スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RHAPSODY OF FIRE  ~ヘヴィメタルへの目覚め~

2年程前からヘヴィメタルを聞くようになりました。
まずはそのいきさつから。

最初に僕はハンス・ジマーを中心に、映画音楽にどっぷりだったので、そろそろ歌謡曲も聴きたいな~と
思いました。で、PRINCE、BON JOVIとかLINKIN PARKあたりの有名どころを聞いてみましたが、
カッコイイとは思っても心底ハマるまではいかなかった。
(でも歌モノの洋楽も聞く切欠になったのも彼ら。特にBON JOVIには感謝してます)

で、ネットをやってるうちに北欧フィンランドに映画音楽風オーケストラとハードロックを合わせた作風のバンド
NIGHTWISHを知りました。作曲も担当するキーボード奏者がハンス・ジマーの影響をかなり受けている
ということも聞き、これは期待できるだろうとCDを買いました。
思ったより、ピンとこなくてCDは結局売ってしまったのです。
で、同じジャンルでもうひとつ有名なバンドがいるらしいとのことで、彼らのCDを借りました。
そのバンドこそイタリアのRHAPSODY OF FIREだったのです。強調するよ。重要だからね

伸びのあるヴォーカル、クラシックや民族音楽を含んだ激しいメロディー、次々と繰り出されるオーケストレーション...
2008年、22歳の春、完全に度肝を抜かれました。母親がX-JAPAN好きだったから、
自分もこういう音楽は嫌いではないだろうとは思ってたんですが。
歌詞は西洋の神話や伝説を基にした騎士の冒険譚、要は「ロード・オブ・ザ・リング」の世界ですね。
僕はファンタジーとか西洋騎士ものの映画は大好きなのでその辺は違和感は感じませんでしたね。
しかし彼らのメジャーデビューは1997年!かれこれ10年以上全く知らなかったことが悔やまれる......

まあ、これを機にメタルというか音楽全体に対して凄く関心が出来たということもあって
RHAPSODY OF FIRE には本当にありがとうと言いたいです。
そんな彼らのニュー・アルバム「THE FROZEN TEARS OF ANGELS」は4月28日発売!!
応援よろしく!


ラテン系という気質もあるんでしょうが彼らによる音楽はイントロからサビ、
間奏にいたるまでこれ以上ないというほどメロディアス、男というか男の子の琴線に激しく触れます。
というかファンは野郎ばかりらしい ちょw



THUNDER'S MIGHTY ROAR
個人的に好きな一曲。ブックレットによると「我々の世界は気づかぬうちに侵食されている!目覚めろ!
今こそ立ち上がるのだー!!」という内容の歌。
DNA、クローン、ウィルス、そしてマトリックス(笑)とSFチックな語句が並ぶ。何かスター・ウォーズみたいでもある。





THE MAGIC OF THE WIZARD'S DREAM
メンバーが大ファンである名優クリストファー・リーにナレーションしてくださいとオファーしたら、本当に実現しちゃったという
で、リー氏本人も出演のMV。クリストファー・リー御大といえばホラーやSF、歴史モノやファンタジーといったジャンルに
おける超大御所!そんな人が承諾してくれるなんて、凄いバンドなんだなーって思いません?
これに触発されて自分がヴォーカルをつとめたメタルアルバムを出すリー氏も凄い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へヴィメタルバンドの作品にここまで仰々しくオーケストレーションを取り入れたバンドは、
おそらく彼らが初めてだと思います。
まあ、彼らの前にもBLIND GUARDIANなども同じ手法は取っていましたが
彼らはライブでどう聴こえるかを重視していることもあり、
RHAPSODY OF FIREほど大胆には取り入れていなかったようですね。

HR/HMに入り始めたきっかけについて読ませて頂きましたが
良い意味で真面目ですよね。
私の場合は本当に、ただ激しい音楽を求めてエゲツないジャケットのメタルのアルバムを
ジャケ「借り」したのが始めてで、本当に何にも分かりませんでした。
最初に聴いたのがMEGADETHの"RUST IN PEACE"とイングヴェイの"TRILOGY"
でしたから、メタルって「SFっぽいものと、中世っぽいものを扱う音楽なんだな~」と
しばらく勘違いしていたものです(笑)。

No title

メタリストさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!!

RHAPSODYを聞く前から漠然とですが、「ヘヴィメタルってストーリー性やコンセプトを重視するジャンルだな」とは思ってました。
そのあたりはプログレッシヴロックから受け継いでいるんでしょうか。
シンフォニック全開で歌詞の内容が、恋に青春に、みたいだったら、それもちょっとアンバランスですよね。

SF、歴史劇、ファンタジーといったジャンルが好きな映画ファンってHR/HMと結構相性がいい気がします。
バンドのメンバーも好きな映画は「ロード・オブ・ザ・リング」「ブレイブハート」「グラディエーター」etc...と言う人多いし。
僕も元々は日常ドラマよりもそういったジャンルから映画好きになったので歌詞に関しても剣にドラゴン、魔法上等!ッて感じです。
逆に普通の歌詞に違和感を感じる今日この頃...
プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。