"MAD MAX FURY ROAD" 予告編

製作開始が発表されてから、あっという間に数年が経ちました
撮影延期が相次ぎ、本当に完成すんのか...?という不穏な空気も出始めてきて、
もし結局中止になったら違約金とか凄いのかなぁ、とかね

でも、無事に撮影も終わり、ポスプロの真っ最中
そして、ついに予告編が初公開されました



めちゃめちゃ面白そうじゃないですか?!
おらワクワクすっぞ!


スポンサーサイト

久々の訳詞!

前の記事で、映画で使われたハードロック&メタルについてて書いてたら
久々に訳詞をしたくなりました、二年ぶりです。


続きを読む

映画の中のHR/HM

映画には挿入歌として、いろんなヒット曲流れますが
HR/HMからはどんな歌が使われてるのかなと
「テネイシャスD」のレビュー書いてて、ふと気になったので調べてみました

ハードロックバンド、メタルバンドといってもいろいろあるので
僕が日頃好んで聞いてるバンドに絞ってみました

とりあえずIMDBで検索した結果

EVANESCENCE ヒット数 27

FEAR FACTORY ヒット数 12

DREAM THEATER ヒット数 2

SYMPHONY X Imdbにページなし、というか見つからず

AVENGED SEVENFOLD ヒット数 11

RHAPSODY OF FIRE ヒット数 1

MANOWAR ヒット数 1


こうなりました。IMDBには載らないまま、コンピ版のサントラには収録されてる場合もありますし
映画以外でもTVドラマやドキュメンタリー、ゲームで使用されてる場合も該当してます。
(DREAM THEATERとRHAPSODYはこのパターン)
全体的に少なめでした。

EVANESCENCEは「デアデビル」の主題歌でブレイクしましたし、
FEAR FACTORYは近未来SFがコンセプトだから、その手の映画と相性がいい。
あとホラー系にもたまに使われてるみたいです、FF。

DREAM THEATERはもっと多いかと思ってた
実はどこかでひっそり使われてるのかもしれないけど。

そしてSYMPHONY Xはページすらないのはヒドいw いいバンドなんだけどなあ...

AVENGED SEVENFOLDはアメリカの若手メタルでは最も勢いあるけど
映画のなかでかかりまくるにはちょっと毒があったかw
とはいえゲームの主題歌になったりしてる

あとRHAPSODYはファンタジー映画の主題歌一回担当してほしいなあ。
作風的にも映画を意識してるし、メンバー全員がファンタジー大好き人間だろうし

ファンタジー大作の主題歌というと、女性歌手が歌う
幻想的な雰囲気のあるポップスとかバラード、という印象。それはそれで素敵だけどね

そういえば「デス・リベンジ」っていう映画
作品そのものはいまいちだったけどクレジットで流れてるのが確かHAMMERFALLで
監督のウーヴェ・ボルさん、わかってるな~って思った。ドイツ人だからかな?
まぁボルさん作る映画はどれも微妙だけどw

ただHAMMERFALLは全然好きなバンドじゃないよ、ファーストアルバム買ってしばらくたったら売って
それ以来聞いてない、"THE DRAGON LIES BLEEDING"だけはいい曲だと思う

というかヨーロッパのバンドはたくさんいるけど、気に入ってると言えるのはRHAPSODYくらいだな

DRAGONFORCEもNIGHTWISHも好きじゃないし。
SONATA ARCTICAはまあまあ、DELAINはちょっと好き。

FIREWINDとかは少し興味あるけど、まだ聞くには至ってない。

そして、MANOWARですが、二年も前だけど、まさかの主題歌を担当しています。

"EL GRINGO"という映画で、曲名も同じです。



主演は「エクスペンダブルズ2」にも出演した格闘技映画界期待のアクションスター、スコット・アドキンス

内容はメキシコとアメリカの国境付近の町でならず者の集団と悪徳警官、
そして謎の流れ者が大金を巡って戦う、というマカロニウェスタンの現代版というか
予告を見れば大体分かりそうな内容ですがw



