レポゼッション・メン

レポゼッション・メン / REPO MEN



2010年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作

監督:ミゲル・サポチニク
製作:スコット・ステューバー
原作:エリック・ガルシア
脚本:エリック・ガルシア  ギャレット・ラーナー
撮影:エンリケ・シャディアック
プロダクションデザイン:デヴィッド・サンドファー
編集:リチャード・フランシス=ブルース
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演:ジュード・ロウ  フォレスト・ウィテカー  リーヴ・シュレイバー
    アリシー・ブラガ  カリス・ファン・ハウテン 

ジュード・ロウといえば現代を代表する美形俳優。
以前見たコメディー映画で「悪人のまま一生終えたら、生まれ変わっても芋虫だろうけど
心を入れ替えて善人になったら来世はジュード・ロウみたいになれるぞ」って台詞が出てきて
まぁ、そんなネタにされるぐらいのイケメンだってことですよ。
まさに恋愛映画にピッタリの人って印象だったんですが
そんなジュードが「シャーロック・ホームズ」に続いてアクション・ヒーローに大変身!

世界各地で紛争が続く近未来、人工臓器の普及で人々はより長く健康に生きられるようになった。
しかし実態は、高額で臓器を売りつけ、ローン滞納者からは有無を言わさず没収する。
そんなカラクリでぼろ儲けする巨大企業お抱えの凄腕回収人がジュードの役。
妻からは部署を移ってくれと小言を言われます。まぁ奥さんの言い分のほうが正しいんですが
合法的な殺人者ですからね。適当にはぐらかしてるうちにジュード、ミスります。
機械の故障事故で心臓をやられ、昏睡状態のうちに人口心臓を移植されてしまう!
早く金を工面しなければならないが、同じ境遇の人間に手を下すことは出来なくなっていた
多額の負債を抱え逃亡するジュード。
なすすべも無く命を奪われていく貧しき弱者を目の当たりにし、ついに反撃を決意する!

しかしまあ、矛先変わっただけの過激なアクションで敵をバタバタと倒していきます。
ナイフを腹や喉に突き立て切り裂く、正直エグイです.....
でも、細身のジュードのスピーディな身のこなしは新鮮でかっこよかったですよ。
体格の良いフォレスト・ウィテカーに勝てるかと言うとちょっと疑問だけど。
ついでにこの二人、小学校からの親友ということになってますが全く同世代に見えません
(フォレストの役が何年か留年してるという設定がありましたが、それを差し引いても)

未来社会の描写はそれほど斬新ではなかったな
ビルの壁面に映し出される広告、無国籍風の市街、美しい住宅地が並ぶ一方で町外れの廃屋やスラム
30年近く経ってもなお強い影響がある「ブレードランナー」の偉大さを感じるね。
あと漢字! 近未来=アジア文化の影響強し=漢字 そんな図式は今回も健在
やっぱりあちらの人から見るとミステリアスでかっこいいんでしょうか?
エプロンのど真ん中にって書かれたのには笑った。
直江兼続ですかっての。
しかも、その愛のエプロン着けて人刺し殺すんですよ。ラヴ&キル、なかなか斬新な演出でした。

監督はこれが初作品だそうですが、ダニー・ボイル監督作品にスタッフとして携わってきた人らしい。
確かに黒い笑いの部分は、そんな感じがする。

オチもブラックですが、何より衝撃的なのはストーリーとかそんなもんではない 
それは
ジュードの髪!
あの額は役作りなの?それとも素?
後者なんだろうなあ、プライベートの流出写真見ると。
このまま行けば、数年で完全に離れ小島、出来ます

そういう僕も結構額広いんで(たまに鏡見ると驚いてしまう)人のこと言えませんが
とりあえず毛髪に良くないのでストレスは溜めないようにしたいです。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レポゼッション・メン

ベストセラー作家エリック・ガルシアの原作小説「レポメン」を映画化。高額な人工臓器のローン返済が滞るとレポメンによる強制的な回収が待っている…という近未来SFサスペンスだ。主演はジュード・ロウ。共演にフォレスト・ウィティカー、『X-MEN ZERO』のリーヴ・シュ...

