fc2ブログ

カモンカモンカモンカモンサムライベイベェ

こんなタイトルじゃ意味がわからないと思いますがOPソングのサビなんです

年末年始に見てたのはもう一つのアニメはこれ。

義風堂々!!兼続と慶次




原哲夫先生の代表作「花の慶次」のスピンオフ漫画「義風堂々!!」(作画は原先生じゃなく別の人)
が原作の時代劇アニメ。
主人公は前田慶次の盟友、直江兼続。
隠居した慶次が兼続との若き日々を回想して語るという内容。

兼続を演じるのは人気声優の浪川大輔。
この人の声はみんな聞いたことがあるはず。
TVで何度も放映される「ターミネーター2」のジョン・コナーの吹替がこの人だから。
ジョン演じたのは浪川さんが十代の時だそうだから、声はだいぶ変わってはいますが。

出演している声優さんが揃って「男ばっかりの現場だった」と言っている通り

登場人物はとにかく男、雄、漢

そしてテーマは『義』

ということもあって、みんなこれでもかというほどセリフの中で"義"という単語を連発します。
ちょっとしつこいのではないかという気もしますが、タイトルでもありますから仕方ないです。

それと「蒼天の拳」の時もそうだったけど作画が残念。
絵自体は悪くないんですがとにかく動かないというか滑らかじゃないんですよ。
原哲夫作品の醍醐味のひとつは豪快な肉弾戦なのに、もったいない。
「十二国記」ではなかなかかっこいい剣劇アクションを見せてくれたけど
「義風堂々」はその十年後に作られた、ということに愕然

でも内容は最近見たアニメでは一番良かったですよ。

昨今のバトルアニメというと、異能力ものが多いですね。というかほとんどそうかもしれません。
複雑でトリッキーな設定、張り巡らせた伏線、謎が謎をよぶ展開。

もちろん僕もそういうのは大好きです

ただ原先生の世界観ではそれらは必要ないね

強い男がいる 熱い男がいる そんな二人の男が出会って何が起こるのか、それで十分
そんなシンプルさが美しい。

今はそれが主流じゃないってのはわかるけど。

とはいえ、座ったままジャンプしたり矢が虎になったり
川の水が舞い上がって竜になったり、織田信長の霊が池から出てきたり
慶次自身が虎になったり....と、それこそ超能力か?ていうファンタジーな演出がありますが

男気と勢いで理屈をぶっ飛ばすのが原先生の作風だから、そういうもんなんだということにしときましょう。


急に十二国記を見ようと思い

ファンタジーアニメ企画の前でしたが、年末年始に見なおしてたアニメです。




画像とか動画いろいろ見てるうちに目に入って、そういえば高校生の頃やってたなー懐かしい
でもちゃんと見てなかったっけ、っとなったので、見ることにしたのです

中嶋に比べて杉本はかなり嫌われてるようだけど
俺は嫌いでないよ。狂気系とか闇落ち(っていうの?)キャラは割と好き
単純に好みなタイプのキャラデザなのもあるけど(笑)

しかし結構長いようなので、タイキ君の話が終わったあたりで一区切りぽいし、中断&休止中。



OPテーマ曲が「パイレーツ・オブ・カリビアン」に酷似と言われてるけど



確かに一瞬だけど似たパートがある

「十二国記」の放送が02年、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の公開は03年

似ていないと言い張るには無理があるが、一部でパ●リ扱いされてるのはジマー厨の自分としては憤慨である。
カリビアンの前、こういう曲(00年公開のアニメ)もあったし、この曲調はジマーがずっと前からやってきたスタイルなのだ
ということは主張したい。
もちろん十二国記のテーマもいい曲だと思うし、どっちも名曲ということでよろしいのでは。


ジョジョ第三部のOPがメロパワ過ぎる





イントロの時点で もうね

スペース☆ダンディ


公式サイト

このアニメは一話目から毎週見てます。

「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎が総監督を務めているということで
「ビバップ」好きの僕としては見逃せません

ところで、この"総監督"というのがよくわからない。
監督としてクレジットされてる人、別にいますし。

つまり、全体的には俺の作品だけど、今回の話は君に任せたからよろしくね☆
って感じでしょうか

そういえば、エヴァの新劇場版も"総監督"でしたっけ、庵野氏

さて「スペース☆ダンディ」についてですが

遠い未来の宇宙を舞台に

スペースダンディは宇宙のダンディである

という、あまりにもそのままなナレーションで始まります。

主人公である宇宙人ハンター、ダンディは馬鹿でお調子者で女好き
旧式ロボットQT、猫に酷似した外見の宇宙人ミャウといった仲間とともに
いろいろな惑星に出向いて、騒動を起こしながら冒険する

大雑把にいうとそんなストーリーです。

ダンディというのは渾名かもしれませんが、自分で「スペースダンディ」と名乗っているので
本名かもしれません(スペースが名前でダンディが姓、ミスタービーン式)

ダンディみたいなキャラは藤原啓治がよく配役される印象がありますが(あとは平田広明とか?)
演じるのは諏訪部順一という人です。かなり前から一線級の人気声優らしく、僕も名前は知っていたものの
演技を聞くのはこれが初めて。かっこいい声の方です。
まぁ声優は声が全面に出るのだから、声が良くて当たり前と言われればそうですが(笑)
ただ単にイケボというだけでない、いい意味で癖の強さがあります。


アニメ自体は思ったよりも賛否両論(どっちかってと否多し?)
ユルめな雰囲気に、伏線とか細かい設定は割と適当

何せ レギュラーキャラは死んでも次の回で普通に出てきます からねw

ダメな人は全くダメ、見たい人だけ見てほしい的側面もありますが

「スターウォーズ」や「コブラ」を彷彿させる
今や懐かしいものとなってしまったスペースオペラな世界観など
おじさん世代から結構支持が集まってるようですね

回によってはちょっと泣かせるとこもありましたが
基本的には陰惨さや悲壮感といったものとはほとんど無縁の
気楽に見られるコメディーアニメです。


おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪



2012年 日本映画

監督・原作:細田守
脚本:細田守  奥寺佐渡子
キャラクターデザイン:貞本義行
作画監督:山下高明
CGディレクター:堀部亮
美術監督:大野広司
美術設定:上條安里
色彩設計:三笠修
編集:西山茂
音楽:高木正勝

声の出演:宮崎あおい  大沢たかお  黒木華




続きを読む

プロフィール

バーンズ

Author:バーンズ
2010年4月からブログ始めました。
1985年生まれの北海道住まい。

詳しくはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
著作権について
当ブログ内における画像の使用については著作権及び肖像権を侵害するつもりはございません。 何か問題が生じた場合は即刻削除いたしますので、ご連絡ください。