聞いてみようかな」ってクリックする人もいると思うんです。

>しっかしまあ、原語だと意識してないで聞いてましたが、いざ、日本語にしてみるとすごいですね
>ジャケットからして、こういう世界観の歌なんだってのはわかってるつもりでしたが

神様がいっぱい出てきますね(笑)。
壮大な歌詞って良いと思います。
少なくとも西野カナとかよりずっと。
空で歌える曲でも、訳してみると発見が多いですよね。

リンクもありがとうございました。
もし良ければ、バーンズさんも「あいまい訳詞クラブ」の言葉を使ってください。
ボクも次回は、こちらを紹介させてもらうので。

あと、スネイプ先生は似てますね。

No title

犬塚ケンさん、こんにちは。楽しんでいただけたようで、嬉しいです!

メタルについても今回も入れると、24回、記事を書きましたが
やっぱり、自己満足だけじゃなくて、
どうやって皆さんがメタルに興味をもってもらえるように書くかということを
ケンさんのコメントを読んで、改めて考えさせられました

>神様がいっぱい出てきますね(笑)

"GODS"という沢山出てきますから、やっぱり神と訳しちゃいますね
”偉大なる主”という言い方も何か違うし

ソングライターのジョーイ・ディマイオは小さい頃からコナンや指輪物語などの
ヒロイックファンタジー小説を読み込んで育ったそうで
そしたらやっぱり、こうなりますよね

このバンドは神話・歴史ネタ以外の歌もありますが
歌詞については大体こんな感じです(笑)

スネイプ先生似説同意もありがとうございます!

それでは次回をやるとしたら「あいまい訳詩クラブ」のカテゴリーを
作ってそこに入れたいと思います

バーンズさん、はじめまして。

あいまい訳詞ファンクラブのマミイと申します。

メタルも結構好きで、マノウォーの名前は聞いたことはありますが、
実は曲をちゃんと聴くのは初めてです。
(むか~し、ヘヴィメタ系のラジオを聴いてたのでその時には
チラ聴きした事はありますが。)

いい曲を紹介してくださり、ありがとうございました。
確かにメタルってこっち系の世界観が多いですよね。
私も訳しながら聴いたことはないので
改めて訳された歌詞をみるとすごいなぁと思いました。

バーンズさんを見習って、私も何か訳してみようと思います。

追伸 FOO FIGHTERSは私は好きです。
メタルとは違うサウンドですが、ビールのCMにも使われたことがありますし
なんていうか、夏に似合うかもしれません。

Re: バーンズさん、はじめまして。

マミイさん、はじめまして。ブログをたびたび拝見させていただいてます
今後もよろしくお願いします

僕はイタリアのバンドRHAPSODY OF FIREがきっかけだったんですが
母がX JAPAN好きでしたし、僕も5、6年前に何でだか聖飢魔Ⅱのアルバムを借りました
「普通にいい歌じゃん」と感じたものの、その時はそんなにハマらなかったんですけどね。
そこから、まさかこうなるとは(笑)

メタルの世界観は
日本でたとえると、大和神話、出雲神話を歌詞にする感じですかね

今度、訳すのが何時になるか分かりませんが次はHR/HMでも
現実が舞台の歌を取り上げようと思います(笑)

プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。