映画「レポゼッション・メン」@東宝東和試...

 今回は約40名ほどのブロガーが集められたブロガー試写会だ、客席はほぼ満席。  【27%OFF】[Blu-ray]レポゼッション・メンブルーレイ&DVDセット 映画の話 人工臓器により長寿...

レポゼッション・メン /Repo Men

ランキングクリックしてね ←please click ニコラス主演、リドリースコット監督作「マッチスティック・メン」の原作者が脚本 待ってました、日本上陸でも地域によってはやらないみたい(ヒドい) 去年公開された、ダーレン・リンバウズマン監督の「RePo!/レポ...

レポゼッション・メン

アクションを見せるジュード・ロウがクール! だけど、血がドバドバで凄いです。 ドンデン返しの衝撃より痛さの衝撃のほうが強かった・・・ 監督:ミゲル・サポチニク 製作:2010年 アメリカ 出...

レポゼッション・メン

 『レポゼッション・メン』を新宿武蔵野館で見ました。といっても、単に、待ち合わせの時間まで2時間近くあって、うまく当てはまるのがこれしかないという理由で見たにすぎませんが。 (1)ちょっとした近未来物ではないかと思ったのですが、そうには違いないものの、かな...

レポゼッション・メン (Repo Men)

監督 ミゲル・サポチニク 主演 ジュード・ロウ 2010年 アメリカ映画 119分 SF 採点★★ 「レポマンの人生は緊張だ!」の名セリフにシビレた『レポマン』とは、全く関係ないんですねぇ。車のトランクに、宇宙人の死体が入ってるわけでもないんですねぇ。残念。 …

『レポゼッションメン』

※ネタバレ注。 最後の最後にある映画のタイトルを引き合いに出しています。 ご覧になるご予定の方は もうしわけありませんが、 公開されてからお読みいただくことをお勧めします。 (原題:Repo Men) 「いやあ、これはなかなかよくできた映画だわ。 やはり映画は観て...

レポゼッション・メン

ベースはサブプライム 【Story】 人工臓器の高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。その中でも腕利きのレポ・メンであるレミー(ジュード・ロウ...

レポゼッション・メン

公式サイト。原題:REPO MEN。ミゲル・サポチニク監督、ジュード・ロウ、フォレスト・ウィッテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ。ウィリアム・シェイクスピアの「ヴェニ ...

レポゼッション・メン

2010年7月14日(水) 13:45~ TOHOシネマズみゆき座 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『レポゼッション・メン』公式サイト ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカーと有名な役者の出ている近未来SF。丸の内ルーブル系で上映?...

【レポゼッション・メン】

監督:ミゲル・サポチニク 出演:ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ    たった一度の回収が、運命を変える・・・。 「近未来、人工臓器人間のお陰で人間の健康と自由と延命が確保されていた。 高額な人口臓器を

レポゼッション・メン

評価:★★★★【4点】 開腹シーンなどのグロさは、観てる方が痛みで失神しそうな凄さ!(R15+)

レポゼッション・メン

レポゼッション・メン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]人工臓器によって長寿を“買う”人類の欲望に手痛いしっぺ返しをクラわせる異色SFだが、終盤にどんでん返しが用意されて ...

レポゼッション・メン

「臓器回収屋が切り裂くぜい!」的な予告編。 「へ?あのロクでもなかった去年の映画『REPO!』と同じ話???」 『レポゼッション・メン』を観てきました。 ★★★ 『REPO!』はロクでもない映画だったけど、こちらは何の捻りもなく、つまらねー!とうなだれて観てたら、?...

レポゼッション・メン(2010)

真実をレポ(回収)せよ。 公開初日に鑑賞しました。ジュード・ロウがアクションに挑む?多分初めてではないでしょうかね?こんなにアクティブなジュードって初めて観たような気がします。 さて本作は、今から20年後の世界。人工臓器が普及して、人類が長寿を得る。し...

