ターボ

ターボ / TURBO



2013年 アメリカ映画 ドリームワークス製作

監督・原案:デヴィッド・ソーレン
製作:リサ・ステュワート
脚本:デヴィッド・ソーレン _ ダーレン・レムケ _ ロバート・シーゲル
編集:ジェームズ・ライアン
音楽: ヘンリー・ジャックマン

声の出演:ライアン・レイノルズ _ ポール・ジアマッティ _ サミュエル・L・ジャクソン

TVでカーレースを見るのが大好きなカタツムリ、ターボは自分もレーサーのようになりたいと夢見るが
周りのカタツムリからは馬鹿にされてばかり。ところがある日、スーパーパワーを授かったターボは
驚異的な速さで動けるようになる。

続きを読む

スポンサーサイト

クルードさんちのはじめての冒険

クルードさんちのはじめての冒険 / THE COORDS

2013年 アメリカ映画 ドリームワークス製作

監督・脚本:クリス・サンダース _ カーク・デミッコ
製作:クリスティン・ベルソン _ ジェーン・ハートウェル
原案:ジョン・クリーズ _ カーク・デミッコ _ クリス・サンダース
編集: ダーレン・ホームズ
音楽: アラン・シルヴェストリ

声の出演:ニコラス・ケイジ _ エマ・ストーン _ ライアン・レイノルズ




続きを読む

名探偵コナン 異次元の狙撃手

名探偵コナン 異次元の狙撃手



2014年 日本映画

監督:静野孔文
原作:青山剛昌
脚本:古内一成
キャラクターデザイン:須藤昌朋
総作画監督:須藤昌朋
撮影:西山仁
美術:渋谷幸弘
色彩設計:加藤里恵
編集:岡田輝満
音楽: 大野克夫

声の出演:高山みなみ _ 山崎和佳奈 _ 小山力也 _ 林原めぐみ


続きを読む

全世界で猛烈にヒットしている「ワイルドスピード」を抑えてDBとコナンがワンツーな辺り
やっぱり日本ってアニメ強いなあと実感。

小学生の時代、アニメといえばドラゴンボールで、アニメのなかのヒーローといえば悟空でした。
あの頃は洋画もまだ見てませんでしたし、ましてやアメコミについても全然知りませんでしたし

ところが、最近、悟空への言われようが酷いというか

検索候補に「悟空 クズ」「悟空 ○チガイ」「悟空 池沼」「悟空 サイコパス」とかいろいろ出てきて(笑)
これは一体...クズ呼ばわりはほかの主人公もそうだけど(ゴンとかルフィとか)

でも、僕が、今からまっさらな状態でドラゴンボールを最初から読み始めたら
まさしくこう思うかもしれない。感性って変わってくるものだしね。

カモンカモンカモンカモンサムライベイベェ

こんなタイトルじゃ意味がわからないと思いますがOPソングのサビなんです

年末年始に見てたのはもう一つのアニメはこれ。

義風堂々!!兼続と慶次




原哲夫先生の代表作「花の慶次」のスピンオフ漫画「義風堂々!!」(作画は原先生じゃなく別の人)
が原作の時代劇アニメ。
主人公は前田慶次の盟友、直江兼続。
隠居した慶次が兼続との若き日々を回想して語るという内容。

兼続を演じるのは人気声優の浪川大輔。
この人の声はみんな聞いたことがあるはず。
TVで何度も放映される「ターミネーター2」のジョン・コナーの吹替がこの人だから。
ジョン演じたのは浪川さんが十代の時だそうだから、声はだいぶ変わってはいますが。

出演している声優さんが揃って「男ばっかりの現場だった」と言っている通り

登場人物はとにかく男、雄、漢

そしてテーマは『義』

ということもあって、みんなこれでもかというほどセリフの中で"義"という単語を連発します。
ちょっとしつこいのではないかという気もしますが、タイトルでもありますから仕方ないです。

それと「蒼天の拳」の時もそうだったけど作画が残念。
絵自体は悪くないんですがとにかく動かないというか滑らかじゃないんですよ。
原哲夫作品の醍醐味のひとつは豪快な肉弾戦なのに、もったいない。
「十二国記」ではなかなかかっこいい剣劇アクションを見せてくれたけど
「義風堂々」はその十年後に作られた、ということに愕然

でも内容は最近見たアニメでは一番良かったですよ。

昨今のバトルアニメというと、異能力ものが多いですね。というかほとんどそうかもしれません。
複雑でトリッキーな設定、張り巡らせた伏線、謎が謎をよぶ展開。

もちろん僕もそういうのは大好きです

ただ原先生の世界観ではそれらは必要ないね

強い男がいる 熱い男がいる そんな二人の男が出会って何が起こるのか、それで十分
そんなシンプルさが美しい。

今はそれが主流じゃないってのはわかるけど。

とはいえ、座ったままジャンプしたり矢が虎になったり
川の水が舞い上がって竜になったり、織田信長の霊が池から出てきたり
慶次自身が虎になったり....と、それこそ超能力か?ていうファンタジーな演出がありますが

男気と勢いで理屈をぶっ飛ばすのが原先生の作風だから、そういうもんなんだということにしときましょう。


プロフィール

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。