それにしても、またえらく残酷な映画のようです。
最近「ガンズ・アンド・ストレンジャー」という邦題でDVDが出ました。

曲はメキシカンで西部劇な感じがよく出てますが、結論としては、いつものMANOWARソングだな。
もちろん、いい意味で。
いつも変わらない、熱いメタル、それがMANOWARなんです。

今後のことでいうと、サントラ界で一番活躍しそうなのは
個人的願望もありますが、AVENGED SEVENFOLDと予想する。

というかAVENGEつながりでアベンジャーズ2のサントラに参加してほしい。

ついでにSYMPHONY XにX-MENの新作映画の主題歌を担当してほしい。
この曲なんかちょっとアニソンぽくてSFアクションにぴったりだ



元々、サントラといえば作曲家によるスコア盤というのが好きで
いろんなアーティストが集まったようなのは苦手だったけど
今はサントラ盤から気に入りそうなバンドを見つけるというのも楽しそうだなと思っています


テネイシャスD 運命のピックを探せ!

テネイシャスD 運命のピックを探せ! / TENACIOUS D : PICK OF DESTINY

2006年 アメリカ映画

監督:リアム・リンチ
製作:ジャック・ブラック _ カイル・ガス _ スチュアート・コーンフェルド
脚本:ジャック・ブラック _ カイル・ガス _ リアム・リンチ
撮影:ロバート・ブリンクマン
プロダクションデザイン:マーティン・ホイスト
衣装:デイナ・ピンク
編集:デヴィッド・レニー
音楽:アンドリュー・グロス _ ジョン・キング
挿入歌:テネイシャスD
字幕監修:伊藤政則

出演:ジャック・ブラック _ カイル・ガス _ デイヴグロール _ ティム・ロビンス

ロックを愛する太っちょ親父二人が繰り広げるハードロック・アドヴェンチャー・コメディ。
下品でくだらないギャグに脱力しつつ、彼らの固い絆に胸が熱くなる!




続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト

X-MEN:フューチャー&パスト / X-MEN : DAYS OF FUTURE PAST

2014年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作

監督:ブライアン・シンガー
製作:ローレン・シュラー・ドナー _ ブライアン・シンガー _ サイモン・キンバーグ _ ハッチ・パーカー
製作総指揮:スタン・リー _ トッド・ハロウェル _ ジョシュ・マクラグレン
脚本:サイモン・キンバーグ
プロダクションデザイン:ジョン・マイヤー
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
衣装:ルイーズ・ミンゲンバック
編集・音楽:ジョン・オットマン

出演:ヒュー・ジャックマン _ ジェームズ・マカヴォイ _ マイケル・ファスベンダー
___________ジェニファー・ローレンス_ ハル・ベリー_ パトリック・スチュワート _ イアン・マッケラン
______________ ピーター・ディンクレイジ _ エレン・ペイジ _ オマール・シー_ ファン・ビンビン

2023年、ミュータント殲滅のために開発されたロボット、センチネルの暴走により
世界は滅亡の危機に瀕していた。
この戦いに勝利するには過去に戻ってセンチネルが作りだされるのを阻止するしかない。
使命を託されたのは、驚異的な回復力を持つウルヴァリンだった。
50年前の1973年にやってきたウルヴァリンはさっそく若き日のチャールズ・エグゼヴィア
後のプロフェッサーXに会いに行き、マグニートーことエリック・レーンシャーと協力し
センチネル誕生を止めなければと説得する。
しかし過激なミュータント至上主義を掲げたテロリストになったエリックと
チャールズの心は完全に離れ離れとなっていた。
その頃、未来ではX-MENたちの奮戦むなしく、多勢に無勢で押される一方。
このまま、地球は殺戮マシーンが支配するディストピアと化してしまうのか?


続きを読む

プロフィール

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。