レポゼッション・メン

アクション全開のジュード・ロウ公式サイト http://repo-men.jp原作・脚本 エリック・ガルシアユニオン社が製造する人工臓器が普及して、人間が長寿を得ている世界。高額なローンと引き換えに人

レポゼッション・メン

近未来。 臓器移植は人工臓器の発達で身近なものとなり、金さえ払えば誰かの死を待たずに代わりの臓器を手に入れることが出来る社会。

レポゼッション・メン

ジュード・ロウ主演で放つSFサスペンス。 恐竜ハードボイルド“鉤爪”シリーズの人気ミステリー作家エリック・ ガルシアが企画段階から関わり、原作小説『レポメン』を書き下ろすとともに 並行して映画シナリオも自ら手掛け完成させた。 高額な人工臓器によって長寿が…

レポゼッション・メン 貯金しとこ~

【=34 -10-】 昨日、期日前投票に行ってきた~みんなもちゃんと投票に行くんだよ!  人工臓器を付けることで健康と延命が図られている未来。ユニオン社は、様々な臓器をローンで売っていたが、支払いが滞った場合、レポ・メンを差し向け、臓器を容赦なく「回収」してい...

【映画】レポゼッション・メン…2010年の観賞映画は2010年のうちに(2)

明日の休みは年賀状を作ろう…と今は思っているピロEKです 年賀状と言えば… 今朝出勤途中、いつも行かない郵便局前のポストに郵便物を投函しようと車を歩道に乗り上げ停車。 郵便局前では郵便局員さんが朝の清掃をしておりました…んこの人知ってる人…その郵便局員さ...

『レポゼッション・メン』 映画レビュー

『 レポゼッション・メン 』 (2010)  監  督 :ミゲル・サポクニック キャ スト :ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ハウテン、...

レポゼッション・メン

巨大な人工臓器ビジネスの裏側で暗躍する“回収人”を描く近未来サスペンス!物語:人工臓器を付けることで健康と延命が図られている未来。ユニオン社は、様々な臓器をローンで売 ...

レポゼッション・メン

人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。 レミー(ジュード・ロウ)はレポ・メンだったが、ある出来事によ...

レポゼッション・メン / Repo Men

ネタバレあり。 人工臓器が実現化され、一般に販売されている近未来が舞台。ジュード・ロウが演じる主人公レミーは、その人工臓器購入のための非常に高額なローンの支払いが滞った購入者から人工臓器を回収するという人工臓器回収人であるが、回収作業中の事故で、自らも...

レポゼッション・メン

ひさびさに、ドンデン返しらしいドンデン返しあり。 <あらすじ> 人工臓器で延命が

「レポゼッションメン」

物語も回収。 はじめは結構ダメダメな要素が蓄積していた。 妻のキャロルが仕切りに「販売員に」と促すが、それは家庭を顧みない父親を戒めたのか、REPO-MENという職種自体に嫌悪感を抱いていたのか。 前者ならレミーの立場への理解がなさ過ぎだし、後者であれば販売...

『レポゼッション・メン』 (Repo Men)

近未来、洗練されたテクノロジーのおかげで人工臓器の開発に成功し、人間の命を助けることに貢献した会社ザ・ユニオン。しかしその人工臓器は非常に高価なもので、ローンの支払いが滞った者はレポマンと呼ばれる者が強制的に回収しにやってくる無情な世界。有能なレポマン...

コメントの投稿

非公開コメント

延命より

バーンズさん、こんにちは!

本作、私にとってはグロさが印象に残りました。
ジュード・ロウのアクションはなかなか良かったよね!

ジュード・ロウがいずれ広い額になるであろう事は、
かなり前から予想してましたよ(≧ε≦)
「コールド・マウンテン」の頃からだったかなあ??
だから今回のヘアスタイルについては特に驚きも無かったけど・・(^^;
彼には延命処置より増毛処置を施してあげたい。

No title

YANさん、こんばんは!
最近の刃物を使ったアクションの演出は容赦ないですよね~

ジュードの額は元々が広いほうですが
シャーロック・ホームズのときは
お、何か増えたなと思っていたものですから...

プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。